2011年 12月 11日 ( 4 )

にぽん怖い

本日第四エントリww
 
にぽん厳しい、の話なんだけど、前っから書こうと思ってたけど、
 
・ネットの歌詞サイトでは歌詞のコピペが(テクニカルに)禁止されている
・アーティストの画像を一般人が勝手に利用することが決して許されていない
(取締とも呼べるようなことが十年くらい前にあったと記憶する。洋楽系ではそういう取締がなかったので(私もSLAYERの画像とか好き勝手使ってた)、何だろうこの掃討って感じの雰囲気は……と当時からにぽんにそこはかとない恐怖を抱き始めた)
・(大き目の)ライヴでは撮影完全禁止

 
何でもなあなあならええやん、ということではないんですが
でもにぽん以外はここまでの、さっき書いた「掃討」みたいな単語を思い出すような雰囲気がない気がするだけに、ほんとに強い特殊性を感じています
 
 
ついでに、こないだドイツから帰国したときもしょっぱなからやっぱ「にぽん性」にうちのめされた
(ってこれ、まえイタリアから帰ってきたときも同じこと書いた気がするw)
 
・空港にゴミ箱一切なし
・ドイツに入るときは全然なかった、滞在や荷物に関する詰問みたいなものがあった
・麻薬犬カツヤーク!

 
安全のためだろ?
にぽん国民のためだろ?
という錦の御旗も承知しているんですが
 
私はともかくこの「徹底された管理」という発想が、怖いのよ
 
結局Swine fluのときも(ごめん、日本語出てこん、新型インフルエンザ、だっけ)、まさに狂想曲、な取締(?)だったわけで
 
そりゃマスクとか、有用ですよ
特に家族に感染に弱い人間がいたりすると、確かにありがたい習慣だと思います
 
でも怖いのよ、リアル全体主義、にすぐに走れる国民性が
  
 
そういや昨日書いたコンプライアンスについてなんだけど、結局、本来の業務がコンプライアンス関連業務に圧迫される、ということもそうだけど
それ以上に、
コンプライアンスのために、たとえば緊急で輸出すべきものが輸出できないとか
何だか意味が判らんのよ
で、あ~これは完全にオワテるな、と思ってるの
 
あと、企業として品質第一、というのはどこでもあると思うんですけど
こないだ驚愕したけど、品質第一な理由は、客に喜んでもらう、のではなく、「粗相しなければ社会的に罰されないから」なんだってさ、とある企業では
 
社会の機能が、「批判されないため」だけに動き始めてる、完全に
ゆうべは「保身」という単語を使ったのですが
もっと正しくはやっぱ「批判されないため」が、もう行動の根源モットーになってるってか
 
完全におかしいと思います
 
だからこのままだと瓦解するよ、と言ってるんだけどね
 
ま、ネットの最果てでこんなこと言ってても意味ねえべさwww
 
ついでに
こういうこと言ってると、
日本には日本のやりかたがある!
とかいう反論がくるところを見たことがあるけれど、何かそういう問題じゃないんじゃ? と思う
そんなとこで日本の独自性を誇ってもしょうがないってか
 
日本は世界でも例をみないほど統制が厳しいんです!
と言ってキリッとできるかい?
私には怖いだけなんだが
 
何だかそのへんがね
何だかなあってみているのです
 
もうそろそろ、俺が我慢してんだからおまえも我慢しろ、とか
くだらんからやめね?
 
自分の価値観なんて、つまり私のだって、9割は幻だよ
自分はこうだ! こう思う! これが正しい!
うん、そらそうだろうけれども、もうそうやって自分をいじめたり自分をしめつけたりするのやめようぜ
 
驚くほどに
ほとんどすべての事柄はどーでもいい事柄です
 
ということを、信じられるかどうか
ほんと、それだけ
 
人生の生きにくさの真犯人は、前も書いたが深刻さです
あと、自分と他を分離させること
 
 
この社会がどれだけ瓦解に向っているか
それは「外国勢が!」とかいう理由ではない
むしろそういうことで団結しちゃうことのほうが癌だ
(まあしかしそういうフェーズを通って行くべきところに人々は向っているのだと思います。)
 
他者なんていない
すべてが自分である
 
 
ま、こういうことを伝えたい人たちはここ読んでないだろうからどーでもいいが
書いてればいつかは届くでしょう!
 
つか、そうだ、優さんは、生きています! 生きています!
みんなの前から消えちゃったが、まだこうして吠えているよ!
誰も見ていないところで!
しかし書いてればいつかは届くでしょう!
 
さようなら! さようなら!
 
[PR]
by 6ssorelativo | 2011-12-11 18:18 |
たびたびサーセンww
 
キアヌ・リーヴス、電車で女性に席をゆずる場面を盗撮される
 
あ、草生やしたけど、いや、ふつーにすばらすいと思う
 
清々しい気分ぬなつた
 
[PR]
by 6ssorelativo | 2011-12-11 16:41 | 雑記

B-Tデイイン、チケット

d0217745_1358167.jpg
連投だが
 
BUCK-TICKデイイン(「The Day in Question」っていう毎年12/29に武道館で行うライヴ)、A1ブロックキター!!
 
激しく宇宙人(誰かは説明いりませんよね)側だとは思うが
 
デイインでこんなに席いいの初やわ
 
あとは来年のDIR EN GREYのファンクラブ限定ライヴの2階席がよいこと祈る!
 
 
そういやこないだ猫ひろしが2008年のデイインに来てたと知ってワロタw
 
BUCK-TICK武道館ライブ
  
年輪が半端じゃない。俺と仁君が10歳位の時からずっとバンドやってるんだから、
 
 
ってとこを、最初、
「年齢が半端じゃない」
と読んで、
そら、間違いでわないが、えらくはっきり書く人やなw
とおもたら「年輪」でした

そんなこんなでなかなかよい冬です
 
Now playing: DIR EN GREY/Withering to Death.
 
[PR]
by 6ssorelativo | 2011-12-11 14:00 | 音楽
d0217745_13252329.jpg
何となく今日読んでふむふむと思ったものを貼ってみる
(写真はうちから見える風景。関連はねえっす。)
 
音楽業界の人もわかってると思うんだ。音楽が売れなくなった本当の理由。
 
元オアシスのリアム・ギャラガー違法ダウンロード問題に「何をいまさら」
 
最近の小中学生は、正規の音楽を手に入れろって無理ですね。
 
坂本龍一氏に訊く、これからの音楽のかたちと価値とは
 
前から思っているが、坂本龍一の、こういうことに関する非常に正しい感覚って、どっからきてるんだろうね
(彼が天才だからだとかいう理由じゃなく。つかもう最近天才とかいうコンセプト自体興味ねえし。)
音楽のありかたの行方としてはとりあえず彼の意見を見ておけば見誤らない、というのが私のなかの定説です
って全部に同意しているわけではないんだけどね
 
 
あとは番外、ワロタやつwww

必ず起きれるリスキーな目覚まし時計が完成
 
一瞬ほんとにほしいと思った漏れがいる
 
つか、コメ読むと、日本では違法になるとかあってまたげんなりしたんだけど、日本の異常な真面目さってどっから来るのだろう
いや、判ってるけれど、つぶやいてみたくてぬw
 
つか、古来日本が真面目だったとはどうしても思われない
真面目じゃなかった反動で異常に真面目になったのではないかというのもある
いわゆる
「この人には中間てのがないんですよ」
ってやつだろう
 
いろいろ思うけれど、でも日本は面白いです
今後、とっても面白いことに立ち会えると思う
それは日本に生まれ育ったり、日本語が母語レベルで理解できる人の、ある意味特権です
 
あ、書いてることに根拠はありません
まあともかく面白いのが一番じゃない?
ということで、ロシア様に頼らず、自分なりに
「ぜってー起きられる目覚まし方法」
ってのを考案したいと思います
 
とりあえずさいなら
 
あ、おまけ
かわいいやつ
 
「パンダおにぎり」がかわいすぎて惚れるレベル
 
あと、
イタリアの漫画祭りは素晴しい 
 
Now playing: DIR EN GREY/Withering to Death.
[PR]
by 6ssorelativo | 2011-12-11 13:28 | 音楽

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo