2015年 05月 10日 ( 1 )

よく、何かがほしいほしい、と思っているときは手に入らなくて、あとになって、まあどっちでもええかな、というときになるとすっと手に入る、みたいな話がありますよね。

で、どうせならほしいと思ってるときに手に入ったらもっと嬉しいのに~、と思ったり。

心の仕組み上、↑のようなことになってるんでしょうけど、何かあんまり嬉しい仕組みじゃないな、とか。

けど、ビートたけしさんの言っていることに答えがあったので、納得しました。

欲と現実には、ずれというのが必ずある。
今欲しいものというのはいっぱいあるけれど、それがいざ手に入るときには、もうそのときの自分じゃない。

つまり、手に入ったときは、成長、もしくは変化した自分だってことですね。

手に入れられるステージまで行ってるから、すんなり手に入るし、まあ、こんなものかな、みたいな感じ。

やっぱりちょっと残念な仕様ですがw、まあ、そういうことか、ととても納得できました。

[PR]
by 6ssorelativo | 2015-05-10 13:39 |

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo