2015年 07月 26日 ( 1 )

ACR無料セッションを受けてくださったかたからのご感想です。
ご本人の承諾を得て掲載させていただきます。


昨日はありがとうございました。
直後には、背中が軽くなったようで、あたらしい命感を得ました。

胎児の感覚がのちのちに影響をもっているのだとしたら、
哺乳類の、脆弱性保護という機能もまだまだ発展途上なのかな?
なんてことを思いました。
曲がりに曲がる前の、より根元からのアプローチという方法を体感することができ、巣晴らしかったです。
セーフティーゾーンを役立てたいです。

ただ、動いてみたら、雨に見舞われるなど、この世界への失望感も気持ちとしてかえって強く出てきたり増幅されたように思えました。

その他、家族とのコミュニケーションがぬるぬると滑らかに行えている感じで、
梅雨明けのこととか、いろいろ重なっているのかな?とも思えますが、
ひとつの同期事象としておもしろいです。
つまづきながらも、何かがとれてゆく。

生活の当たり前のことの積み上げの上に、趣味や、社会性があり、
変えなければならないという動機から、革新性を持った成果があがる、
という捉え方から、生活そのものを趣味とし得る、活き楽しみへと、変化が起こりつつあるように思えます。

今後の課題は、仕事での交通ストレスと電磁波ストレス、人の表現形式によるストレスなんかといかに折り合うか、でしょうか。

課題という捉え方、地球が危ないという、大きなスローガンで動かされた事、
大上段な何か、その辺を見てゆきたいと思っております。

この度は、ありがとうございました!!



こちらこそありがとうございました!!

さて、セッションを受けると、
それまで隠されていた課題などが表に出てくることがあり、
私などは一時期ACRのクラスを受けたあとに
怒りがわいたり、していました。

そこともまた向き合って、そうすると、
なぜ自分が怒りっぽくなっていたのか、
たとえばその場で相手に伝えたいことが伝えられなくて、
あとになって
「ほんとはああ言いたかった」
と出て怒りとして感じたり。

これは、自己表現の開きの途上として、
起っている出来事でもあります。

その場では我慢してしまう、という癖があって、
それまではそのときほんとは自分がどうしたかった、
さえわからなかったのが、
あとになってわかるようになってくる。

それがより開かれてくると、
その場で自分がほんとに何を感じてるのかわかるようになる。

そんなことが、あったりします。

あくまでも自己を掘り進めるお手伝いをする、
それが、ACRに限らず、
あらゆるカウンセリングやセラピーの役割なのかも知れません。


望む未来を創りだす!

■ACRセッションご提供方法のご案内
http://nekodatte.exblog.jp/21952990/

■ACRセッション関東遠征のご案内
http://nekodatte.exblog.jp/21954905/

■お悩み持ち寄り会のご案内
http://nekodatte.exblog.jp/21958971/


[PR]
by 6ssorelativo | 2015-07-26 21:08 | セッションのご感想

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo