独り暮ししたい! けれど……(1)

ご家族とうまくいっていない場合のお話です。
 
 
一番いいのは、家を出てしまうことです。
 
そんなんわかってるよ! 
と怒られそうですが……。
 
何らかの気持ち的ブロックがあって、
出られない場合も多いですよね。
 
 
いろいろな事情、理由があるかとは思います。
 
まず、金銭的なこと、
家族に独り暮しする、と言うのが怖い、
病身の家族がいる、などなど……。
 
 
私の場合は上記の
 
・家族に独り暮しする、と言うのが怖い
・病身の家族がいる
 
に当てはまっていました。
 
 
・家族に独り暮しする、と言うのが怖い
 
は、もう勇気の問題ですので、
本気になったらまあ言えないこともないことでした。
 
 
・病身の家族がいる
 
は、母が慢性の病気を患っていますが、
日常生活には支障なく、
介護が必要なわけではなかったので、
近場でなら、ということで、
独り暮しの許可が出ました。
 
(まあ、許可、っていうのもへんなんだけどね。
でも病気はやっぱり重い事情ですから、
こちらも妥協点が必要でした。)
 
 
この独り暮しですが、
実はずっとおぼろげに思っていたことで、
最優先事項とは思っていませんでした。
 
が、上田恵子さんというかたから
スリーインワンのセッションを受けたときに、
リストして行った諸問題はどれも今回扱わない、
ということが筋肉反射で出て、で、
何を扱いたいのかなあ、と思いついたのが、
家を出る、ということでした。
 
筋肉反射でも今回はそれを扱う、と出て、
その一か月後には
両親に家を出ることを話していました。
で、その一か月後には
もう物件も決っていました。
 
気持ち的なブロックがある場合は、
こんな感じで、
何かのきっかけでさっと進むことがあります。
(上田さんありがとうございました。)
  
 
介護をしている、とか、金銭的な問題がある、
という場合は、
こうすんなりはいかないかも知れません。
 
明日はそういう場合について、
書けることを書いてみようと思います。
 
 
【気持ち的なブロックを外す:ACRカウンセリング】
 
■ACRセッションご提供方法のご案内♪
http://nekodatte.exblog.jp/21952990/
 
■ACRセッション関東遠征のご案内♪
http://nekodatte.exblog.jp/21995046/
 
■お悩み持ち寄り会のご案内♪
http://nekodatte.exblog.jp/21958971/
[PR]
by 6ssorelativo | 2015-08-18 15:33 | 前へ進むということ | Comments(0)

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo