今日は自分のために何ができるかな?

今日は、自分のために何かしてあげたでしょうか?

やらなきゃ、と思うとしんどくなるので、あくまで、自然にできる日や時でいいですが。

今日はちょっと長くお風呂に入ろうとか、今日は何もせずさっさと寝ちゃおうとか、あとは、いわゆる、自分へのごほうび系のことでもいいですし。

自分がほんとに何を望んでるのかな~、というのは把握するのが案外難しいものです。
が、何を望んでるかな~、と訊き続けたら、自分への感覚が訓練されるし、ちょっと自分の内側も心開いてくれるかも知れません。

望んでることって、ほんとに小さなことだったりします。
今日は一粒多くチョコレートを食べたいんだとか、そんなことだったりさえします。

自分がほんとに望んでることを知ったらたいへんなことになるんじゃないか、と潜在意識が誤解している場合もあります。
たとえば、お母さんに言われたほうじゃなくて自分の望みのほうを選んでみたら、えらく怒られた、とかね。
そういう記憶がある場合。

(ACRではセッションをするとご両親がよく出てきますが、その場合の母さん、親、というのは、今の親自身でなく、あなたのなかに住んでいる親の像、親が出してきた禁止条項リスト、みたいなもので、自分のなかに親の監視を再現している状態です、それが潜在意識の誤解になります)

でも、この記憶において、お母さんが怒った理由なんてあなたが背負わなくてもよくて、そのときお母さんは怒りたいから怒った、怒らなきゃいけないように潜在意識が操作したから怒った、のであって、あなたのせいではありません。

それに、さっきも書いたように、普段ほんとに望んでることなんてのは小さなものが多く、しかし、この、小さなものの積み重ねが、本来のご自分自身だったりします。

その積み重ねののちに、何らかの夢が見えてくるかも知れないしね。

ちょっと、自分がほんとに望んでることを感じてみる練習をしてみましょう。
そうしようと思ってとても怖くなったら、あ、潜在意識が誤解してるな、と思ってみましょう。
そっか、怖いんだね、と思いつつ、あてずっぽうでもいいので、ひょっとしたらこのカフェに寄ってみたいのかも知れないな、とかあたりをつけて、実際に入ってみましょう。
ほっとしたり、何らかの安心感、わくわく、を感じたら、それを本来の自分が望んでたということですし、その場合は、ああ、これを選んでよかったな、とちょっと実感をする練習もしてみましょう。
カフェに入ったけど、あんまり落ちつかなくて、すぐ出たいと思う、ならば、ちょっと今回は外れていました。
けど、いいんです、自分のために何か行動してみる、ということがだいじなんです。
ので、この場合も、当んなかったけど、ちょっと自分のために何かしてみたぞ、と実感する練習をしてみましょう。

ただ、どうしても怖い、という場合は、むりしないでね。
ちょっとずつ、できるときにやっていけばいいと思います。

友達とランチだけれど、和食か中華か何が食べたいかわかんない、みたいなことも、けっこうあるかと思います。
それはそれ、で、もし友達が食べたいお店を決めたら、そして、もしあなたが自分の意見が言えなかったとしたら、ちょっとこの場は流されてみましょう。
で、メニューを見ながら、あれ、自分はほんとは和食がよかったのでは、と思ったら、それを自覚して、ちょっと置いておきましょう。このときに、よし、夕食は和食にしよう、と決めてもかまいません。

この場合、いろんな罪悪感が動く場合がありますが(今夜和食にする、と思ったら悪いことをしているような気になる、など)、それも潜在意識のプログラムなので、ああ、罪悪感があるな、と思いつつ、今は目の前のことに集中しましょう。
今目の前のことは、何でしたっけ?
友達とランチをするということでしたね、友達と、楽しい時間を過すことに集中してみましょう。

そうしたら、帰り道、あれ、ほんとは今日はパスタを食べたい、と思うかも知れません。
感性て刻一刻と変わるから、変ったほうの内容に従ってみてください。
頭は、「お昼には和食がいいと思ったのに」と抵抗するかも知れませんが、ああ、抵抗してるな、そうだね、お昼は和食と思ったね、と思いつつ、その時点で一番食べたいものを選んでみましょう。

こんな感じの経験の積み重ねが、自分との対話をスムーズにしていきます。

ACRでは、自分との対話をスムーズにするお手伝いもしています。


関東遠征については5/11の記事をご欄ください。

対面セッション、Skype/電話セッション、メールカウンセリングのお申し込みは下記へどうぞ。
kreutzer_aあっとnifty.com


[PR]
by 6ssorelativo | 2015-05-14 15:50 | ACR(アクセス・コード・リーディング)

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo