カテゴリ:言語( 11 )

ちまちまやってる

今日、男子サッカー日本代表の新しい監督の会見があったけど、ボスニア語ってどんなんだろうとワクテカしてたら、フランス語だった。
どうでもいいんですが。

しかしあれだけ"r"を、きっとスラヴ語に特徴的なはっきりした"r"の音韻で発音すると、フランス語もスペイン語くらいに聞えるな。

なんちゃってでフランス語とかやってんですけど、やってるってか、個人的には単語集を作るのは役に立つほうなので、そういうのをちまちま最近作り始めたり、ってか、最近気づいたんだけど、語彙力さえ上げれば、フランス語、スウェーデン語、ドイツ語あたりはちょっとだけいけるんちゃうかと思って、単語集、ということにあいなったわけだけどね。
まあそのうち自分のなかのトレンドは去ってやらなくなるであろう。

けど、また半年だ一年経って、また○○語概観するか、となって、人によって、こういうやりかたは全然身にならない、という意見もたまに聞くが、わし個人としては、いわゆる「漆塗り学習法」のロングタイムスパン版で、わるくないやりかただと思っている。

何より、「勉強する!!!」みたいな気負いを持たずにいかに言語外観をするか、という方法を開発したい、とも思っているので、自分で実験してるんですな。

でわでわ。


[PR]
by 6ssorelativo | 2015-03-13 18:21 | 言語

外国語をやる理由

昨日やっと気付いたけど、外国語をやる理由なんて、楽しいから、でいいんだよな

楽しければやる、そしてやっていくうちに、自分の脳の変化に気付くときもあるかも知れません
[PR]
by 6ssorelativo | 2014-02-11 23:21 | 言語
続)私は英日翻訳には縁がないと思います、それが使命な人がきちんとやってくれるだろうし

けど誤解・反感承知で言うが、これ以上外国語を日本語になおして日本語脳に事態を理解したように勘違いさせることには意味がないと思う
日本は明治以降、日本語への翻訳をしすぎた
日本語はそれが可能な優れた言語で、しかし、それが翻訳過多、わかった気になる、という悲劇を生んだ

今は日本語を英語や外国語に変換して発信していく時代です

だからドメスティック指向の人から批判されても言う、母語の檻を出たければ外国語をやろう
そして英語は幸い多少ブロークンでも事実と「意見」を述べるのにはとても適した言語だからのう
[PR]
by 6ssorelativo | 2014-02-08 23:51 | 言語
ため込んでた英エコノミスト誌をこないだ捨てた
今はいくらでもネットでテキスト読めるからね

そしたらとあるローカルチャンネルでちょっとBBCが観られることがわかって、録画して流してる

先月、翻訳関係の雑誌も捨てて、何かいろいろどうでもよくなって、でもひょんなことでまた英語とよりが戻った気がします

あと、会社でやっていた翻訳が英日でなく日英であった理由も電気が流れるようにわかった

もちろんきちんと留学してないので特にいい英語も書けないのはわかってるが、でも去年終りごろから会社での日英翻訳が何だかラクになってきた
そう感じるようになるのに13年かかった(続
[PR]
by 6ssorelativo | 2014-02-08 23:29 | 言語

140201-BUCK-TICK

・BUCK-TICK、feast of demoralizationの、
視界さえモロッコ~
って空耳は既出ですか?
[PR]
by 6ssorelativo | 2014-02-01 13:52 | 言語

外国語学習

ブログ名変えました、てきとう以外にさいこうな在り方なんてなかろうと思う昨今なので

ところであくまで私の話ですが、外国語をやる理由も目的もありまへ~ん
まあこれは英語をちょっとやった身分なので言えることであるのは重々承知ですが、やりたいからやる、楽しいからやる、快感だからやる、以外に理由はありまへ~ん

今イタリア語に便乗してフランス語が楽しいけど、イタリア語に似てるので進歩が早い気がする、という自己満足な快感を得たい、以外に理由はありまへ~ん

まあ学術的な興味という方面は実はあるんですけど、つまりですね、比較言語学とかそういうことですよね、でも、比較言語学なんてやってどうすんだ? と言うつまんない自分がまだいますので、まあ、やりたいようにやってるうちに何かわかってくるんじゃないかな~と、そんなことを楽しみに、無目的に多言語学習を続けています
[PR]
by 6ssorelativo | 2013-11-01 22:54 | 言語

日本語の世界

細かく、細かく、細かく規定された日本語の世界から自由になりたい。
[PR]
by 6ssorelativo | 2013-03-07 23:12 | 言語

何語でもいいから

どっか教室に習いに行こうかな

教室じゃなくてカフェでてきとーに集まる、という形式のでもいいしな

アジアの言語がいいかも
[PR]
by 6ssorelativo | 2013-02-25 18:21 | 言語
外国語をやるってつまり、自分の頭のなかに違う構造を取り入れる、あるいは構築することだと思う。
 
もっと正確に言えば違う構造の思考を、だが。
 
まあ厳密なことはともかく、たとえば語順なんかで、慣れないものは最初はすっごく抵抗があって、これはまさに自分のなかにない構造への違和感、受け入れることへの抵抗なんだけど、相性さえよければ、あるときから平気になる。
で、平気になったときとか、
「もうこの言語だとこの語順やないと気持ち悪いねん」
みたいになったらもうその語順についての構造と言うかありかたは取り入れた、自分の母語(我々だったら日本語)にはないものだったのに、と、そのときには何らかの新しい思考への可能性が脳のなかに萌芽したこととなる。
 
まあ、言語ってほんと世話がかかるので、なかなか「構造」を取り入れるまではいけないけれど、考えたところ、とりあえず、
「この単語はどうしても日本語に直せんのよね、しっくりくる日本語がないのよね」
みたいに感じる単語が、数は判らんけど、それなりに自分のなかに増えてきたときに、ちょっとこれもまた新しい思考が芽生えたサインのひとつだと思う。
 
今日はこんなとこで。
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-12-04 23:04 | 言語
今朝あることに気づいてひとりで「うおー」と言っていたというどうでもいい話。
 
わたしゃドイツ語は高校のとき独学で挫折、大学で第二外国語でとってまったく記憶にないがいちおー単位は取ったらしいが何も身についておらず、その後も一度トライしたがだいたい分離動詞のへんでやんなってやめる。
 
だから(日本語か英語のできる)ドイツ人と知り合うと
「ドイツ語に三回トライしたが毎回だめだったってドイツ語でどうやって言うんだ」
と訊いてちょっと笑いをとるということを始めたんだよ! 
 
まあそんなことはいいんですけど、去年ドイツに行ってみて、英語の単語をドイツ語に置き換えるだけ、みたいなごく簡単な文章なら通じる、というのが面白くなって、かつ、英語とドイツ語の中間みたいなスウェーデン語をかじっていたことから、何かドイツ語も昔ほど「判らん!」って抵抗感がなくなっていたので、またドイツ語を概観してみようと思ってちょっとやってた。
 
んだけど、ドイツ語に限った話かちょっと定かじゃないんだけど、私、言語学習をがんばろう、と思って、やるじゃない、そうすっと、翌日目覚めたとき体が文字通り鉛のようで、かちこちに固まっていて、あるいはめまいがしたり、体は全力で
やだ!
と言ってるのが判るんだよね
 
それでやめちゃうんだけど
 
けど、そうは言っても、イタリア語はやってたし、スウェーデン語も2、3か月やってたわけだし、そういうころはそういう悩みはなかったので、言語学習イコール体が拒否する、ということでもないと思うんだ
 
 
で、今朝あることに気づいて
wwwww
となってたんだけど、私がちょっときちんとやった言語は英語とイタリア語とスウェーデン語なんです
(ちょっと今印欧言語以外は置いておく。と言うのは私はやっぱり比較言語学とか、いや、言語学ってか、ただ、「○○語のこの単語と××語のこの単語は似てる、うふふ」とか思う、というのが一番うれしい趣味らしいので)
 
このことを、「大陸ヨーロッパ」という視点で読み解くと、ちょと
www
となる
 
今朝何を発見したかと言うと、
 
イギリス(まあアメリカも可)
イタリア
スウェーデン
 
地図を思い浮かべてくださいよ、見事に「大陸ヨーロッパ」ってのを回避してんだよね
 
そらイタリアもスウェーデンもいちおー大陸だけどさ、両方半島じゃん
 
つかめっちゃ大陸ヨーロッパのメイン地域を迂回しながら様子見してる、みたいなステップだしww
(イギリス→イタリア→スウェーデン)
 
だからなんだ、って感じだと思いますが、自分的には、大陸ヨーロッパの中心のほう忌避、って意味なんじゃないかと感じます
(あくまでも私のなかで)
 
自分的にはかなり「うおおおお」となった発見でした
 
それだけです
最近人生楽しいです
さようなら
 
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-01-15 00:44 | 言語

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo