やろう、やろう、できない、続かない、の呪縛の終り

私の2013年は、
「鈴木宗男は冤罪だったのかー!」
という驚きからスタートした。
 
このブログ横コラムの本の羅列、去年の2月くらいで止ってたと思うんだけど、あれ、読んでも載せてなかったんじゃなくて、ほんとに一冊も読んでないのだw

けど去年終りからまた羅列が始まって、今年に入って4冊読んだ。
 
昨今の私にしちゃすごい量である。
 
 
言語学習もそうだけど、読書も、やろう、やろう、と思って、たまにエンジンがかかって名古屋の図書館の一度に借りられる上限、6冊借りてきて、しかし2週間かかって1冊読めればいいほう、みたいな、子供のころはかなり本を読んでいたので、当時からするとわしは「全然読まない、読めない人」になっておったわけだが。
 
いきなりさくさく読めるようになったなあ~。
やろう、やろう、できない、続かない、の呪縛が終ったらしい。
 
と同時に、言語学習には興味があまりなくなってしまった。
 
 
ほんとにやりたいことは何なんだろう。
 
この年になってまだ見つからない、とも思うが、ここまできたら、
「まじ、いったい何やりたいんだwww」
と見つけるのが楽しみになってきたかも知れないw
[PR]
by 6ssorelativo | 2013-01-09 22:36 | 前へ進むということ

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo