<   2012年 02月 ( 38 )   > この月の画像一覧

スモールトークをしていいかなあ(´・ω・)
 
薬を飲むときたまに錠剤が上に上がるお(´・ω・)
つまり鼻のほうに入るお(´・ω・)
今もガスターDが入ったようだお(´・ω・)
一生懸命胃のほうに落ちたと信じようとしたけど、だんだん鼻がすーすーしてきたお(´・ω・)
(ガスター系、胃薬系はすーすーするものが入っているよね)
しかもだんだん目のほうもすーすーしてきたお(´・ω・)
ガスターDは鼻のなかで溶けても大丈夫なのかなあ(´・ω・)
目は大丈夫かなあ(´・ω・)
 
(´・ω・)(´・ω・)(´・ω・)
 
Now playing: DIR EN GREY/The Marrow of a Bone
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-02-29 22:37 | 雑記

いい話を思い出した

2ちゃんのまとめサイトか何かで読んだ話

入水自殺しようと思って早朝江ノ島に行った

海に入ろうとしたら、サーフィンに来ていた若者たちに止められて、自殺しに来たのだと事情を話した

そしたら、そのうちの一人の女の子に
朝から自殺とかウケる~
と笑われて、何だか自分でもおかしくなって一緒に笑ったら、また人生続けてみようという気になって、おかげで今も生きてる

みたいな話

大好きな話です
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-02-29 12:48 |
あ、本編冒頭の
最近のバンド~
ってくだりは、公式サイト以外は作る意味なし、という意味じゃござんせん

情報分散してるとものぐさなわしが見逃すやん!
という純粋な逆ギレ演出です

誤解招く書き方な気がしたので追記します

関係ないが風呂場に持ってったはずの下着が消えた
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-02-28 22:12 | 音楽

バンドせんせ~

セカンドエントリぬ。
昨日書いてうpしなかったものをうpしときます。
 
 
今日もだらだら書こう。
 
そういや最近のバンドはあらゆるところにあらゆるものがあるわけで、公式サイト、それに伴うブログ(あれば)、ついった、フェイスブック、マイスペ、日本ならmixi(あれば)……ものぐさなわしはそんなにチェックできねえよ!
 
ってか当初はけっこうがんばっていた「DIR EN GREYのサイトを覗く」ってのさえ最近やってねえよ、モバイルサイトは外にいて暇なときにしばしばチェックしているが。
あとついったも。
 
ってか、そうか、PCサイトがちゃんと観られる環境を外に出るときも持ち歩いたら公式サイトくらいは暇に任せてチェックすんじゃね?じゃね?
これはスマホにかえろってことじゃね?じゃね?
 
かえないけど。
 
今のケータイ、去年の11月にかえたんだけど、2年使用縛りなんで、あと一年半以上あるよね。
セミセミスマホって感じのケータイで、画面むきだしで、さっそく2箇所ほど傷がついてるYO!
あと、私、けっこう小さい機械って落すのね。
このケータイも何度かすでに落している。
がんばっていきたいよね。
 
 
そういや今年の正月にDIRさんモバイルサイト会員になったはいいんだが、サイトからのメールを受け取れない状態になっていて(登録したときに、「サイトからの更新お知らせメールを受信しますか?」に「いえす」と答えたはいいが、ケータイの設定が「PCメールは受け取らない☆」になっていてですなあ)。
で、「ファンメール」なるものってのは、正月に読破した質疑応答だけじゃなく、どうやらメンバーからの一斉配信メールもあるようすなのだよね?
 
サイトに連絡してもどーせまともな対応ねえだろうし、と放置してたんだが、そっか、いったん会員から足を洗って、また登録すればいいのか! (きらーん)
そのときは、DIRさんモバイルサイトドメインは受信する、とあらかじめ設定しておいて! (きらーん)
 
さすが瞑想していると発想が冴えるな。
いやこんなん瞑想関係ない。
 
 
そういや以前、DIRさんに関しては真面目にやっていきたいというようなことを書いたが、茶化すのはいいよねっ? ねっ?
きれいすぎる人に対してはつっけんどんにする、という決め事に従って、トシヤさんは「右から二番目の人」と呼ぶとか、シンヤさんとダイさんはふつうにつっこめそうなので大丈夫、残る問題は一番右と真ん中だ!
 
一番右の人へのつっこみにおいては我が師匠(勝手に師匠と、今名づけた)にはかなわないが(師匠、ってのはDIRさんファンになったころ発見した薫さんファンの人)、わし流に容赦なくいってもいいと思うんだよな……。
 
最後に残るのはやっぱ真ん中の人だよね……彼はまだつっこみかたが判らないんだが……。
そういやさっき師匠のブログですげえ話見つけた。
 
あっち系(どっち系?)のバンドって、女性のみ入場可能とか、男性のみとか、「○○オンリー」ライヴってのをたまにやるんだよね。
で、DIRさんは「カップルオンリー」ってのもやったらしいんだが、そのとき、京くんが、
「本当にカップルで来いなんて言ってねえ」
と怒っていたとwwwww
召喚したの君らだろwwwwwwwwwww
 
ついでに、京くんて客煽るときに性別ごと、及び場所ごと(後ろとか)に煽るんだが。
場所別煽りは普通だが、性別煽りは珍しい。
まあ本音言うと性別というコンセプトをいまだに宿敵と思っている私としてはライヴでまで性別思い出したくないわい、と思うんだが、こんなところにまでザ・日本の伝統、男女に分けて競わせるという世界に類を見ない風習、紅白歌合戦の余波が及んでいるわけですね!
(京くんに「そんなん関係ないわ、くだらん」と怒られる、に100ペソ賭けよう)
 
あとついでに、DIRさんて頭振る曲いっぱいあるんですが。
あれ全部振ってるとやっぱ大変なわけですよ、で、私は今のとこDIRさんライヴでしかこの光景を見たことないんだが、お客さんが、頭振るかわりに、片手を軽く挙げて、手首を振るんだよね。
いや~、これはまじDIRさんでしか見たことない。
たとえばビジュアル系+メタルってのだとGARGOYLEくらいしか知らんけど、GARGOYLEもふつーに(いやでもやっぱりオーソドックスなメタルの世界からみるとちょっと違う、ビジュアル系独特の振りかただけど)頭振ってるような。
 
いや、だからなにってことじゃないっす、ただ、バンドによってライヴ鑑賞の流儀が違って面白いなあと。
こんど手首振りをやってみたいと思います(もちろんDIRさんとこで)。
ヘドバンってやっぱ首や頭によくないから。
最近どうやら体質からくるめまいがよくなってきている気配があるんですが、でも、手首振りもしてみたいっす、ハイ。
 
あ、またついでに、ファンの性質の違い、って話もしていいすか?
 
私は大筋ではBUCK-TICK的文化とうるせー音楽文化しか知らないわけですが。
 
で、特にB-Tさん的ライヴ前文化ってのにすげえ影響受けてて。
 
「B-T的ライヴ前文化に影響受けている」ってたいそうなこと言ってるが、早い話が、
「開演は絶対に最低10分は遅れるからそれを見込んで会場に行く」
という行動のことだww
10分なんて早いほうで、30分とかもざらじゃなかったっけ?
 
まあともかく、それに慣れすぎてるんだよね。
だから、開演時間になってもファンが会場外にいるのが普通。
 
けどさ、事前に師匠のブログで情報を仕入れたんだが、DIRさんって開演きっちりに出てくるらしいのね!
これもうはっきり言うとカルチャーショックだよ、「開演時間くらいに会場行けばいいわ」っていう教育を受けてきた身からすると、もうライヴの日は緊張だよね、もう体がぎりぎり行動に慣れすぎてるもんだから、油断すると「B-T進行」になっちまうわけですよ、行動が!
 
これでめっちゃ焦ったのが、先月のUroboros再来@大阪城ホール。
会場近くのホテルに着いたときは、そのへんの飲食店にDIRさんファンがあふれていたのに、身支度してホテル出たら、誰もいないやんw!
 
え……ええ?
まだ開演まで40分ほどありますよね!?
私今からマックで飯ですが!
みたいな。
 
ほんとに焦ってチケットに書いてある開演時間を二度ほど確認したよw
 
いや~、あのとき、ほんと、教育ってすごいな、と思いました。
うるせー音楽系も、バンドが複数出ると、どうしても前半の時間は外でうだうだしたりとかしてますもの。
B-Tさんに至っては……ってか、自分が普段いかにうだうだしているかよく判ったw
 
まあでも、B-Tさんも開演時間守れよ! とは思わないけどね。
あの、ライヴ前の弛緩した感じがたまらんし、まあたまに「まだか」と腹立ったり寝たりするけどw
 
だからDIRさんはそういう面では真面目だなあと思った。
ファンもね。
真面目ってか、まあほんと、あれが「教育」ですよ。
自然に行動するようになるんです。
 
話がしめられなくなってきたのでこのへんで。
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-02-28 21:16 | 音楽

FOO FIGHTERS来日中止

題名の通り。
 
ぴあからきたメールに載ってた「バンドからの声明文」↓
 
今回のTOURをキャンセルしなければいけない事を非常に残念に思っております。
VOCAL/GUITARのデイブ・グロールの医者の喉の診断を慎重に検討した結果、
SHOWをキャンセルせざる得ないという結論に至りました。
日本のファンの皆様を落胆させることは、大変心苦しいですが、
皆様状況のご理解をいただきたく、また近いうちに日本に
戻ってこれることを心から希望します!

 
京くんと一緒やな。
かたやアメリカツアー中止で、かたや日本ツアー中止。
 
神さまは人間の喉をもっと丈夫に作るべきだったよ!
 
そういや京くんの場合は今の主治医はライヴに観に来たりしてくれてるらしい。
いい感じだな~。

 
まあともかく、このふたりに限らずあらゆる体の不調なんてみんな今すぐ治っちゃえばいいんだ!
そんでついでにわしの腹の調子とかめまいとかも治してくらはいお願いしますナムナム
 

 
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-02-28 20:23 | 音楽

どうでもいい

何かすべてがどうでもよくなってきた

落ち込んでもないし怒ってもないし投げやりにもなってないけど、思い煩うことのすべてがどうでもいいってか

今ここに自分の意識があって、それ以外に勘定に入れることなんて何があるのか
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-02-27 12:59
本日はいきなりDANGER DANGER祭りをしてました。
たぶん一回も書いたことないけど実は好きなんだよ!
 
という導入なのに真面目な話。
 
昨日ふっと、人生をパズルにたとえるということが浮んだ。
あ、珍しい話じゃないっすけど、自分の人生をそういうふうに見たことがなかったので。
 
で、判ったのは、私はずっと、自分の人生をパズルを、
「何でこんなのなんだ」
と嫌ってきたのでした。
「何でこうなんだろう」
どころじゃなく、
「何でこんなの」
です。
 
なんで、当然直視もしてなかった、いやでしかたがなかったです。
 
でも、いやでしかたない、のが苦しいので何かしようとするのだが、そこで何をしていたかと言うと、私はしばしば他人に対して
「私は自分の人生のパズルが嫌いでしかたないのであなた何とかしてつかあさい」
とお願いしていたのですね。
 
まあ確かに2001年以降、自分を何とかしようと思い立って、で、2004年以降いろいろとスローペースながら試みてはきたけれども、最後が他力本願なんだよね。
ここまでがんばったからあとあなた何とかしてつかあさい、みたいな。
相手からすると「……ゑ?」だよねw
当然だ。
 
で、去年の秋まで、ほんとーに、自分の人生のパズルがなぜこういうパズルなのか、全然判りませんでした。
 
で……やっぱこの話になるけども、私はDIR EN GREYの音楽に、特に、"Diabolos"や"Vinushka"に出会ったときに、初めて理解したのだ。
自分の人生のパズルがなぜこうであるのかを。
 
もちろん知的理解じゃねっす。
なので説明はできないけど。
 
あのさ、NEUROSISがさ、2枚のアルバムを同時に再生するとほんとの完成形が聴ける、って試みしてたじゃない。
それとちょっと似ているな。
だからファンになったころ、よく
「ただともかく私とDIR EN GREYが並行して存在するのだ」
ということを思っていた。
 
私はやっとこのパズルを自分のものだと引き受ける気になって、たとえばDIR EN GREYの音楽は支えとか言うよりも、ただ、私は「わかる」、なぜ自分の人生がこういうふうだったのか、彼らの音があれば。
私にとっての真言があれば。
 
Now playing: DANGER DANGER/I Still Think About You
 
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-02-26 22:38 |
吐き出しておかないとだめ~、って感じなので走り書きで
 
今日のSURVIVE+METAL SAFARIなどのライヴが楽しすぎて酸欠になりそうでしたww
 
何らかの時間?の都合で急きょSURVIVEのほうが先に出るという意外な展開であったが、まあともかくSURVIVEは今日判ったんだけど、彼らの音ってのは「怒ってる」から好きなんだな。
和やかに楽しんでるときも、しかし音は怒っている、悪い意味じゃなくて、もっと判りやすい言いかた、しかし陳腐な言いかたになってしまうと、本気な音、ということですね
 
新しいドラマーの人がすごすぎてむしろフいたw
どこであんなすごい人を見つけてくるのでしょう
女性的な雰囲気の人で、すごく柔和な笑顔で、しかしドラムは荒れ狂っているよw
 
前の森くん(ごめん、ステージネーム忘れた)はトライバルな感じがすごくいい感じだったのですが、新しい人はすんげい「鋼鉄う~!」って感じで。
アンコールで出てきたときに演った、トライバルなテイストの濃いセカンドの曲はどういうふうになるのかなあと思ってたけど、雷神、って感じでごわした
 
ところでゲームに使われたという曲はリフが最高であった。
 
まったく、こんなに楽しくていいのかいちみぃ!? と誰に言っているのか判りませんが、思いましたw
 
 
んでMETAL SAFARIなんですけど、刺激が強すぎて今整理つけてるとこなのさw
 
理解されないの承知でがーっと書いちゃいますが、最近聴いた音楽のなかでもっとも難解であった。
(いちおー説明をすると、悪い意味ではないのだよ、まああとでちゃんと説明するか。)
あ、私はファーストとかかなり聴いた人なのでどんなバンドかは知っているのだが、最近聴いてた音楽、って最近聴いてたのは某DIRさんしかないんですがww、たぶんDIRさんとはまったく違う方法論で曲ができてんだよね、それがたぶん「難解」という言葉を使った理由。
 
ただ、難解、と言えばDIRさんの「Dum Spiro Spero」なんか難解を音にした感じですが、とか言っておいて、でも、あの作品が難解かどうかは私のなかでは一生答え出んと思うわ。
 
たぶん……DIRさんの音楽に言語があるとすれば、それは感情なんだよね、だから私にはものすごく判りやすいのです。
彼らの音楽が難解、というのが判らない、
え、だって、表現されてることは明らかでしょ、人間の言語にはできないけど、って感じで。 
 
METAL SAFARIの「難解」は、彼らの音がとおっても知的だからだと思います。
繰り返すけど難解ってのは悪い意味で言っているのではないのですー、悪い意味だったらこんなに刺激受けてこんなに文章書きまくらないデスww
 
何だろうなあ、今日ふっと思ったのは、本音、というものが、現れたかと思うとすぐに姿を消す、という感じなんだよね、彼らの曲って。
 
これもまた誤解生みそうな言いかただが、何つうのでしょう、ほとばしるものがありすぎて、そのなかで、もう絶対にきれいにもカッコよくも知的にも提示できない、ものすごく人間の「生」なところから出てくる本音、というようなものが、前面には出てなくて。
 
つかHiroyukiさんのギターってドラマティックでありながら知的である。
ものすごく知的です。
でもじゃあクール(冷めている)かと言うとそうじゃなくて。
アツいけども知的。
 
で、またボーカルのInaさんがねえ。
前観たときも思いましたが何とも言えん色気のある人です。
で、私が色気を感じる要素として欠かせないのが、知性である。
何か、そのへん。
何かそのへんに刺激を受けている。
またへんな言いかたをさせてもらうなら、ものすごく美しい人だと思いました。
あのボーカルスタイルも。
刺青も。
 
 
何か結局うまく書けんかった。
SURVIVEのことももっと書きたいな。
SURVIVEにもまたたいへん美しいメタルの伝統が受け継がれているとガチで感じました。
美しいものはどんどん受け継げばいいのだ、そして何が美しいかはひとりひとりが決めるのだ。
だから私はMETAL SAFARIというバンドやInaさんという人やSURVIVEの表現しているものが美しいと今日は思った、と記しておくのだい。
 
 
今日はおっそいのでこのへんにしとこう。
 
いずれにせよ楽しすぎて窒息しそうでしたww
ああ最近何でこんなにいろいろ楽しいのだろう?
 
ではみなさんさようなら。

追記
 
METAL SAFARIに関して書いた、難解(この言葉に対して価値判断をしないでほしい)、とか知的、の話だけど、これは理屈っぽい音だ、って意味ではない。
MEGADETHやTHE DILLINGER ESCAPE PLANなど、理屈っぽい音も好きなんですけど、METAL SAFARIの場合は、私が最近模索している「人間としてのほんとの知性」みたいなのと関係しているんじゃないかと思います。
 
Now playing: METAL SAFARI/Return to My Blood
 
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-02-25 01:15 | 音楽

Diary of a madman

今ライヴ会場で↑が流れてマシヘライヴを思い出して辛かった

はよ来日決めてわしを安心させんかい、はっ、違う、安心させてください神戸牛でよかったら送るから
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-02-24 21:02

カラオケ行きてえええ

さっき、私に薫さんの面白さ、もとい、薫さんの素晴らしさを教えてくれたかたのブログを読んだら、どうしよう死ぬほどディルさんオンリーカラオケ行きてえええ

今夜はサバイブなどのライヴなんだが、まあこのテンションはライヴにはうってつけであるからよい!

しかし今からはとりあえずネカフェ寄って夕方の瞑想の予定(笑)
このテンションが平滑化されてまうかもだが、まあいい、ネカフェに寄ってまで瞑想するほど私は本気なのだよ!
(何に、かはよく判らない(笑))

あ、今日はシンヤさん誕生日ですよ、おめでとうシンヤさんわしは近日中にディルさんオンリーカラオケに行くよ!!!
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-02-24 17:38

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo