<   2012年 01月 ( 48 )   > この月の画像一覧

パソコンのほうの迷惑メールフォルダを見てみたら、グリーティングカードを装った迷惑メールが来ていた。
 
検索してみたら、やっぱ怪しいやつみたい。
この記事が判りやすかった↓
 
【新年交流会のお知らせ‏】【 グリーティングカード到着しました(閲 覧 無 料)‏】
 
はあ~何つかめんどくせえわ、迷惑メールとか。
ケータイ含めたネットのトラフィックの大部分は迷惑メールじゃねえの? と思う。
 
迷惑、ってか、ごみメールとかいう名前にしたほうがいい気がする。
 
つか、このグリーティングカードは新年から何通か来てたわ。
誰宛でも全部同じ名前ってのがあほだなあと思う。
(もちろん私のところに来たのもネットで検索でひっかかったのもぜえんぶ「慶子さん」からでした。)
 
寝るみょ。
 

追記
 
何か↑で紹介したブログの題名、いいな。
「世界から遠く離れて」
 
私もそんな気分だ。
で、自分とこのブログは相変らず名前がつけられねえでやんの。
はれはれ。(=やれやれ。)
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-01-05 22:59 | 雑記
うをー今日ももうあと半時間じゃねえか!
 
時間ねえんでザ・走り書きですけど、最近反省しました。
何つーか、批判したいことあるならほんとにしっかりときちんと批判して、そうでなく、何か半分揶揄みたいな言いかたなら、しないほうがいいなと思った
  
揶揄系なもの言いって、ってか、まあ読んでる人はそういうふうには全然思ってないかもだが(ちなみに最近書いたことではない、がそんなに昔書いたことでもない、っていつだよw、って感じだがw)、自分的には、うん、本気でやってる人たちに悪いかなと感じる物言いがたまにある。
 
もちろん完璧を目指しちゃいねえんで、そういうこと言ってきた過去も別に全然いいし、これからも油断するとだぶんそういうこと言うんだろうけど、やっぱ言った相手のことを考えるとねえ。
相手が読むことはないにしても(だってDIR EN GREYのことだからw)、でも世の中ほんとに何があるか判りませんから。
妙な言いかたですけど、DIR EN GREYとはきれいにおつきあいしていきたいと言いますか、「自分の意志で」全方向的に、いろいろ自分の振舞いをきちっと見ていきたいってのがあるんだよ、DIR EN GREYに関してはね。
 
全然うまく言えないんですけど。
たとえば……BUCK-TICKには完全甘えでいるから。
だから普段ひつれいなこといっぱい言っているが、それもちょっと反省している。
彼らがどういう気持ちでやってるかなってのを、もちろん判ることはないし、判ろうとする必要は、先日ある記事で書いたように、ないんだけど、でも、「自分の意志としては」、バンドがあっち側にあって、自分がこっち側にいて、でも、互い(の精神や魂みたいなもの)がほんとにいる場所って、その中間点、まさに、互いの精神や魂みたいなものがちょうど出会う中間点ってか、そういうところじゃないかと思ったのね。
 
そのとき、いつも自分は何かにやにやしてて(ふざけた意味で)、その、中間点において、何だか相手にひつれいだなあと思って。
 
ま、もちろん、どんなに茶化しても、好きだからこそ、ってのは判るだろうけどさ、でも、あれ、自分ってB-Tにはずいぶん甘えてねえかって、繰り返すが別にそんなんどーでもいいんだけど、でも、「自分の意志として」、そこをちょっと律していきたいってか。
 
で、DIR EN GREYに関しては、せっかく始まったばっかってのもあるし、↑のようなことを思ったのは、トシヤさんがきっかけだったんでね。
(ファンクラブコンテンツ方面のことなんで具体的なことは書けねいですが。)
 
 
結局、自分ってカッコつけだからさ。
ライヴなんかでも結局どっかいつも様子見してるところがあるんだよね。
 
で、繰り返すけど、別にそれでもいいんだよ、どんな在りかただって、いいんだよ、だけど、自分はほんとはもっと望んでる在りかたがあるんじゃないかと。
ライヴ中、どっか澄ましてるってのって、自分がほんとにやりたいことじゃないんじゃないかと。
 
つか、何で澄ましてるかって言うと、やっぱ人目を気にしてるからですよ。
 
もちろんそうでないときもあったぜ。
で、そういうときが、やっぱ自分的にも一生の宝になるようなライヴの記憶になったよね。
 
 
バンドの人たちが、どういう思いでステージにいるのかってのを、トシヤさんの件で、ほぼ初めてきっちり見ようと思ったかも知れないなあと思う。
 
もちろん、全力だとか、いろいろ、判っていたことはありました、でも、「ほんとに」判ってたらやらない揶揄に近い茶化しかたを、自分はしてきたところがあるんじゃないかな、と反省を。
(人から見たときにどうかは関係ない。「自分が」そう思って反省したから書いてる。し、ほんとにDIR EN GREYは大事にしていきたい、たとえ、前も書いたように、明日、もう興味ないなあ、と思うようなことがあったとしても、きちんと深く感謝して別れていきたいのだ。) 
 
 
時間ねえので結論ないがこのへんで!
 
 
Now playing: DIR EN GREY/ Dir En Grey Tour 04 The Code of Vulgar [ism]
 
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-01-04 23:50 | 音楽

ういー。

ういー。
久々にテレビが面白いぜー。
やっぱローマに数か月住みたいぜー。
私はイタリアが好きと言ってもその言語とローマにしかほんとは興味ないんだぜー。
初めて言ったぜー。
 
ローマ、って言うかローマ時代、かな。
遺跡に行くと興奮します。
エフェソス最高!
 
今夜はさようなら!
 
ノシ
 
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-01-03 22:54 | 雑記

DIR EN GREY/かすみ

昨日まじ1日中DVDの「Dir En Grey Tour 04 The Code of Vulgar [ism]」を流しててさすがに今日は耳が痛い感じがしたので無音で過ごしたが、夜になって頭のなかで"かすみ"が流れ出した。
聴きたくなるじゃねえかよう。

てなことをもしDIR EN GREYの人らに言っても、「聴いたらええやん」で終りだろうな。
 
昨日の質疑応答で、シンヤさん以外はみんなけっこう素っ気ないってか現実的ってか、私の大好きな半分妄想入った会話とか、全部マジレスかスルーだろうなという感じが。
 
京くんが厳しいのは判るんだけど、薫さんも
どうでもええことやん
とか
なんじゃそら
とか
この質問に答えてるほうが恥ずかしいわ
とか、私が言われたら立ち直れなさそうなことをけっこう言っていたww
 
トシヤさんも厳しい。
でも真実は突いてる、ってのが多い。
 
ダイさんは、京さん、薫さん、トシヤさんだったらスルーしそうなところもいちおうボケて返してたけど、たまに厳しいのがあって、まあ、関西圏の人たちってこういう感じなのかも、と思った。
(トシヤさんは長野だが。)
 
シンヤさん(大阪)はひとりでたいへんおもろかった。
 
あ、いや、質疑応答の感想文を書きたいんじゃないんだ、でも、昼間書こうと思ってたからもうちょっと書こう。
 
ほんと、何か彼らは厳しいわww
へんな、どーでもいい(と彼らが思う)質問への素っ気なさww
 
それ考えると、ってか私はミュージシャンの質疑応答って今までほとんどBUCK-TICKしか知らなくて、今井くんが一時期いかにも「質疑応答めんどいなあ」っての丸出しの対応だったんだけど(最近そうでもない)、いやいや、DIR EN GREYさんに比べたら全然マイルドです。
 
まあほんと関西圏だから、という理由ではないかと思われる。
はっきりしてると言うのか。
辛辣で普通、つか別にあっちではきつくない普通の対応なんだろな、みたいな。
(お笑いでも関西のほうが辛辣なのが多いのと同じなんだろう。)
 
しっかし質問していた若者たちは大丈夫だろうか、立ち直っているだろうか、特に京くんに
ホンマくだらん
とか言われていた人たちはw
 
ついでにB-Tの質疑応答に思っていたことを書くと、ヒデは昔っからいい味出し過ぎていて、私のなかではB-Tのなかでは一番おもろい人。
 
判る人にしか判らんと思うが、
「ライヴでの今までで一番大きな失敗を教えてください」
ってのに、
「あれはイリュージョンです」
ってのが今まで最高だったwwwwwwwww
 
(いちおー説明すると、あるライヴのとき、ほんと、すとん、と魔法のように、ステージからきれいにまっすぐ落ちたことがあったのが、DVDに映っている。それのことを言っているww)
 
 
まあ質疑応答の話は置いておいて。
 
結局"かすみ"聴いたんですけど、いかんな~、昨日もそうだったんだけどこの曲聴くともうほんとに理由なんかなく泣く。
曲のあいだじゅうほとんどに入ってる、薫さんの単音リフがともかくもう。

やっぱりこういう結論を言いたくなるんだけど、この音楽が聴きたくて今まで生きてきたのだろう。
人生の意味なんかほんとはないのだが(厳密に言うとあるがこの一般世界ではないと言っていい)、いや、だからこそ、音楽っていう、興味ない人には何の価値もないものが、私にとっては生きる理由そのものなのだ。
 
DIR EN GREY/かすみ
 
初めて聴いたときはサビの歌メロ以外は全然ピンとこなかったんだけど、冒頭に題名書いたDVDに収録されてるのを何度も聴いてるうちに、何だろう、耳に入ってくるたびに心立ち止る曲になったと言うのか。
 
 
どーでもいい追記ですが、個人的にはPVってのは曲のイメージを固定しがちなのであまり観ない。
(だからほんとはオーディオオンリーのリンクがあったらそれをいつも紹介したいと思っているんだがなかなかないので。)
 
(あと、PVが、好きな人は好きでいいと思う、もちろん。それにPVを作る意味は大きいとも思っています。私も好きなPVもある。)
 
"Vinushka"も、ここで紹介してた10月頭の2日間くらいは何度か観たが、そのあとは一度も観ていない。
あのPVは、
「私の、表現というものに対する概念を覆した」
と書いたことがあるくらいに衝撃で、好き、と言うのもへんだが(内容が内容だから)、何だろ、めっちゃ評価してる、って言えばいいのかな?
で、プラス、京くんたちが意図した、曲のテーマはテーマであるんだけど、でも、「自分にとっての"Vinushka"」というものにしたかったから。
で、PVの原爆のイメージを引き離すまでやっぱり数日かかった。
でも今でもPVの映像は忘れていないし「自分にとっての"Vinushka"」ももちろん原爆とか極東裁判とか戦後日本の曲なんだけど、でも、同時に自分の暗黒と一緒にいてくれる音楽でもあってほしかったから。
 
 
つか、はれ、ちょっとだけの記事書くつもりがえらく長くなったな。
 
まあいいや、寝る。
 
Now playing: DIR EN GREY/かすみ
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-01-03 01:26 | 音楽
っしゃ!
4時間半かけて、9年半ぶんの質疑応答全部読んだ!
 
(ずっと疑問に思ってた「ファンメール」なるものが、DIR EN GREYのモバイルサイトのものだと今日やっと判明し、会員登録したらファンとメンバーの質疑応答ページがあり。全部読んだぜ全部読んだぜおらおらおらおらおら!)
 
つか今日って元旦だった気がしますがそんなこたあ関係ねえ、私の生はいつでもDIR EN GREYとともに在るのだ!
 
ってのは1ミリくらいは嘘なんですけど、今日は友達に年賀状代りの手紙を書いて、あ、つか、年賀状まだポストに取りに行ってねえじゃん、と思って取りに行ったら、元旦に発見した「灰色の銀貨」(DIR EN GREYファンクラブ会報)。
 
加入して初の会報、そら心躍るってもんだ、部屋に戻って大騒ぎだよ、まだ薫さんと京さんとトシヤさんのとこしか読んでないけど!
 
で、薫さんの文章読んでたら、さっき書いたように「ファンメール」なるものの正体が判明し、本記事の冒頭に戻り、現在に至る、ってわけですな
 
 
質疑応答全部読んで思ったのは、
人生はそういうふうにできている
ってこったが、まあ深い意味もないしむしろどうでもいいことである
 
今は自分で在るってことにしか興味ねえんだよ
 
アレだよ、出家したての人とか、あるいは遍路さんとか、そういう人が歩む際に身にまとう音、それがDIR EN GREYでも別にいいだろ、って言いたいわけですよ
 
腹が減ってかつ眠くまったく何を書いてるか判ってないので質問とかやめてください
 
まあとりあえず
世界で一番嫌いなもの:G
とか
コンセプトカラー:紫
とか
おもしれーけど私はもう寝るんだよさようなら
 
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-01-02 02:48 | 音楽

ワロタもの

あ、またしばらく複数回更新ですのでよろしく!
 
ワロタwww
 
友達からの年賀状wwwwwwwwwwこれwwwwwwwwwwwwwまじwwwwwwwwwwwwwwww
 
まだあったwwwwwwwみぎうえwwwwwww
 
何だかよく判らんがwww
 
 
ワロタついでに前から紹介しようと思ってたやつww
 
アルルの嫁入り ~ビーバーの逆襲~
 
ビーバーの写真も行動描写も秀逸すぎるwwwwwww
 
Now playing: DIR EN GREY/Dir En Grey Tour 04 The Code of Vulgar [ism]
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-01-01 17:57 | 雑記

悪い話を聞かせてくれ

悪い話を聞かせてくれ
取り繕わずに
悪い話を聞かせてくれ
どっちにしろ夢なのだから
ほんとのことだけ聞かせてくれ
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-01-01 15:40 | 散文
あけましておめでとうございます! あけましておめでとうございます!
年賀状まだ一枚も書いてません! 書いてません!
 
さ、今年はやりまっせ~。
でも何をかは判りません!
 
今年もよろしくお願いします! 今年もよろしくお願いします!
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-01-01 00:17 | 雑記

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo