いいけど悪いけどいい 2

で、相手は酒入ってたんで、明日、素面でまた話そうと。

けど、ちょっと話しただけでほんとにラクになった。

で、ついさっきふと思ってたんだけど、確かに私は男性のありかたそのもの(但しこれは社会が決めつけているありかたである、つまり洗脳ね)への憎しみを持っていて、ともすると婚約者に男性という集合体への呪詛を吐いてしまうかも、という懸念は、今でもあるけど、けど、婚約者が日本男性的価値観にそこまで毒されていないと判ってここまですっきりするのは、私は男性という集合体に怒っていながらも、しかし、ひょっとすると、自分の配偶者となる人が、自分の、恐らくかなり込み入っているであろう性そのものに関する傷を刺激しない男性であると深いところで納得できたら、その他の男がどれだけクソだろうが大丈夫なのかなと。

自分てひょっとしてそうなのかなと。
ふと思った。

けど、そうなってようやく、傷に引きずられすぎずにこのクソ社会と対峙できると思うんだ。

寝よう。
[PR]
by 6ssorelativo | 2013-05-17 23:42 | 前へ進むということ

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo