何かがハジマタ感、けど大変静か

マツコデラックスが最近好きだ。
 
それはいいんですが、ちょうど二週間前あたりから、静かに、何かがハジマタ感が出、急激に変化が出てきた。
 
二週間前に、あることを理解して、で、そのあと、また別のことを理解し、心底受け入れたのだよね。
 
私は、自分がほんとに感じたい気持ち、人生でほんとに求めていることと、まだつながったことがない、という、シンプルな事実ですが。
 
どこをさがしても、なかった、という。
 
けど、それが判ったのは、虚しくなく、むしろとってもすっきりした感じが。
 
あ、見つかってなかったんだ、ほんとに求めてるものは、みたいな。
 
見つかってないけども、何か、それまでとはちょっと違う試み、たとえば何でもいいけど、毎日自炊してみたり、何でもいいけれど、何か、やってみる、しかも、めんどくささ全開ではなく、このことのなかに、今の例であれば、毎日の自炊のなかに、自分がほんとに得たかったものに似た何かがあるのではないか、なければないでいいし、けど、もしあるなら、「あれ、こんな感じかな」、という感覚を、小さいけれども、積み重ねていく、その先に、本来の自分の求めていたものとつながるときがあるだろうと。
 
(なくてもいい、というのもまたポイントなんだけど。)
 
ないない、と探すのでなく、「今ここ」のなかで得られるものを少しでも、そしてドンピシャでなくてもいいから得ていこう、というattitudeに、やっとなれたと言うか。
 
そしたら、今の私ができること、ってのを、誰かしらキャッチする。
ほんと、宇宙(世界)ってそうなっていて。
複数、意外なところ、疎遠になっていたところからコンタクトがあって、あ、今の私はこれが提供できるな、とか。

 
こういう状況って、たぶんほんとに長年追い求め続けたものだと思うんだけど、いざ実際に「そのとき」が来ると、すごく静かだな、と。
「すげえ!!!!!!!」
って激しい感慨が、ないんだよ。
 
思ったんだけど、最良の状態って、「ニュートラル」なんだよね。
だから、興奮すること、感動すること、それもいいんだけれど、ほんとに力を持つ変化なり納得なり理解なりってのは、起っても、こちらの受け止めかたは大変静かなんです。
つまり、ニュートラル、ということなんだが。
 
 
まあそんなわけで今週末! のDIR EN GREY、もとい、Loud Parkでは、ってか、ええい、いいではないか、DIR EN GREYは、
Vinushka(10分)
Diabolos(10分)
冷血

羅刹国
とか、本気で捨て身な、いや、本気であほと言われてしまうようなセトリを求む。
つか、"Diabolos"はまじにやんねーかなー。
そのくらい「空気読めないちゃん」でいいと思うんだ、だってDIR EN GREYだもの、ふつーのライヴとは言え"Diasbolos"を1曲目にやっちゃうような、DIR EN GREYだもの。
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-10-22 23:39 | 前へ進むということ

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo