2011年 12月 23日 ( 5 )

ちょっとDIR EN GREYの話でも
 
聴いててあんまりに面白いので
 
最近やっとベースを中心に聴く、ということを始められたところです
 
これまでずっと
京くんの歌メロが豊かすぎて
そしてただもうアンサンブルが面白すぎて
 
個々の楽器に神経を傾けて聴く、ということが
いっつもしたいと思うんだけれどももう歌メロとアンサンブルに感覚持っていかれてしまって
 
ベースもまたおもしれえですので
それにBUCK-TICKのおかげでベースだけ聴くというのは百戦錬磨だしw
 
 
あ、そうそう
こないだちらっとつぶやいたんだけど、ダイさんのギターってのがこれまたよくて
 
いちおー薫さんファンの身としては薫さん中心に聴いてるところもありますが
ダイさんって、薫さんとユニゾンでリフ弾いてても、最後だけこっそり三度ハモってみるとか
けっこうやってて
それが「キタコレwwww」ポイントなんだよね
 
 
インタビューを読むと、特にトシヤさんなんかは「ともかく変なことがやりたい」と言っていて
うん、確かに変です
 
たまあに、よく考えたらこれってカッコ悪くて躊躇するよね、ってことも堂々とやっていて
でもそれが結局はカッコよさとなっていて
 
 
にしても、やっとベースに神経傾けて聴く、という段階に来たので
ドラムに神経傾けて、ってのは確実に来年からの仕事ですわw
 
Now playing: BUCK-TICK/National Media Boys
 
[PR]
by 6ssorelativo | 2011-12-23 22:41 | 音楽

問題とともに在る

昨日から、
「問題とともに在る」
ということが頭にあります
 
 
私が心のことに取り組み始めてからの歴史というのは、常に、問題を見つけてはそれが自分を不幸にしてきたのだと言ってその問題を解決するまでこだわる、という歴史だったように思います
 
でもあるとき先日紹介したキャシー天野さんが
みなさん、問題はあってもいい、というのはお判りですか?
と書いていたことがあって、頭では判るのだけれども、感覚としては判らなかった
 
 
けれども、たとえば負の感情がわいたときなど
 
先日書いたように、感情はともかく
そういうふうに感じる自分がいるのだな
と観察する、という方法で自分自身と分離します
(ほんとは自分自身というようなものはないのですが)
 
それについては感覚で判ったので、よく考えてみると、問題も同じ感じなのではないかと
 
 
問題が気になると、頭のなかがそればっかりになります
誰しもそういうところあるよね
 
でも、そういうとき、
あ、自分はこれを問題と感じるんだ
と観察してみたり
 
あるいは、
この問題はあってもいいんだ
とほんとに思ってみる
 
 
たとえば最近また呼吸が浅く、呼吸ってのは精神の正確なバロメータなので、呼吸が浅いというのは基本的にはよくないです
 
で、前だったら、呼吸が浅いことに気づいたら、深呼吸してみるとか、あ、これはこれでたいへんいい方法です
 
でもね、ここであえて、
あ、呼吸が浅い自分がいるな
とか
あ、今自分のなかには呼吸が浅くなる何らかの理由があるんだな
と思って(そう思うだけで、その理由は追及しない)、で、むしろ、
よし、じゃあ、そういう自分と今は一緒にいてやろう
とか思って、呼吸は別に変えない
浅いままでいる
 
これを思いついたときに、おお、これはいいではないか、と
 
どうしても呼吸が浅くなってしまう自分、というのを感じてみる
 
大前提は責めないことだし、なぜ呼吸が浅いのだ? と理由探しをしないこと
 
呼吸が浅くなってしまう自分のなかの何かが、
あ~もうリラックスリラックス
って思ってくれたら、自然と呼吸もゆったりとなるから
 
と信じて
 
 
で、こないだうちから言ってる「信じる」ってのはきっとこういうことに類似した感覚なのだろうなと
 
よくないことが起っても、ふむ、と立ち止るだけで
 
今はこういうときなんだな、と思うだけで
 
そしたらふさわしい時期が来たら必ず状況は上向く
 
だって固定された状況など存在しないのです
 
もちろん実際的な対処が必要なときもありますよ
 
そのへんの見極めが難しいんだけどさ
 
実生活で生きる者として
やるだけの努力はして
もうあとは「信じる」
 
そういうありかたでいられたらいいなと思います
 
Now playing: BUCK-TICK/神風
 
[PR]
by 6ssorelativo | 2011-12-23 21:36 |
↓の続きだが、被害に遭い、返金された人のブログによると、相手の特にファンじゃなくても、それどころか、その芸能人のことを別に知らない、という状況でも、騙されることがあるらしい
 
なるほど……
 
さようなら☆サクラの王子様★偽ジャニーズ♪
[PR]
by 6ssorelativo | 2011-12-23 16:47 | 雑記
今日明日はひょっとすると複数回更新するかも知れないので、更新お知らせ系のかたはまとめて来ていただければ大丈夫っす
 
 
ところで最近ケータイに迷惑メールがわんさか来て、いちいち受け取り拒否設定をしてたんだけど、150件くらいドメイン受け取り拒否設定して、ついにおもろいのが来た
 
おもろいっつってもよくあるやつでしょう、芸能人を騙る、というやつです
 
(アダルト系はやっぱり女をバカにしたものばっかりで(もちろんじっくり読んでるわけではない、目に入ってくるので)腹立たしく思っていた、なので、芸能人を騙る、というやつのだけでも新鮮である)
 
(それに、迷惑メールって今のキャリアにしてからは過去2回くらい来ただけで、ずっととってもラッキーだったのでこういうカオスが新鮮である)
 
 
全部晒そうと思ったのだが、用心してそれは(覚えてれば)何か月後かにしよう
 
で、騙られていたのはじゃにーずのひとりです
 
私はせいぜいV6までしか判らず、それより下は全然うといので(嵐は多少判る)、下の名前で自己紹介されても誰か判らなかったんですが、来たメールに生年月日が書いてあったので調べてみたら、ふむふむ、なるほど
 
 
騙される人いるのかなあ、と思っていたけど、検索してみたら、情報共有掲示板があって、そこで、女の子たちが、私がみた限りでは最長2年半ほど(本人と思って)メールのやりとりしてた、とか書いてる人もいる
 
それとか、私が本命だ、と言ってる人もいた
 
それ自体がネタと思いたいのだが、本気っぽい
 
 
うーむ
そうなんだよな
信じることもあるし、信じる人もいるよな
 
そりゃ確かに世の中何があるか判りませんもの
 
しかし……
 
 
だってわたしゃじゃにーずにほとんど興味がないので「○○だよ!」とか言われてもぴんとこないが、これが、
「DIR EN GREYのリーダーなんやけど」
とか来たら、一瞬「なん……だと?」と思うかも知れんものなw
 
 
そういやまだネットのなかったころ、怪しげなセールス系の電話がかかってくることがありましたが(ジュエリー系とか)、一回おもろいことがあった
 
関西の会社からかかってきて、ちょっと話をしていたら、相手の男性が、大阪育ちだが沖縄生れだ、と言う
 
で。
芸能人で誰に似てる、という話になったときに、
ばくちくのさくらいさん
だと言うぢゃまいかw
 
沖縄出身なら有り得る、ってかたぶん似ているのはほんとだったのではないかw
 
ちょwww B-Tめっちゃファンっすよwww
とか私は言っていたのだが、相手はのってこなかったので、彼的にはどーでもいいことだったのでしょう
 
で、こういうセールスって、あれでしょ、ジュエリーの発表会とか言って、でも大きいところでやらずに、ホテルの一室とかに客を連れていって、買うまで返さない系でしょ?
 
知っていたのでもちろん行く気はなかったのだが、顔は見たいじゃん、どのていどあっちゃんなのかw
 
なのでアポだけ取ったんだよ、駅で待ち合わせる、ってことでね
 
だってあっちゃんに似てるなら遠目でも判るもんな
 
ってことでその場所に行くだけ行ってみましたが、それらしい人物はおらず、肩透かしをくらいました
(あるいは似ていなかったか)
 
でもこの人、関西育ちなので関西弁なんだよ
で、声としゃべりはGARGOYLEのToshiにそっくりだった
 
という、バンド系のくだらん話でした
 
 
というわけで、
「DIR EN GREYってバンドでボーカルやってるんやけど、最近歌うの大変でやめようかと思ってる」
というのが来たら、
「歌うのが大変で」
がリアルで信じるかも知れないw
 
 
つまり、人間、興味ないものにはひっかからないけど、興味あるものだったらトラップになり得る可能性がありますね、というお話でした
 
Now playing: DIR EN GREY/Dum Spiro Spero
 
[PR]
by 6ssorelativo | 2011-12-23 15:03 | 雑記

補遺

↓の記事に補遺

ひとつは、テレビがそのまま社会の姿をうつしてるかと言うともはやそうではないのも事実、という点

おじさんたちの断末魔の叫び的な番組もあるのだろうね


あと、ディル・アン・グレイの京くんの在りかたに関しては、追記としてでなく、ちゃんと書きたかったな

またいずれ

彼に関してはほんといろいろ感じていることがある

この短期間で、たくさんのことを教えてくれた人です


寝るわ
[PR]
by 6ssorelativo | 2011-12-23 01:14 |

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo