2015年 07月 30日 ( 1 )

ACRでみなさんに推奨していることとして、
感情に巻き込まれないようにする、
というものがあります。


で、今まで巻き込まれない方法を
何度か書いてきました~。

1.「あ~、今自分は怒っているんだな」と観察する
2.感情を流す
3.怒り怒り怒り、と3回唱える
(これはお釈迦さまがおっしゃったやりかたです)


これらはみな同じことをしてるんですけど、
何をやってるかと言うと、
「感情」と「自分」を引き離す、
ということをしています。


3.については、怒りが出てきたとき、
「怒り怒り怒り」
と3回唱えると、怒りが客体化されるんですね。
それで、
「怒りは自分ではない」
とわかって冷静になれる、という方法です。



ポイントのひとつは、
「感情と自分は一体ではない、
感情は感情で、それを感じている、
観照しているのが「自分」である」という点。



で、今日さらにお伝えするのは、
たとえば怒りを感じたときに、
その感情に巻き込まれたまま
(つまり怒りと一体になったまま)行動しない、
という点です。


怒りもそうですけど、不安に入っての行動も、
かなりまずい結果を生む可能性が高いです。


特に怒りの場合、なかなかおさえるのが難しく、
そのまま行動してしまう、
ということが起きてしまうのも人間。


だけど、不安もそうだけど、
ここはふんばりどころです^^


今は負の感情について書きましたが、
一般的によいとされる感情も要注意で、
すっごく高揚してるときなんかに、
何でもこい、で何でも引き受けてしまうとか、
これもちょっとやばし、です^^


感情と一体化してるときって、
感情イコール自分になってて、
あなたの、感情「だけ」があなたを
コントロールしている状態なんですよね。


と考えると、ちょっと怖いと思いませんか?


だからともかく感情と一体化しない訓練を
してみてくださいね。


あ、これは、感情を感じるな、
ということではありません。


感情は天気のようなもので、必ず変るので、
それはそのままにしておいてあげてください。


あと、
「感情を感じ尽す」
というのもひとつの方法だと思いますので、
それのほうがいいな、というかたは、
こっちをやってみてくださいね。



感情と一体化せず、
感情に頭が巻き込まれないようにする。


そして、その感情に基づいて
行動しないようにする。


ご自分の過去を振り返っていただくと、
怒りにまかせて言ったことで
えらいトラブルになったり、
不安に駆られて行動して
恋人との関係が悪化したとか、
そういうこと、あると思います。
すっごく、
「ああ~」と頭抱えたくなる記憶かも知れません・汗


もうそういう体験をしないために、
自分の状態を把握して、
あ、この状態だったら今は動かないのが一番いいな、
とか、立ち止れるのが理想です(^^)



すぐにはできませんから、
ちょっとずつ、ちょっとずつね。



【そもそも感情自体を書き換えるプログラム、ACR】

■ACRセッションご提供方法のご案内♪
http://nekodatte.exblog.jp/21952990/

■ACRセッション関東遠征のご案内♪
http://nekodatte.exblog.jp/21954905/

■お悩み持ち寄り会のご案内♪
http://nekodatte.exblog.jp/21958971/


[PR]
by 6ssorelativo | 2015-07-30 09:30 | ACR(アクセス・コード・リーディング)

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo