<   2013年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

電車やライヴでの痴漢問題とか、要は根本的に日本の何が狂ってるかと言うと、
男たる俺には見ず知らずだろうが女の体を触る権利がある!
とごく自然に思っている男性が多いところ。

しかも、触られた側の不快感、ほんとは不快感どころでなく「人間としての尊厳」が侵害された深い衝撃と傷(いったんついたら消えない)、については想像力皆無。

もっとひどいと、
女は触られて嬉しいはず、俺はいいことしてる!
とか本気で思っている。

日本の女性ならば、たとえば歩いてただけで胸を捕まれた、なんて経験も珍しくないと思う。

たとえばこういう事態の、さっき書いた、一生消えない傷、傷つけられた尊厳、男性への恐怖、というものは、男性の多くは理解ができないが、それは、そういう性行動を仕掛けてくる側が、自分より圧倒的に腕力がある、という想定が日常であまりできないこと、また、やはりそもそも、女の体をいきなり触るのがいけないということが本当に理解できてないこと、もまた原因と思う。

女性は性犯罪に遭わないために自衛して当り前、となっているが、日本の、やっぱり狂っているところは、
自分の尊厳を守るために自衛する
のでなく、
男性は、見知らぬ女性にも性行動するのが当然なので(男性には判りにくいと思うが、この「当然」は、生物学的に当然なのでなく、「権利として」当然、の意)、そういう男性を「刺激して差し上げないようにする」のが義務
みたいなロジックから自衛が要求されているところ。

だから、極端に言うと、男性から女性への性犯罪、には、この国では加害者がロジックとして存在しないんだよ、だから、いつも被害者の素行だけが、俎上に上げられる。

繰り返すけれど、日本では男性から女性への性犯罪においては加害者は存在しない、「男性様」を「西洋から輸入された概念において」犯罪者にした悪い女がいる、というロジックしかない。

まあもちろん西洋でも古くは女性は惑わす悪、となっているが、そういう説が成り立つのは、まさに「社会」が男性視点である証拠なんだよね。

電車でもライヴでも、たとえば誰かの足を踏んじゃうことはあるわけだよね、で、男性が女性の体に不可抗力で触れてしまうこともあるわけだ、で、そういう不可抗力に関しては、女性だって判ってるよ、互いにぶつかって悪かった、くらいの話だよ、だけどさ、何で痴漢は犯罪になるのかと言うとさ、足を踏む、を例にするとさ、足を踏んじゃうかも知れない状況、において、「故意に」踏むヤツがいたらヘンだと思わない?

しかもそいつは、
自分には踏む権利がある
と無自覚に思っていて、
踏む衝動は抑えられなくて当然
と思ってるんだよ。

これを痴漢に置き換えると、男性から女性への性犯罪のロジックが見えてくるんだ、性犯罪においては、「足を踏む」行為では出てこなかった、日本においては「免罪符」となるものがある、それが「男性の性欲」。

男性の性欲、が絡んだらとたんに、
それは抑えられなくて仕方ない
とか「社会」が同調的になる。

男性の性欲、はこの社会では錦の御旗なんだよ。

男性の性欲、の前では、一介の女性(時には男性)の尊厳なんてのは何の意味も持たないわけ。

男性の性欲が錦の御旗となるのは、それだけこの社会が男性視点であるから、というのは判りますか?

また、男性の性欲が免罪符になるからこそ、あらゆる性犯罪が根本的には暴力行為であって、だから認められないのだ、というコンセンサスがこの社会では生れない。

通常の男性でも、暴力が犯罪行為だ、というのは判ると思う。

けど、判りやすく、たとえば強姦で、それは「男性の性欲が引き起す」と思ってるから男性が男性に批判的になりにくいんで、てか根本的な理解が間違っていて、強姦は「暴力行為」だから許されない、というコンセンサスをまず持つのが重要に思うし、今は判りやすく強姦を例に出したが、痴漢その他、あらゆる性犯罪もすべて、まず「暴力行為」であるから許されない、ということ。

殴る、などの判りやすい暴力が発生していなくとも、他人の身体に一方的に害(不快感、恐怖)を及ぼすのはすべからく暴力行為である、と。

男性の性欲、をロジックの中心に持ってくると、ある人には免罪符になってある人には男性であること自体が罪悪、みたいになって話がしにくいので、性犯罪はまず暴力犯罪なのだ、というコンセンサスを広めるのがいいのではないかな? と思う。

性犯罪の話で日本の男性が無理解に吹き上がるのは、自分も加害者になる、という可能性を示唆されたようで不快だ、という理由もあると思うので、性犯罪が男性の身にも起り得るという可能性を示唆する上でも、性犯罪の本質は暴力である、という理解は非常に重要に思う。

性犯罪を受けると一生こんな心の傷(障害)が、という、性犯罪特有の側面は、一般の男性には次の段階の知識かも知れません。
[PR]
by 6ssorelativo | 2013-03-30 19:37 | 日本社会

明日から

宇宙となかよしツアー、in沖縄だぜっ!
[PR]
by 6ssorelativo | 2013-03-22 22:40 | 前へ進むということ
ゆうべ思ったけど、日本には、未成年との性行為はだめだという認識なんてないと思うよ。
そういう「文化」なんでしょ。

日本の特殊性が指摘されると、
そういう文化なんだからほっといてくれ
となかば逆ギレみたいな反論のようなものを返す、という場面を何度も見たけど、じゃあさ、たとえば子供とセックスすることも「文化」のひとつなんだとしてさ、じゃあそういう「文化」の土地に生まれた子供が被害者になったときにさ、「そういう文化なんだから傷つかない」んだろうか?

どんな文化、てか「文化なんだから許容しろ」という連中は、たいがい文化すなわち「美しき日本の伝統」と思ってるだろうというのが私の見立てだが、ともかく、そういう「文化」に生まれたら、被害に遭ってもその子供は傷つかないとでも?

よく考えてみろ、ボケが。

真実を知りたかったら、過去を克服したはず、と信じてた私が、未成年との性行為について激怒してた人たちの意見目にしただけで昨日どういう状態になったか、見にこい、ああ?

文化とか伝統とか出せば全部許されると思うなよ、「事実」は「日本は素晴らしい国のはず」という幻想の向うにあるんだ。
[PR]
by 6ssorelativo | 2013-03-16 09:40 | 日本社会
↓は予約投稿なので。
ほんとは一昨日書いたものです。

今夜はあることがあってから大変だったんだが、でもね、それで、むしろ思ったんだ。

自分たちが黙っていたら、今後もこの国では自分たちと同じような不幸な少女が(まだ少年、に踏み込むにはこの国は長い長い年月を要するだろう)量産され、顔を消して生きていくことになるだろう。

でももう、それは、私たちの世代で終らせなければならない。

被害者の傷を利用して加害者が擁護されるという「空気」は、殲滅しなくてはならない。

いつまでも自分たちの弱さから目をそらし、自分たちの性欲は正義だと、子供たちの魂を殺すほどの正義だと、言い募るのか、日本の男どもよ。

おかしいのは一部だと言って、でも何もしない男たち。
君らの母や姉妹や、そして娘たちがどういう社会に生きているのか、一瞬でも想像してみるがいい。

被害者が悪いと言われる時代はおしまいだ。
私はこの社会と対立する。
この社会を変えよう、という意思を持つことで対立する。
この社会の病を次世代に残してはならない。
[PR]
by 6ssorelativo | 2013-03-15 23:16 | 日本社会

「シェフ目線の家畜」

セカンドエントリ。
 
どーしてもこの表現だけ共有したかったので短いが一言。 
 
日本の、「庶民が庶民を監視する」システムについて。

「このような一般市民のくせに全体主義国家の独裁者目線の人って気持ち悪い。労働者なのに経営者目線とか多いし、典型的な誇大妄想的なナルシシズムのように見えるけど、日本社会に多いこういう他人や自分を縛る発想と自分の立場のズレってイデオロギーなんだろうな。シェフ目線の家畜を見ているよう。」

https://twitter.com/kazukazu881/status/311122212449030144

「シェフ目線の家畜」って表現が秀逸すぎる。
 
 
結局は自分単体だとみじめすぎる(と思い込んでいる)ので国家とかと自分を同一視して自分を慰める、ってのがもう癖になっちゃった人のありかた、なんだろうけどね。
[PR]
by 6ssorelativo | 2013-03-12 21:56 | 日本社会
コメントにワロタwwww
 
GLORYHAMMERという、パワーメタルバンドのPVについて、
 
"not enough beardiness ..... especially the singer, his should be the biggest and most majestic of the entire band"
「ヒゲ度が足りない…特にボーカル、本来ならバンド内で一番でかく威厳あるヒゲをたくわえているべきである」
 
というコメントがあったwwww
 

[PR]
by 6ssorelativo | 2013-03-12 21:31 | 音楽
アウトレイジの丹下さんの日記で驚いた、東京でレコーディング、坂本君、鈴木君て、鈴木ってまさかなあと思ったら、ほんとにプリングティースの鈴木さんかw

色々と面白いことは起っています。
やれない、と思ったことも、方法を変えるとびっくりするほどラクに実りを得られたり、でもまず、それには自分に正直になって、相手を恐れずにその正直さで接することだな、と思います。

そーすると面白いことにどっかで協調できるポイントが見つかって、何においても一番いいところで協力しあえて。

ま、早く開示、と言っても私だけの都合ではできないけれど、ともかく面白いことは起っています。
とだけは伝えたく。

おやすみなさい。
[PR]
by 6ssorelativo | 2013-03-09 23:25 | 前へ進むということ

日本語の世界

細かく、細かく、細かく規定された日本語の世界から自由になりたい。
[PR]
by 6ssorelativo | 2013-03-07 23:12 | 言語

ぬこ

ねこの、人を幸せにする力、パねえ。

まあねこに限らず動物全般だけどね。

親がディスクに落としてくれた、「世界ネコ歩き」という番組を観ながら。
[PR]
by 6ssorelativo | 2013-03-04 23:28 | 雑記

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo