カテゴリ:男性苦手でも幸せ( 16 )

痛烈に伝えたいこと

d0217745_07223829.jpg

自分肯定!ACRカウンセラのあかつき優です。


7/17、私が使っているカウンセリング方法、
ACRのクラスの再受講がありました。

んで、何か、人生そのものについて、
考えちゃったw

この人生、これから、何がしたいのかなーって。

そしたら、読書と手芸とドラマ鑑賞と西洋の習字、
ってのが浮かんできて、
で、それらやるためにはどうすべえ、
って考えてました。
この3日間ね。


それと同時に、伝えたいことは何だろう、と。
それはこの仕事においてのことだけど。

今は子育て以外どんな悩みもござれ、
でも中心は男性不信とか男性嫌いね、
とやっているんだけど、
ほんとに伝えたいこととは。


それは以前も思ったことなんだけど。

Prsnt(プレゼント)って企画が
日本全国であるんだけどね。

それの名古屋支部に参加したの、こないだ。

この企画は、何でもいいからプレゼンする、
という場で、私が参加した前の会は、
セクシャルマイノリティのかたがたによる
プレゼンで、シリアスな内容だったって。


それ聞いて、痛烈に、
私もプレゼンしたい! と実は思って。

以前、傷を癒す決意、
という記事を配信したかと思うんだけど、
あれはほんとは、
性犯罪に遭ってさえ、
それを乗り越えるという選択もあるんだよ、
ということを伝えたかったのね。

でも性犯罪だと限定的になるので
「傷」としたわけだけど。

で、Prsntで、
性犯罪は乗り越えることも可能なんだよ、
ってプレゼンしたいなあと痛烈に思ってね。


自分は余生を静かに送りたいと思ってるんだけどw、
もし誰かに貢献できるなら、
やっぱりおんなじような傷を持った人かなって。

もちろん男性の性犯罪被害者もいるんだけど、
とりあえずは私が手助けできるのは女性被害者かなと。

手助けと言っても……
まあでもほんとは被害に遭って間もない人に
手を貸したいのかも知れないし。

そのへん、自分でもはっきりしてないんだけど。


まあともかく、伝えたいことというのは、
性犯罪に遭っても、
乗り越える選択はできるよ、ってこと。

伝えたいこと、これに限定していいのかな?
まだ活動スタンスでいろいろ悩んでいるわしです。


_____________________
■お知らせ

★3000円分無料でご相談できます
女性専用匿名電話相談「ボイスマルシェ」
からも相談していただけます。
おもに男性不信、男性嫌悪、などは
こちらからどうぞ。
https://www.voicemarche.jp/advisers/641
3000円分が無料になるキャンペーンを、
ボイスマルシェが行っていますのでこの機会に!

★無料メールセミナー「怒りを幸せに変える!」
・男性への怒りを癒して「幸せ」を選びませんか?
登録は下記からどうぞ!
http://daijohbu.xsrv.jp/mailseminar/index.html

★自分でも気づかなかった 本音が出てくる!
7/24(日)11:00~ 無料
好評だった「まなゆいスカイプ茶会」
・まなゆいについては下記をどうぞ
http://www.manayui.com/
・このメソッドをスカイプでお教えします

★簡単にできるセルフケア方法をお伝えします
7/30(土)11:00~ 無料
「ネガな気持ちを癒して
ポジな気持ちを定着させるスカイプ茶会」

★各種スカイプ茶会申込は
nqa13395あっとnifty.com
までメールをくださいね。


d0217745_12353307.jpg




d0217745_12540070.jpg


[PR]
by 6ssorelativo | 2016-07-20 15:12 | 男性苦手でも幸せ

「男が憎い」

d0217745_14035454.jpg

自分肯定!ACRカウンセラのあかつき優です。


今日はちょっと過去のわしの話です。

男性不信、男性が憎い、系のお話です。

早い話、わしがどれだけ男性を憎んでいたか、
というお話です。


10年ほど前、母が白血病と診断されました。

その後いろいろ調べて、T細胞型慢性白血病、
という珍しい型で、まあ、慢性、とわかったのと、
あと、本人の努力もあって、
今はかなり元気なんですけど、
診断された当初はもうわしは世界の終わりで。


そんな気持ちを抱えて、
前々から予定していた、
親友との東京旅行に出かけました。


一番の親友なんだけど、
母の話もたとえば新幹線ですることでもないし、
悶々としたまま旅程を続け。


ホテル帰ってきてから、
やっと親友に話したんですわ。

当然わし号泣であります。

で、当然、母のことで号泣してんだけど、
途中から、なぜか知らんけど
「男が憎い、男が憎い」
と言いながら泣いていて、
母の病気と、つながってるのか全然不明なのですが、
ともかく、そんなことを言っていた。

世界の理不尽さが、
男性からの女性への理不尽な扱いを
思い出させたのかなー、
あるいは、号泣することで、
心の奥底にあったものが
一緒に引き出されてきたのかも知れないし。

いずれにせよ、母の白血病、
というのと同じくらいに男性への気持ちは闇だった、
ということですな。


そっから10年経って、
まさか穏やか~に結婚してるなんて
思ってもみなかったYO!


_____________________
■感想コーナー

今日も、先日の「まなゆいスカイプ茶会」
のご感想を、一通ご紹介します。
_____________________

昨日はありがとうございました。
他の参加者の方とも打ち解けてお話ができ、
皆さんからのアドバイスも参考になりました。

「まなゆい」とても面白かったです。
自分自身の思い込みに気づける
とてもよいツールを教えてもらいました。

前回も参加して思ったのですが、
お茶会の中で簡単にできるセルフケアの方法を
教えていただけるので、
自分の心をケアする方法を知りたい方にも
オススメです。

お茶会中にも気づきはたくさんありましたが、
終わってから自分自身が欲しいものに対して
受け取り拒否をしていたことに気づき
びっくりしました。

悩みは恋愛だったので、
「相手が・・・」と思っていましたが
結局は自分なんですね。

まゆないを使って自分の思い込みを
どんどん掘り下げていこうと思います。
本当にありがとうございました。

(M.M.さん 30代)
_____________________

M.M.さんありがとうございました!

そう、お茶会、案外、あとで気づくことがある、
という点でも好評です♪

_____________________
■お知らせコーナー

★7/16(土)、ACRセッション関東遠征
・詳細は下記をご覧ください
http://nekodatte.exblog.jp/23250199/

★無料メールセミナー「怒りを幸せに変える!」
・男性への怒りを癒して「幸せ」を選びませんか?
登録は下記からどうぞ!
http://daijohbu.xsrv.jp/mailseminar/index.html

★自分でも気づかなかった 本音が出てくる!
7/24(日)11:00~ 無料
好評だった「まなゆいスカイプ茶会」
・まなゆいについては下記をどうぞ
http://www.manayui.com/

・このメソッドをスカイプでお教えします

★簡単にできるセルフケア方法をお伝えします
7/30(土)11:00~ 無料
「ネガな気持ちを癒して
ポジな気持ちを定着させるスカイプ茶会」

★そろそろ男性不信を癒してもいいころです
女性専用匿名電話相談「ボイスマルシェ」
からも相談していただけます。
おもに男性不信、男性嫌悪、などは
こちらからどうぞ。
https://www.voicemarche.jp/advisers/641

★7/16遠征、各種スカイプ茶会申込は
nqa13395あっとnifty.com
までメールをくださいね。

d0217745_12353307.jpg




d0217745_12540070.jpg


[PR]
by 6ssorelativo | 2016-07-13 14:08 | 男性苦手でも幸せ
今日は男性が苦手な人向けの内容です。

特定のタイプが苦手でしょうか?
男性全般が苦手でしょうか?

後者の場合も実は、
特定のタイプの男性を見て、
男性は苦手、と思っている可能性があります。


さてここで、いきなりですが、
今日を含め二日間のあいだで、
黄色い車を見つける、
ということをしてみてください。

特に日本だと、黄色い車なんかないや、
と感じるかも知れませんが、
これが、「見つけよう」と思うと、見るもんなんですね。

先日の電話セッションでも同じことをお話したのですが、
この話をした直後に黄色い車を見た、
とクライアントさんがおっしゃられて、
「やべーなー」とおっしゃってましたw


まあそこまでのタイミングは珍しいとしても、
これ、実際に私も試しましたが、はい、見ます。


で、これ、どういうことかと言うと、
「黄色い車」を探すように、脳が動き出すんですね。

普段は、黄色い車を見ても、脳はスルーしてるんです。
が、「見つけるように」と指令が出ると、
黄色い車を見つけると、それが意識に上るようになります。
で、「見た」となる。


で、これを苦手な男性に当てはめると、
普段、苦手なタイプの男性を、「男性」と強く認識しているんです。
なので、そういう人しか意識に上がってこないのですね。

これを、「違うタイプの男性を見つけよう」と脳に指令してみます。
すると、苦手じゃないタイプの男性も意識に入ってきて、
あれ、いろんな男性がいるじゃん、となるのです。


さて、ほんとに「男性全般が苦手」の場合ですが、
その場合、自分の男性性も否定している場合があるので、
カウンセリングなどでもっと具体的に見ていきます。

苦手な男性、というアプローチより、
自分のなかで何が起こっているかにアプローチ、ですね。

意外な戦いを、ご自分のなかでされているのかも知れません。



電話相談サイト、ボイスマルシェ経由でのセッションのお申込みはこちらから
https://www.voicemarche.jp/advisers/641
5月も3000円ぶんが無料になるキャンペーン継続中です。
この機会にぜひ電話相談を。
時間の許す限りがっつりお答えします!

ACRセッション(無料/有料、普段は名古屋かスカイプ/電話)のお申込みは、
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9238
こちらのフォームか、
nqa13395@nifty.com
まで。

モニタも募集してるっす。メールでお問合せいただければ。
・Osho禅タロット30分 無料(対面、名古屋のみ。貸し会議室代と当方の交通費をご負担いただければ幸いです)
・対話カウンセリングは、ボイスマルシェの電話相談をご利用ください。
(リニューアルってこのことでしたw まあ結局ACRを使ったセッションになりますが)


わしのプロフィール↓

わしのツイッター↓

■■メルマガ、「望む未来へとダッシュ!」■■
「答えはすべてあなたのなかに」をモットーに、わしが言いたいことを言うメルマガです。
人間の内側の仕組み、夢を叶える方法、生きやすい考えかた、わしの日々の気づき、など。
(パソコン・gmailアドレスのみ対応しています)
購読希望のかたは、
http://www.reservestock.jp/subscribe/37215
にてお申込みくださいませ♪
d0217745_20590229.jpg


[PR]
by 6ssorelativo | 2016-05-11 20:59 | 男性苦手でも幸せ

"I" message

ひき続きお知らせです。 
 
2/5金 15:00~、(←の枠は埋まりました)
2/6土 9:00または10:00~、
東京の品川でカウンセリングをご提供します。
男性が苦手、彼とすぐ喧嘩してしまう、男性運が悪いなど、
男性に関するお悩み、あるいはその他のお悩みも受け付けております。
もちろんACRを使ったカウンセリングです。
料金は1万5千円になります。
 
ご興味おありのかたは、
nqa13395あっとnifty.com
までメールをくださるか、
メールフォームからメッセージをお寄せくださいませ♪


っというわけで、今日は番組をお届けします。
 
 
 
いずみちゃん
「こんにちは、お昼を食べ過ぎたいずみでっす!
今日は、一般的に多い質問を取り上げたいと思いますっ」
 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 
サンディエゴ在住 サンプル相談さんより
 
はろー、私、彼(日本人)とケンカが絶えないんですけど、
どうしたらいいでしょう?
 
たいがい、私が彼の態度に納得できないところがあって、
そこでつっかかってしまったり、
また、頭のなかでぐるぐると、彼の行動を気にしてしまいます。
(ほかの女の人を見ていたような気がする、とか)
 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 
 
 
いずみちゃん
「はあ、またサンプル相談か、まあそれもよい。
さて、今日の先生をお呼びします、
ハッスル中村先生です!」
 
 
 
ハッスル
「やあ、ハッスルだ!」
 
 
 
いずみちゃん
「予想通り筋肉隆々な感じですね、わたしこういう人苦手です、
あ、いえ、先生! ご回答をお願いします。」
 
 
 
ハッスル
「この人は正直だね。
ケンカの原因が自分だってちゃんと言ってるからね」 
 
 
 
いずみちゃん
「え、原因は、彼氏がほかの女の子を見たりすることじゃないんですか?」
 
 
 
ハッスル
「そうは言っても、ちゃんと、ケンカにならない指摘のしかたがあるのだよ!
 
『私は、私だけ見てくれる人が好きだわあ』とか」
 
 
 
いずみちゃん
「先生、怖いです」
 
 
 
ハッスル
「いや、これほんと!

僕がやってるから怖いけどね、
これ、ふつーの女性が言ったら、いやまあ、
『~好きだわあ』なんて言わなくていいから、
『私だけ見てくれると嬉しいな~』とか」
 
 
 
いずみちゃん
「先生、若干怖いです」
 
 
 
ハッスル
「ともかくだね、男を怒らせないメッセージというのがある!」
 
 
 
いずみちゃん
「わたし、思うんですけどお、別に怒らせてもいいんじゃないですか?」
 
 
 
ハッスル
「それは深遠な問いだね。

確かに怒らせちゃいけないわけじゃない…が、
男にしろ女にしろ、相手を怒らせないコミュニケーションは、
学んだほうがいいんじゃないかな?」
 
 
 
いずみちゃん
「そんなに怒らせるコミュニケーション取る人のほうがめずらしいような…」
 
 
 
ハッスル
「怒らせる人は怒らせるのさ、そして、それにはやっぱり原因があるんだね。
 
まず、基本口調が相手を責める感じ。
自分は何もしません、あんたが悪い、みたいな基本的態度とかね。
 
こういう基本的ありかたはなかなか自分では気づきにくいんだが、
アドバイスとしては、よく言うだろ、『I(アイ) メッセージ』って。
自分を主語にして話すのさ。
 
だから、さっき言ったように、
『私は私だけを見てくれる人がいい』
というような言いかただね。
 
ただね、我慢はいけないんだ。
もし、彼がほかの女性を見るのがいやだったら、
『私は』それはいやだと伝えるといい。
 
この言いかたをするとね、
相手に、余地が生まれるんだ、
『あ、彼女はいやなんだな』
このひとクッションが、重要なんだよ。
このひとクッションのあとに、
じゃあ、自分はどうしようか、と考えることができる。
重要だよ。
 
いきなり
『あんた/あなた、ほかの女の子見てたでしょ!』
とか言われると、『あんた/あなた』と名指しされたから、
自分がいきなりアクション取らないといけない気になる。

ここミソだよ。

だから、いきなりなアクションとして、怒る、
ということが発生するのさ」
 
 
 
いずみちゃん
「なるほど!
『あなた』が主語だと、決めつけられた気にもなるし、
アクションを要求されたような気になるんですね!
 
みなさん!
そういうわけで、『I(アイ) メッセージ』の重要性を改めて
考えてみてくださいねっ、
いずみでした!」


■■無料メルマガやってます■■
かつて男性に強い怒りを持ちながら、
カウンセリング手法を学ぶ過程で
今の夫と出会い結婚まで至った著者が、
男性不信、男性恐怖、男性が苦手でも大丈夫というお話、
望む未来を手に入れるコツなどを配信します♪
 
購読希望のかたは、
http://www.reservestock.jp/subscribe/37215
にてお申込みくださいませ♪
  
■■セッションの予約フォームができました■■
男性不信、男性恐怖、男性への苦手意識のためのセッション、
その他通常のセッションのご予約は、下記のURLまで^^
(今まで通り私に直接ご連絡いただいてもご予約できます。
nqa13395あっとnifty.com
 
ご予約ご希望のかたは
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9238
にてお申込みくださいませ♪
 
予約の際の不明点がありましたら、
こちらのフォームからお問い合わせいただけます。 
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/10788

[PR]
by 6ssorelativo | 2016-01-15 12:51 | 男性苦手でも幸せ

男性が怖い話

こんにちは、「男性苦手女子」応援カウンセラ、優です。
(男性に関するご相談以外も変らずお受けしています。)
 
今日は普通のブログです。
(先回、「次回」とお伝えしたものはこの次に回します、
すみません。)
 

さて今回はちょっと、男性は怖い、という話をしてみたいと思います。
 
 
私は男性て怖いと思っていますよ。
 
ほんと単純に、肉体的に力があるからね。
 
何かしようと思ったときに、
実行できちゃう腕力がある、とでも言うのかな。
 
たとえば横溝正史の『八つ墓村』のモデルとなった「津山30人殺し」
だけれど、あれ、
犯人が男性だから成り立った犯罪だと思っているのね。
 
犯人は、普段はとてもソフトな物腰の青年だったようだけど、
いざとなるとあれだけの犯罪をやってのけてしまう。
 
男性性は「実行」の性なので、
彼らが「やろう」と思ったことは、その体力も手伝って、
「やれて」しまう。
 
だから男性は怖いです。
特に悪い方面に何か決断したら、
それを実現できる力があるから、怖いです。
 
 
ただ、それと、個々の男性のパーソナリティがどうか、
個々の男性が怖い存在か、
という話は別ね。
 
 
まあ、ただ、前、男性の保育士が書いてるの読んだけど、
仕事で極限までいらいらしたりするとき、
自分の男性性(この場合は暴力的な面)と折り合いをつけるのが
大変だ、ということは言っていました。
 
 
しかし、それでもやっぱり、個々のパーソナリティは別の話かな。
 
こないだうちの夫とこういうことを話してみたけど、
自分の腕力とそれを行使する思考回路は全然別にあるようでした。
腕力を人に対して行使しようと思ったことさえない、
みたいな感じだった。
 
このへんは個々で全然違う、ということで。
 
ただ、ならして言えるなら、
男性の腕力には気を付けたいかな、ということくらいかな。
 
でもまあ、女性の側も、ちゃんと男性に敬意を持っていたら、
そんなに簡単にヘタなことにはならないだろうし、
男性も、女性側に自分への敬意があるかどうかは
敏感に感じることができると思う。
 
敬意。
どういう間柄でも、大事ですよね。
 
 
女性と男性、という話では、ネタはたくさんあるんだけど、
自分自身でもまとまってない部分もあって、書きにくいけど、
なるべく書いていきますね。
 
きっと日本社会とは全然違う価値観の話になると思うけど、
そういう価値観の人もいるんだ、と思っていただければ幸い。
 
 
追伸
 
私、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」
(太川陽介さんと蛭子さんの番組)
が大好きなんですけど、こないだ思ったけど、
太川さんて男性では珍しく黒目がかなり大きいんだよね。
 
以前ご紹介したパーソノロジー(人相学)では、
黒目の大きさは何を表しているのか?
 
それはまた次回に。
(次回、ばっかかよ! とつっこんどいてね)

ご感想、応援メッセージなどいただけたらとっても嬉しいです。
 
 
 
■■無料メルマガやってます■■
かつて男性に強い怒りを持ちながら、
カウンセリング手法を学ぶ過程で
今の夫と出会い結婚まで至った著者が、
男性不信、男性恐怖、男性が苦手でも大丈夫というお話、
望む未来を手に入れるコツなどを配信します♪
 
購読希望のかたは、
http://www.reservestock.jp/subscribe/37215
にてお申込みくださいませ♪
  
■■セッションの予約フォームができました■■
男性不信、男性恐怖、男性への苦手意識のためのセッション、
その他通常のセッションのご予約は、下記のURLまで^^
(今まで通り私に直接ご連絡いただいてもご予約できます。
nqa13395あっとnifty.com
 
ご予約ご希望のかたは
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9238
にてお申込みくださいませ♪
 
予約の際の不明点がありましたら、
こちらのフォームからお問い合わせいただけます。 
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/10788

[PR]
by 6ssorelativo | 2016-01-10 17:19 | 男性苦手でも幸せ

男性に対抗してしまう

こんにちは、「男性苦手女子」応援カウンセラ、優です。
(もちろん今まで通りほかのご相談も受け付けています。)
 
では本日もブログ番組、「望む未来へとダッシュ!」を
お送りいたします。
 
  
 
いずみちゃん(ほんとは男子?)
 
「みなさんこんにちはあ(はあと)
 
さっそく第一回めのご相談をお受けしたいと思いますっ。
 
鹿児島県、サンプル相談さん(30代)から、
ってこれ読者からまだメールが来てねえから
優のやつが作り上げた相談か!」
 
 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
鹿児島県、サンプル相談さん(30代)
 
「男性に対抗してしまう」
 
こんにちは。
真面目に扱っていただけると信じて送ります。
 
私は、特に職場で、
男性の同僚についきついことを言ってしまいます。
女性同士だと全然なんですけど、
相手が男性だと、何か、対抗しなければ、と思うのか、
思ってもいない反対意見を言ってみたり、
何だか自分でもへんだなあと思います。
 
別に男性からよく思われたいというわけではないのですが、
思ってもいない意見を言ってしまうのは、
直したいと思います。
 
何かアドバイス、ありますでしょうか?
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
  
 
 
いずみちゃん
 
「なるほどお。
あ、もちろんちゃんと真面目に扱いますよお、えへへ。
 
では、本日ご回答をいただける先生をお呼びしたいと思います。
マルゲリータ花子先生です!」
 
 
 
花子
 
「ごきげんよう」
 
 
 
いずみちゃん
 
「先生、イタリア国旗みたいな服をお召しですが、
それはやはり、マルゲリータピザみたいな名前だからですか?」
 
 
 
花子
 
「ご想像にお任せします、マドモアゼル」
 
 
 
いずみちゃん
 
「フランス語やないかい!
 
さて、先生、何かアドバイスはありますでしょうか?」
 
 
 
花子
 
「わたくし思いますのは、
最近の世の中の弊害と申しますか、
女性が強くなったのはけっこうですが、
何やらそれで男性に対抗せねば、
と気張ってしまうかたがおられるということです。
 
男性は、こちらが対抗しようとすると
より対抗意識を燃やしてきますので、
厄介なことになるかと思います。
 
ですので、まず、男性に対抗しようという意識を
捨てることですね」
 
 
 
いずみちゃん
 
「まじに真面目なご回答をありがとうございます。
 
その、男性に対抗しようとする意識を捨てるには、
どうしたらいいでしょう?」
 
 
 
花子
 
「日記をつけてみてください。
同僚の男性、とのことなので、
仕事日記、とかですね。
 
で、男性社員とのやりとりを、
なるべくありのままに書いていきます。
 
で、それを翌日以降に読み直してみると、
ご自分の言動の不自然なところが見えてくるかと思います。
 
あ、自分、この発言は不自然だな、
とわかることで、その後、コントロールがきいてくる可能性が
あります」
 
 
 
いずみちゃん
 
「そんなものですか?」
 
 
 
花子
 
「そんなものです。
 
特にですね、あくまでも相手が悪い、
と思うときが、要注意です。
そういうときは、
自分のほうが頑なになっていることがほとんどですので、
ちょっと、そのことについて考えるのはやめまして、
仕事日記を淡々と書き続けていきます。
 
で、一週間後くらいに
『あくまでも相手が悪い』
と思っていたところを読み返すと、
何か、発見することがあるかと思います。
 
もし、それでもなお、相手のほうが間違っている、
と思い、そしてそれが、仕事上重要なことであれば、
あくまでも穏やかに、
そのことについて話をしたいのだけれど、
と相手に切り出します。
 
何度も考えたのだけど、
この件は、このほうがよいのではないか、
そんなふうに、話してみてください」
 
 
 
いずみちゃん
 
「下手(したて)に出ていると思ってなめられませんか?」
 
 
 
花子
 
「なめられるならなめられるでいいのです。
話し合いはあくまでも穏やかに、がポイントです。
これは相手が女性でも同じです。
こちらが礼を尽していれば、
相手もこちらを無碍(むげ)にはできないものです。
 
集中すべきは、自分の態度が穏やかであることと、
そして話の内容そのものです。
それらに意識を向けることで、
きっと驚くほど話し合いが実りあるものになることでしょう」
 
 
 
いずみちゃん
 
「あ、そうか、それらに集中することで、
男性に対抗しなきゃとか、
そういうよけいな意識がなくなる、ということですねっ」
 
 
 
花子
 
「ただし、それでも、男性に対抗したい意識がとても強く、
その意識が深いところで癒されていませんと、
ご自分が苦しい場合がありますので、その場合は、
ちょっと違ったアプローチが必要かも知れません」
 
 
 
いずみちゃん
 
「なるほどっ。
ちょっと今日は時間がありませんので、
違ったアプローチについては次回にしたいと思いますっ。
では、先生、ありがとうございました!」
 
 
 
花子
 
「ごきげんよう、ごきげんよう」
 

 
■■無料メルマガやってます■■
かつて男性に強い怒りを持ちながら、
カウンセリング手法を学ぶ過程で
今の夫と出会い結婚まで至った著者が、
男性不信、男性恐怖、男性が苦手でも大丈夫というお話、
望む未来を手に入れるコツなどを配信します♪
 
購読希望のかたは、
http://www.reservestock.jp/subscribe/37215
にてお申込みくださいませ♪
  
■■セッションの予約フォームができました■■
男性不信、男性恐怖、男性への苦手意識のためのセッション、
その他通常のセッションのご予約は、下記のURLまで^^
(今まで通り私に直接ご連絡いただいてもご予約できます。
nqa13395あっとnifty.com
 
ご予約ご希望のかたは
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9238
にてお申込みくださいませ♪
 
予約の際の不明点がありましたら、
こちらのフォームからお問い合わせいただけます。 
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/10788

[PR]
by 6ssorelativo | 2016-01-06 13:45 | 男性苦手でも幸せ
こんにちは、優です。
喪中なので、年頭のご挨拶はいたしませんが、
今年一年、みなさんにとってさらなる飛躍の年となりますように!!
 
 
さて、今回からちょっと新しい趣向で書いていきますので、
よろしくお願いします。
 
 
 

 
「はい、というわけで今Aスタジオに移動して参りました。
 
そう、今回からこのブログは(架空)スタジオで収録をしていくのです!
 
そして司会のかたをお願いしましたので、そのかたを紹介します。
 
あ、その前に、私のキャッチフレーズを
 
『男性苦手』女子応援カウンセラ
 
というふうに変えましたので、よろしくご査収ください。
(ここで『ご査収』は間違った日本語)
 
では、司会の男性、じゃない、女性を紹介しますね」
 
 
 
司会(いずみちゃん)
 
「てめーなに最初から盛大に間違えてんだよ」
 
 
 

 
「いずみちゃん、いずみちゃん、カメラ回ってるから!」
 
 
 
いずみちゃん
 
「あっ、今回からこのメルマガで司会進行役を務めることとなりました、
いずみでえす。
 
いったい何がどうなっていくのかさっぱりわかりませんが、
よろしくお願いします(はあと)」
 
 
 

 
「その芸風は女性にはウケが悪いと思うが……
まあ、いずみちゃんにはほんとは男の子なんじゃないかっていう疑念が
常につきまとっているからね!」
 
 
 
いずみちゃん
 
(ガン無視)
 
「このブログ番組では、男性が苦手な女子からの相談に、
男性……だんせいにがてがく?
んだよそれ。
あ、ごめんなさい、男性苦手学の専門家のかたがたにご回答いただく、
という形式でやっていきたいと思いまあす。
しかし男性苦手学って何スかね? (もやもやさまぁ~ず風)」
 
 
 

 
「ええと、男性苦手学は、男性が苦手な女性を応援するための学問ですっ!」
 
 
 
いずみ
 
「若干説明になってねえよ!」
 
 
 

 
「ええと、世の中には男性が苦手、怖い、男性が信じられない、
という女性がけっこういるので、そんな女性に、
男性が苦手でも大丈夫なんだよ!
結婚も望めば叶うよ! ということをお伝えするような、
いやまあ学問じゃないっすけどね、学問と名付けてみました、はは」
 
 
 
いずみちゃん
 
「はい、すっかり空気がしらけてしまいました。
 
わたし、こういう若干真面目でしらけた空気って苦手なんで、
次回からこの特に面白くないカウンセラーじゃなくて
はっちゃけた先生方が来てくださることを所望しまっす(はあと)」
 
 
 

 
「じゃあ初回はこんな感じで!」
 
 
 
いずみちゃん
 
「でわでわ、ぜひこの番組宛に、
男性に関するお悩みを送ってくださいね!
nqa13395あっとnifty.comまで)
番組(ブログ)で取り上げていきますから。
 
そしてっ!
わたしへの応援メッセージを特にお待ちしております! (ずずい)」
 
 
 

 
「あ、私にもください!」
 
 
 
いずみちゃん
 
「うっせーよてめーは」
 
 
 
■■無料メルマガやってます■■
かつて男性に強い怒りを持ちながら、
カウンセリング手法を学ぶ過程で
今の夫と出会い結婚まで至った著者が、
男性不信、男性恐怖、男性が苦手でも大丈夫というお話、
望む未来を手に入れるコツなどを配信します♪
 
購読希望のかたは、
http://www.reservestock.jp/subscribe/37215
にてお申込みくださいませ♪
  
■■セッションの予約フォームができました■■
男性不信、男性恐怖、男性への苦手意識のためのセッション、
その他通常のセッションのご予約は、下記のURLまで^^
(今まで通り私に直接ご連絡いただいてもご予約できます。
nqa13395あっとnifty.com
 
ご予約ご希望のかたは
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9238
にてお申込みくださいませ♪
 
予約の際の不明点がありましたら、
こちらのフォームからお問い合わせいただけます。 
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/10788

[PR]
by 6ssorelativo | 2016-01-04 16:08 | 男性苦手でも幸せ

結局自分が損する話

人生って、生きやすさ、はだいぶポイントかなと思います。
 
自分はすごく生きにくかった。
  
今回はそれを女性、男性、のことについて書きますね(not恋愛)。
 
 
私はすごおおおく男尊女卑な傾向に敏感です。
ちょう敏感です。
 
特に日本てたとえば上座には男性が来るとか、
あとたとえば何かの書類の「性別」欄も必ず男性が先か上か、
とか、ともかく固定されすぎてる。
(ほかの国だと「女性・男性」って並びもあるもの。)
 
 
あとは日本でなくても、今までの世界共通で、
「人間=男性」
みたいな図式で、けっこうアカデミックな世界も固定されてて、
何だかなあ、と思っていました。
 
 
大学時代の、悲しい思い出。
 
入学して、さあ勉強するぞと喜び勇んで図書館で哲学の本を借りたのですが、
それがまさに
「人間=男性」
で、女性は何か違う二級生き物、みたいなことが書いてあって、
もうそれで、わしは勉強する気をなくしてしまいました。
 
 
今の自分が思うこと:
まあ、気持ちはわかるけどさ~、
勉強しなくって、結局自分が損したよね。
というような感じ。
 
 
そう、ひっかかるのはわかるんだけど、
腹立つのはわかるんだけど、
どういう行動の選択するかってのは、
いろいろやりようはあるよ、
と今ならわかるんですよねw
 
 
たまたまその本がだめだっただけで、
ほかの本を選び直せばよかったかも知れないし、
哲学以外をやってみたらよかったかも知れないし。
 
 
こだわり、ひっかかりって、結局自分が損することが多い。
今ならわかる。
 
 
だから今、たとえばさ、外国語やってみると、
名詞に性別のある言語ってあるじゃないすか、
で、それに形容詞くっつけるときも男女、区別するのね。
 
わかりにくいので例を出すと、
イタリア語で
O sole mio
という曲がありますね、「お~わが太陽よ」
って意味ですが。
 
これ、soleが男性名詞なので、mio(私の)が、
男性形なんです。
 
で、たとえばもし
O luna mia(「お~わが月よ」)
という文章があったとすると、
これ、最後「mia」になってますよね、
なぜかと言うとlunaが女性名詞だからです。
 
 
でもさ、辞書の見出しに載ってるのって
mio
のほうなんだよね。
 
これ今までいろいろ見てきたけど、
まじどの言語もそうなんだよね。
 
で私はそういうのさえひっかかってたわけ。
 
 
今、フランス語、スペイン語、ドイツ語を見てるんだけど
(趣味で勉強?してんだけど)、
この、
おい、辞書の見出しは結局男性で代表かよ!
みたいなのが今もひっかかってたらさ、
勉強できないんだよね。
 
それ、自分が損じゃんね。
 
まあ、そんなことを思ったわけですよ。
 
 
何が言いたいかと言うと、
「生きやすさ」を重視するとすると、
男女の扱いに限らず、
いろいろひっかかることやこだわりがないほうが生きやすい。
ということです。
 
 
まあACRではそういうこだわりを取っていっているわけですな。
 
 
今日は何か興が乗ってため口で書いちゃった、ごめんよ~。
 
 
■■無料メルマガやってます■■
かつて男性に強い怒りを持ちながら、
カウンセリング手法を学ぶ過程で
今の夫と出会い結婚まで至った著者が、
男性不信、男性恐怖、男性が苦手でも大丈夫というお話、
望む未来を手に入れるコツなどを配信します♪
 
購読希望のかたは、
http://www.reservestock.jp/subscribe/37215
にてお申込みくださいませ♪
  
■■セッションの予約フォームができました■■
男性不信、男性恐怖、男性への苦手意識のためのセッション、
その他通常のセッションのご予約は、下記のURLまで^^
(今まで通り私に直接ご連絡いただいてもご予約できます。
nqa13395あっとnifty.com)
 
ご予約ご希望のかたは
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9238
にてお申込みくださいませ♪
 
予約の際の不明点がありましたら、
こちらのフォームからお問い合わせいただけます。 
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/10788
[PR]
by 6ssorelativo | 2015-12-22 07:48 | 男性苦手でも幸せ

悩みがあっても大丈夫

ご無沙汰しています、優です。

何か思ったんだけど、
何かを克服する、ってなると、
力入っちゃうなあと。

本当の理想って、
何か問題があっても大丈夫でいられる、
ってことだと思うんですよね。

ご無沙汰しているあいだにいろいろ考えたけど、
男性不信にしても、
それがあったままで自分は幸せだと思える、
が理想なのかも知れません。

実際私自身も、自分をよく観察していると
まだたとえば性犯罪をする男性に怒っていて、
また、こないだテレビで誘拐特集みたいな番組やってたけど、
結局加害者は男性で被害者は女性。
そんなんばっか。

そういうの見ると、
ああ、やっぱ男性って……って思う自分もいる。

「男性不信克服」
をうたっている以上、自分のなかに、
男性への負感情はいっさいありませんよ、
もう完全フリーですよ、ははは、
ってふうじゃないといけないと思ってたんだよね。

でも、犯罪者に怒るのは当り前だし、
やっぱり犯罪は男性のほうが多いし、
それは事実なので、
自分のなかに憤りがあるのもしかたないんじゃないかって。

この結論にいくのにけっこうかかりました。

で結局私の特徴は、
「それでも結婚している」
ということ。

これは結婚しているほうがいいという意味じゃなくて、
男性に怒っていても状況は変えることはできる、
というメッセージは伝えられるんじゃないかと思うのね。

もちろん結婚がゴールじゃなくていいし、
あるいは、男性不信や男性恐怖から自由になることが人生の目的、
と魂が設定している場合もあるかも知れない。

ともかく、自分のなかの苦しみから、
どれだけ自由になれるか、が、
人生の課題なんだろうなあというのがあって。

だから、男性不信とかその他、
みなさんいろいろな悩みや苦悩があると思うんですが、
苦しかったらそれにアプローチして癒せばいいし、
悩みがあっても大丈夫って思えたらそれが一番心強いし、
それが一番幸せかなって。

問題を取り除かなきゃ、じゃなくて、
苦しかったら癒す、悩みがあっても幸せ、
そのへんを目指すと、
もっとゆるくいけるんじゃないかなあって。

とかく日本の人は完璧を目指してしまうので(それは私も)、
もうちょっとゆるくいられたらいいな、
というようなことを、久々にお伝えしました。
 
 
■■無料メルマガやってます■■
かつて男性に強い怒りを持ちながら、
カウンセリング手法を学ぶ過程で
今の夫と出会い結婚まで至った著者が、
男性不信、男性恐怖克服についてや、
望む未来を手に入れるコツなどを配信します♪
 
購読希望のかたは、
http://www.reservestock.jp/subscribe/37215
にてお申込みくださいませ♪
  
■■セッションの予約フォームができました■■
(今まで通り私に直接ご連絡いただいてもご予約できます。
nqa13395あっとnifty.com)
 
ご予約ご希望のかたは
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9238
にてお申込みくださいませ♪
 
予約の際の不明点がありましたら、
こちらのフォームからお問い合わせいただけます。 
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/10788

[PR]
by 6ssorelativo | 2015-12-01 13:00 | 男性不信でも幸せ
いきなりですが、私の夢は、
世界中の男女が手を結ぶこと、
そして、個人のなかの女性性と男性性が調和することです。


社会を変えるには、個人を変えるしかありません。

そして、「個人を変える」のなかに、
女性性と男性性のバランスを取る、
ということが重要な要素として存在します。


これはたまにセッションでお話するのですが、
自分と何かの関係、つまり、親との関係、
異性との関係、友人との関係、
そしてお金との関係、仕事との関係、すべてすべて、
自分と自分の関係の投影です。

自分で自分を本当に満たすことができたら、
外側に求めるものがなくなるので、
外側のあらゆるものとの関係がラクになります。


まあもちろん自分を自分で本当に満たす、
ということがすぐに完全にできるわけではなく
何かしら自分と自分の関係で不調和が生じている人のほうが
多いです。

そして、いろいろ傾きながら、
自分なりにバランスを取りながら歩んでいくことそのものが
人生であります。


だから完全性、たとえば自分と自分が完全に調和しないといけない、
ということでなく、それへ向うプロセスそのものが人生ですよ、
歩むこと自体に意味があるんですよ、ということですね。


私が扱う男性不信、男性恐怖では、
男性という外側の存在との関係を癒しつつ、
本来は何を得たかったのか、ということにもフォーカスします。

そこで、ほんとは自分で自分を満たせれば大丈夫、
ということが出てきます。

男性不信は、そしてそれを癒すことは、
自分と自分との関係を改善していくきっかけだと私は考えています。


そして、そうして、個人のなか、あなたのなかの、
女性性と男性性の関係も改善されて、
生きるのがラクになっていくのです。


ということが私が信じていることであります。


最後まで読んでくださってありがとうございました^^
 
 
■■無料メルマガやってます■■
かつて男性に強い怒りを持ちながら、
カウンセリング手法を学ぶ過程で
今の夫と出会い結婚まで至った著者が、
男性不信、男性恐怖克服についてや、
望む未来を手に入れるコツなどを
ブログよりも先に配信します♪
 
購読希望のかたは、
http://www.reservestock.jp/subscribe/37215
にてお申込みくださいませ♪
  
■■セッションの予約フォームができました■■
(今まで通り私に直接ご連絡いただいてもご予約できます。
nqa13395あっとnifty.com)
 
ご予約ご希望のかたは
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9238
にてお申込みくださいませ♪
 
予約の際の不明点がありましたら、
こちらのフォームからお問い合わせいただけます。 
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/10788

[PR]
by 6ssorelativo | 2015-11-10 12:54 | 男性不信克服

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo