あなた自身と世界の本当の姿を

クリスマスだというのは判ってたのですが、意味合い的には祝祭ですよね、なんで今日はただ思ったことをつらつら書いてみます
(いつもそうじゃねえかwwww とつっこむのは必須です)
 
 
時事問題とかからは隠居しましたが、最近はちらちら(ネットの外国語の)ニュースを読むことも、まあ、その、なんだ、ごくたまにある
(ある! と言い切れるほど読んでないので急に弱気になったww)
 
 

 
世界は基本的には辛いところです
 

 
ゆうべ考えてたのですが、世界が辛いのはこれ当り前なんですね
 
人生の目的は、見性すること、それだけです
 
何でかと言うと、見性すると、「なあんだ」と、世界が何でこんな場所なのかのからくりが判って、前も書いたが、すごろくからあがれるからです
 
あがれる、と言うか、今まで、ってか、うん、ほんと、「人生ゲーム」をしてんですよ、ガチに
生身の体と精神と心で
 
すっごいゴーシャスなゲームです
 

 
見性するまではそれがゲームと判らないけれど、見性すると、ゲームだと判りながらやっていける
 
別に悩みが去るわけでもないしいきなり金がわいてくるわけでもありませんが
 
どんなことでも、
あ、これって、ほんとはにっちもさっちもいかない、ということではないな
と判る
 
なぜならゲームだからです
 
冗談みたいですが、非常に残念なコマのところに止ったとしても、
「今の、な~し」
とできる
 
もちろん現世なのでいきなり物理的に状況が変ったりはしないが、自分の心持はいつでも
「今の、な~し」
とできる
 
で、そうやって、
「今の、な~し」
としてリラックスする、というのが、状況を好転させる必須条件です
(私もまだ練習中です)
 
なので、つか、何つうのかなあ
たまに寝ているとき、落ちる夢を見るでしょう?
で、「わ~!」となって、実際に足が、がく、っとかなって目が覚める
と、自分はふつーに布団に寝てて、
ああ、助かった、つか落ちてなんかなかったやん
となるw
 
これを、「実世界と思っているところ」でやっている、というのが人生であります
 
 
でね、話がだいぶそれましたが
「今の、な~し」
とできるはずなのに、全然そう思えないでしょう?
 
貧困の問題も犯罪の問題も差別の問題も、あるいは個々人の諸問題も、がんとしてそこにあるでしょう?
 
なぜでしょう?
 
ひとつは、
「今の、な~し」
という技をほとんどの人が知らなくて、そしてみんながとても真面目である、ということ

 
もうひとつは、世界が辛い場所なのは必然だからです
 
なぜかと言うと、見性するのがすべての人の究極の目的であるなら、そこに至る道、というのが必要になる
 
見性に至る道、は、もちろんいろいろあるんだろうけど、私が今言いたいのは、絶望、です
 
 
人生でいろいろあると、みんなもがいて、頑張って、考えて、祈って、ほんとにいろいろします
 
みんな自分に自信がない、とは思っているのですが、でも、どっかで、「自分の方法」というのを持っている
 
逆説的に言えば、
自分はだめだ
と思うのも、実際は「自分の方法」です
 
そうやって、自分を守ったり、あるいは、その先に、解決が来ると思っているんですね
 
自覚してなくても、みんな、自分なりの方法、というのを持っていて、それにしがみついています
 
でも、自分なりの方法、というのは、生れたときから悟ってるような人でない限り、限界があります
 
自分が世界から切り離されてると思っているので、恐れがその方法の根底にあったりするからです
 
恐れは最終的にはすべてをだめにします
 
でもね、だめにしないと気づかないんだ、人間は
 
辛いことがあって、それをどうにかしようともがいて、でも恐れが根底にあるのでさらに状況を悪化させて、自分はこんなにがんばってるのに、と自分の方法にしがみついて、人間って、とっても「反省」しているようで「反省」なんかしていない
 
で、傲慢さを持ちながら、しかし絶望する
世界に、自分に、絶望する
 
 
しかしそこがチャンスです
 
お、恐ろしいことを言うがw、自分が今までやってきたことは(見性に至るという視点以外では)なあんの意味もなかったことが判ったら
 
自分にはほんとになあんの力も頭脳も特別さもないと判ったら
 
そのときすでにあなたのそれまでの「世界」は瓦解している
絶望が瓦解をつれてくる
 
しかしそれこそがチャンスです
 
 
すべてが崩れて、すべてがなくなって、でも朝、あるいは昼でも夜でもいいけど、目が覚める
 
生きています
 
生きていたくないし生きている意味がほんとに「まじ判らないんだけど」って感じなんだけど、生きています、呼吸しています、鼓動しています
 
その、あなたを「生かしている」、それは何でしょう?
 
はて、あなたには生きる意志がないのに、あなたを「生かしている」機能がある、それは何でしょう? 
 
それは「あなた」なのか?
 
 
その答えに「感覚で」「体験で」気づいたとき、それまでの「世界」のすべてが逆転する
 
 
これをより多くの人に導くために、世界は一見えらく辛い場所となっています
 
 
さて、うまく書けたか全然判らないんですが、つらつら書いてみました
 
あの、世界はほんとは絶対に美しいんです
 
たとえば悲しみがあるから美しいとか絶望があるから美しいとか
そういうことじゃあありません
 
ただもう、本質的に、美しいのです
 
そんなふうに思えない、そういう見せかけがあるからこそ、世界が美でしかないと知ったとき、この世界、ってかここでは宇宙、となりますが、その仕組みの完全に人知を超えた完璧さに、ただもう言葉をなくして、世界の正体がこれであったことに、あなたは心底、魂の底から、安心する
 
そしてその世界を創ったのはあなたでありあなたでない「ただ、在るもの」です
 
 
世界が美しい、という話をしたのは、↓のような曲を聴くと世界が美しいって思い出すんだ、ってことを書きたかったからなんだけど
ちょっと話がそれたw
 
まあともかく、VANILLA SKYというイタリアのバンドの"Se Vuoi Andare"("If you want to go"という意味、英詩のバージョンもあって、その題名は"Goodbye")という曲です
 
つか、ま、人によって「世界はほんとは美しかったのだ」ということをふと気づく曲は違うと思うので、みなさんがそれぞれのそう思える曲を聴くのが一番だと思いますが、何となく紹介してみます
 
歌詞は寂しいですが、ま、それは置いといて。
 
ってか、前のブログの最後の記事に書いたんだけれども、ほんとは「別れ」なんてものはなくて
 
もう二度と会わないだろうという人がいても
苦い別れかたをしたとしても
それもまたふたりして、どこかで打合せをして決めたことです
 
「互いに大切なことに気づくために、ちょっと苦い結末ってのにしてみようよ」
「いいねえ、どういうふうがいいかな?」
 
てな感じでごにょごにょ話し合って、
 
「うん、じゃそんな感じでいこう」
「自分、そうとう恨まれる感じだけど、ま、しょせん魂のゲームの一部だものねえ」
「つか、恨むことにする、ってだけだしねw」
「じゃ、地球で!」
 
みたいなw
 
収拾つかんので曲のリンク貼って今日は終ります、でわでわ
 
VANILLA SKY/Se Vuoi Andare 
 
ひとりでも多くの人が、今自らを支配する苦しみの本当の意味に気づいて、自分自身と世界の本当の姿を知ることができますように
 
Now playing: VANILLA SKY/Se Vuoi Andare
 
[PR]
by 6ssorelativo | 2011-12-25 23:13 |

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo