ご無沙汰後の記事いち

いや~、よくある、(心の)放浪の旅に出ていましたw
 
ってか、あの、すみません、(謝ることじゃないが)実はまったくひとりぼっちでつぶやくついったアカを持っていまして、ひとりぼっちで、ってか、ほんとに誰とも絡まずDIR EN GREYのことをひたすらひとりごちるというアカを、去年の終りあたりに開いたんで、DIRさん関連は毎日そこで(ひとりで)騒いでいて相変らずDIRさんDIRさんDIRさんな毎日れす。
 
今も絶賛"Vinushka"中だしな!
 
DIRさん熱はいっこうにひく気配はありませぬ、この"Vinushka"だってこの半年で300回以上は聴いてますけどいまだに聴くたびに、いやもうこの気持ちは説明できねえっすよ、もし私がこのブログを書かなくても基本的には、いや、90%以上の確率にて、私はDIR EN GREYと共にいるのです!
 
 
と一通りDIR EN GREYについて騒いだところで、そう、心の放浪の旅ですよ。
この一週間ずうっと自分軸みたいなものが小さく小さくぶれ続けていて、そういうときは自分にとっての「いつもの場」を離れるのでしてな。
 
ってか、本音言うと、ここのブログ始めてからずっとアクセス数とか気にしてたんだけど、先々週末、ある体験をしてから、憑き物が落ちたように、アクセス数がどうでもよくなってしまった。
というのもある。
 
先々週末のある体験てのは、そうだなあ、会って間もない人と、それなりにつっこんだ話をしていて、私によくあるいじけが出てきたのですが、ってこの会って間もない人ってのはそうれす今の相方ですがいや相方って呼びかたはもう照れ隠し全開なわけでふつーに彼氏とか恋人とかゆうたらどないなんですか。
 
えせ関西弁なのはDIRさんが私のなかに脈々と息づいている証拠なんですが、相方さんには名前(仮名)をつけるのが一番いいですよね、そういや初めて会ったあとに、あの食事会の発起人のひとりであったうちの母親に、「あんなにハンサムなら事前に言ってくれ」とメールしたら、「細身で頭小さくて嵐のメンバーみたいだって言ったじゃん」と言われ、その情報を忘れ去っていた私にとっては、どうやら嵐ってのはイイ男分類に一切入らないということがよく判ったんです。
 
でも桜井翔には好感持っているので仮名は桜井さんとでもしようか、でもそうすると某バンドB-Tと紛らわしいですよね、でも翔くんってのはあざとくていやなんだな、で、結局どうすんだYO!
 
まあいいや、仮名はおいおい考えよう、話完全に飛んでますよね、もともとは先々週末のある体験の話でしたね、まあともかくね、私のなかにはコンセプトとしていじけってのが残ってんだけど、それが、ほんとにただ頭を、思考をかすめているだけのもので、ハートではちゃんと相手の気持ちをキャッチできるんだ、ということが判ったのです、先々週末ね。
 
あれは衝撃だったなー。
 
もう、あれですよね、もうのろけ全開でいくことにしたので、ってか、私みたいなのが恋愛についてガチに書くってのもおもしろいでしょー、今まで苦悩ばっかり綴ってきたから。
 
 
ちらほらとおもろい展開もあったのですが、何だろうなあ、あ、ってかさ、相手の人とは互いに何の罰ゲームですかってくらい趣味趣向が合わないんだよね~。
最初にカラオケ行ったとき、DIRさんの"Drain Away"をカッコイイとは言ってたし音楽はそれなりに聴くようだが、めたるとかはーどこあは埒外もいいとこらしい。
 
ってか、音楽も、言語も、ってか、ともかく音楽の話が一切通じないってのはでかいな。
これもまた衝撃もいいとこ。
今までって、知り合いかたは音楽通してじゃなくてもなぜだか同じようなバンド聴いてる、って人ばっかだったが、今回は、うおい、私の好きなバンドの名前ひとつも通じねえよ! 「マシヘいっこうに日本に来ねえな」とか、「すれいや(笑)」とか、話題に困ったら頼りになる諸々のバンドたちが使えないんですよ!
いったい何をどうせいと!
 
まあでも考えたんですよ、だからこそ逆に、人間性のみの相性が最初からよく判るな、と。
 
でもご存知のように私が猛烈に他人に心開くのに障害がある人なので会うとけっこう沈黙が多い、のでほんとに相性いいのかよと思ったりもするが、まだ日が浅いのでこんなもんだろう、とゆったりかまえることといたした。
 
ってか、私が人に心開くのに障害がある、ってのも、まあ、あるけども、誰だって知り合って日が浅きゃ、しかも照れくさいってのが先に立つ感じならば、まあこんなもんだろう。
昔つきあってた相手で、最終的に4年間も私が自分全開全開(全開しすぎ)でいられた相手も、最初にでえとしたときはわし人見知り緊張しまくりであり、相手が楽しそうに呆れておった。
 
 
というわけで話がまとまらないので今日はここで退散するぜべいべー。
今日の記事が読みづらいのは仕様です!
 
Now playing: DIR EN GREY/Bugaboo
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-04-25 22:52 | 前へ進むということ

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo