自分の弱点に気づく

d0217745_15400781.jpg

数年前の話。
 
鬱と診断されたとき、
実はもうひとつ診断された障害がありました。
社会(社交)不安障害
という障害です。
 
人前で過度にあがってしまったり
人が怖いと思ってしまったり、
対人関係で不安が強くて、
それが実生活に支障をきたすレベル、
というものです。
 
 
これ、鬱がもう大丈夫、となったときに、
一緒に大丈夫になったのか、
わかんないけど(先生に訊かなかった)、
まあ自分としては、
勝手に治ったと思っています。
 
対人恐怖もだいぶなくなったし、
もし少しあったとしても、
私のカウンセリング受けた人はわかると思うけど、
鬱だったのも信じられない、
と言われるほど普通なので。
 
 
ただ、この診断を受けてから、
自分のなかで静かに決まったことがあります。
 
母親のありかたの影響を考えても、
私は不安が強い、と。
 
不安が強い、というのを、
性質として認めることにしたのです。
 
 
そしたらあら不思議、
不安が強いことが、不安じゃなくなった。
 
それまでは、自分がどういうとき怖いのかとか、
全然考えたこともなかったけど、
自分は不安が強い、と認めたら、
こういうときは自分は大丈夫かな、
この場合ではどうだろう、
っていうように、予測ができるようになったのです。
 
 
で。
 
不安が強いと認める、ということに関連して、
伝えたいことがあります。
私の場合は不安ですけど、
人それぞれ、弱点があると思うんです。
 
人の視線が気になる、とか。
傷つきやすい、とか。
こだわりが強い、とか。
 
 
続きはメルマガで。

◎ご登録はこちら→ http://daijohbu.xsrv.jp/tdk/index.php/form/reg?mid=3d6kw9

_____________________
■お知らせ

★禅数秘モニタ、Osho禅タロットのモニタを募集しています。
(感想をお願いします。)
お問合せは下記フォームからどうぞ。

★25分無料でご相談できます
女性専用匿名電話相談「ボイスマルシェ」
からも相談していただけます。
おもに男性不信、男性嫌悪、などを受け付けています。
https://www.voicemarche.jp/advisers/641

★無料メールセミナー「怒りを幸せに変える!」
・男性への怒りを癒して「幸せ」を選びませんか?
登録は下記からどうぞ!
http://daijohbu.xsrv.jp/mailseminar/index.html
受講修了したかたは、
特別条件でカウンセリングを受けていただけます。


d0217745_12353307.jpg







[PR]
by 6ssorelativo | 2016-11-03 15:42 | 自分肯定! | Comments(0)

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo