「あるとしたら、そこに触れたっていう事実だけ」

またたぶん今日明日は複数回更新ですので更新お知らせ系のかたはまとめてドゾ。
 
 
ところでゆうべBUCK-TICK今井くんの衣装とか見て、あるいはほかのメンバーもいちおう「衣装」とは言えるものを着ているわけで、DIR EN GREY薫さんがいかにライヴで「普段着」かってことを思って武道館でひとりでウケていました
 
 
で、先日一瞬で気に入った"Drain Away"を聴きたいがために、DVDの「Dir En Grey Tour 04 The Code of Vulgar [ism]」ってのを買ってきたんだが、なにこれ、観てて楽しすぎるw
 
何がどう楽しいかってのはうまく説明できなさそうなんで割愛しますが、とりあえずダイさんがめっちゃダイさんであり、シンヤさんのドラミングパフォーマンスがスーパーで、京くんの顔が怖いですw
(目の周りを囲うメイクをして、うすい水色か白のコンタクトをしてるのでホラー映画系の顔になってる)
 
昔の曲ばっかだからほとんど判らない、でもぱっと耳につくのは、今までずっと、まず聴いたときに強くひっかかってきた歌メロでなく、ギターリフだったりベースフレーズだったり
 
さっき書き忘れましたが、ベースと言えば、やっぱB-Tユータのベースの音は心がほくほくします
うっふふ
 
 
てなわけでDIR EN GREYの話ですが、先日ベースマガジンのバックナンバー(2011年9月号)を買ってきたんですが。
(トシヤさんが表紙だったので。)
 
今までこのブログではまだトシヤさんのことは細かく書いてないんですけど、あ、じゃ、今日は最初にこれまでの彼に関する雑感を書くと、一番ダイレクトにファン思いなのは彼かなという感じがします
 
まあただ単に性格がマメなだけか判らないけど
でも、ファンクラブ限定ページの日記なんかみていると、ツアー日記のかなりの割合の更新はトシヤさんによるもので、写真もいっぱい載ってて
(で、それは性格がマメなだけかも知れないが)
 
でも、文章読むと、伝えたい、って感じがすごくするもので(何だか、顔を知らない文通相手のともだちに必死に異国から何かを伝えようとしている感じ)、これもまた心がほくほくするのです
 
インタビューなんかも、私にはとても、判りやすいことを言っている人
 
私の知っている通念や感情や人間としてのありかたみたいなのを、さらに真面目にひたむきにして、でもその必死さをその瞬間だけに投入してる、みたいな感じがある
(必死さをその瞬間だけに投入、ってのはDIR EN GREYの人ら全員に共通するところで、私が最近attitudeとしてたいへん参考にしている部分です)
 
トシヤさんはそのなかでも私の今までの感情のありかたでもすごく判ることを言う人
 
だからインタビュー読むと一番「ずーん」と心に響く感じのことを言う人かな?
 
で、さっきベースマガジン読んでて、おおお、とまた直球に泣いてしまったので
(最近「泣いた」が多いですけど、そういうことをだいじにしてます、その瞬間に、ずん、と自分の何かに響いて、感情がそれに呼応して動くのに任せて、ああ、この言葉を聞きたかったんだな、この音楽を聴きたかったんだな、よしよし、よかった、見つかった、と思って、心を耕すと言いますか。で、耕して終り。それだけで潜在意識とかにはめっちゃ滋養になっているのが最近判る。)
 
その泣いた箇所を引用しておこう
 
無理にわかろうとか分け合おうとか、そういう風に思う必要はないし、自分なりのイメージと自分なりの解釈でいいと思う。それは、俺たちの曲を聴いてくれる人もそうなんですけど。なんせ、答えなんてないんだから。きっと、作った俺たちにも答えなんてないし、聴いてもらった人にも答えなんてないと思うんです。あるとしたら、そこに触れたっていう事実だけ。でも、それでいい。
 
「答えなんてないと思うんです。あるとしたら、そこに触れたっていう事実だけ」
 
ほんと、そこだよね
何かに触れたとき、解釈に持っていく必要も、作った人に、がんばって共鳴しようとする必要もなくて。
特に後者はある意味の「契約」みたいなありかたな気がするし。
 
だって相手がどんなに好きだって、相手の言ったこと作ったものが響かないってことはザラにあるわけで。
だからこそ、そのなかで、どーん、と予期せず響いてしまってびっくりして、みたいな体験の瞬間が、生きているあいだは宝石のように輝いてくれるわけだし
 
 
ってな感じのことを、トシヤさんに関して思っています
 
[PR]
by 6ssorelativo | 2011-12-30 22:29 | 音楽

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo