2012年 01月 28日 ( 3 )

方法について思うこと

もう少しいってみます

何かをするとき、その方法をフォローしさえすればうまくいく
ということと、
目的さえはっきりしていれば方法論は何でもよい
ということ、二点が同時に成り立つ感じがあります

回避すべきとしたら、
この方法でなければならない
と固まってしまうことだけだと思います

(固まっているというのは恐れに入っている状態でもあるので)
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-01-28 20:35 |

方向性

続きのようなもの

実は今、キャシー天野さんのクラスを受けに川崎に来てます

先月もあったのですが


私は先日書いたようなこと(私の書くことと私の人格は切り離してくれ)のきっかけになった出来事のようなこともあって、自分の人間性をまるで信じてませんがおもろいことにクラスでストレスの解放セッションの練習をすると、ちらほら
すごくすっきりした
とか言われる

文章もそうですが、自分は案外ひとにそういう効果を与える資質があるようである

(ただ、個人的に絡もうとしてくれる人には多大な迷惑をかける)

今までうじうじしてきた過去がやっと人の役に立つのやも

ちょっと方向性探り中です
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-01-28 20:12 |
今までならば
よくないこと
と判断してたことも、
おもろい展開の前触れかも
と根拠もなくあほみたいにむふとするのっていいかも、とふと思いました

何でもポジにいこう、ってことじゃなく、何かあったときにおなじみの、「ああ~」と、そのことばっかぐるぐる考えてしまう、という、コンピュータで言うと無限ループみたいな状態になる時間をなるべく縮めたいんだよね

別に
けっ
と思ってそれで無限ループを回避できるならその方法でもいいと思うし

無限ループは、答えの出ないことに関して脳内で検索かけ続ける状態とも言えるし、別の言い方すれば、特定の感情に入り込んでる状態でもあるし、思考の奴隷になっている状態でもある


最近自分のなかで、こういうことに関してやっと人に説明できそうな体系ができつつある…まだほんとに入り口の感覚ですけど


ケータイからだと字数制限があるのでいきなりだけどこのへんで ノシ
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-01-28 19:49 |

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo