<   2015年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧

DIR EN GREY@Zepp名古屋 Day 2

二日目もあんまり調子よくなかったような?
薫さんが昨日に続いてたまに間違えていて、まあ。

そういや京くんの髪の色がダイさんとおそろいになってたな(赤)。
こういう、ツアー途中、しかもツーデイズの途中で髪の毛変るって、好きなんだよ、わし。

つか!
再構築"腐海"ですよ!
なぜか安らぎな曲に変ってたですよ!
まあわしは原曲聴きたかったけど……(ライヴで原曲聴いたことないので)。

けっこう毎日曲変えてきてるんだよね。そこが相変らず好感持てるよね。
そうそう! ファンが求めてるのはそういうことなんですよ!
っていう。

ところでゆうべはDIRさんのライヴで初めてもうひとつ満足できなかった日であった。
新作は、好きで数えきれないくらい聴いたけども、ライヴだとずっと聴くのはしんどいなあと。
今ひとつ自分のなかで盛り上がれないという。
"Behind a Vacant Image"とか、大好きなんすよ、てか、ちょっとうるさめの曲は自分のなかではむりむり盛り上がらなくてはいけないのかなあ、という感じがし、まあ周囲は盛り上がっていたのでこれはもう年齢の問題かと。
ライヴ行く年齢ではないのかも、体力的にね、わしは。
まあでもDIRさんとBUCK-TICKは行きますけども。

"Revelation of Mankind"とか、すげえ曲なんだけどな~。
しかしPVがすごいよね。
繊細なかたには絶対お勧めしない。
けども、確かに家族に関して、もう欺瞞だらけの旧式日本の価値観は捨てようぜ、ってのは賛成だな。
家族、というコンセプトでどれだけの人たちが心殺されてきたか知れない。

って感じなのがわしのもともとの文章だ。

"Revelation~"もそうだけど、鳥肌立った場面は昨日いくつかあったな。
でも何かがつまんなかった。
さっきも書いたがわしの体力の問題もあるだろうけど。

しかし"トウ声(漢字が出ん)"のときの京くんときたら。
あの曲はよほど思い入れのあることについて書いたのだろうなと。

アルバムについてついでに書くと、わしは"Dum Spiro Spero"や"Uroboros"みたいな、宇宙からもらった図面そのまま音にした、みたいなののほうが好きである。
特に"Dum Spiro Spero"みたいなほんとにワケのわからんのが、好き。
あれは芸術面で到達し切った感じがあった。
で、わしはDIR EN GREYにそういうものを求めてるんだが、バンドの方向は違うようだ、でも"Ardhe(根源)"。
バンドがこれがArcheだって言ってんだからしょうがないがね(名古屋弁)。

どうでもいいけど、「よくわからない」ってのは聴き手としては問題なんですかね?
"Dum Spiro Spero"は確かに「よくわからない」のだけども、その、わからないも丸ごとすげえ面白いと思っていて。
ある意味知的興奮が感じられるから好きなんかな?
いや新作も知的なんですが。
宇宙的ではないよね。

また孤独な解釈。
でもそこがまた一興。



[PR]
by 6ssorelativo | 2015-04-30 09:48 | 音楽

DIR EN GREY@Zepp名古屋 Day 1

昨日は何かみなさん調子悪かったようですな。
特に京くんが、高音がかすれていた。

いろいろな考えがあるとは思うんですが、人間なんで、調子は安定しないのは当り前で。
なんで、そのときの全力をいかに出すか、が誠意なのかな、と私は思います。

まあしかしあれですよね、最後"羅刹国"来たんでもうわしはすべてが満足ですw
あのリフ聴きにライヴ行ってんやで~。

そういや、わし薫さん側にいたんだが(スタンディング)、ずっとダイさん(薫さん側からだと遠い)の名を呼んでいる女性がいて、な、なぜあえて薫さん側で、、、と、何か楽しかったです。
人間ておちゃめね。と思ったのでした。
今日も何だかこの女性に会いたい気分だ。

今日のわしは二階席なんで、まあまったり観るっす。
新曲はまだまだどのギターをどっちが弾いてんだ、ってのを確認できてない部分もあるからな。
そのへんの同定ですよね、今日のメインは。

んで今日は"残"あたりがきてほしいよね。

[PR]
by 6ssorelativo | 2015-04-29 10:05 | 音楽

人生が深刻な時期

いろいろ解消されてくると、人生が深刻でなくなります。
理想としては、何か、何があっても別にそれはそれ、それぞれ対処してったらよくて、とわかってるので、何かいわゆるマイナスなことが起きたとしても、深刻にとらえず、どう対処するかをすぐに考える、みたいな。

人生がまだ深刻なときって、起る出来事にけっこう心かき乱されてしまって、どうしよう、となって、悩む、と深刻になります。

どうしようかな~、まあこれもいいけどあれをするとどうなるかな、とか、そういう軽い選択には、まだ至っていない状態ですな。

まあしかし深刻な時期もあってよくて、いわゆる真我という存在は、その深刻さも「うふふ、これ体験したかったx」と楽しんでいますから、まあ、こっちはこんなに真剣深刻なのに真我めっ! と思ったり、いろいろが、まあ、楽しいのが人生のようです、どうも。

深刻、と似てて、切ないってのもありますが、これはより、それを常々感じる時期を過ぎると、ふっと、あ、こういうシチュエーションではよく切なくなってたな、とか思って、でも今は、切なさは思い出して「そう言えばこんな感じ」と再生することはできるけど、切なさ自体には浸るということは難しくなるかな~。

と書くと、何か、切なさ感じられなくなるのは惜しいと思う人もいるかも知れないですねw

そういうもんなんですよね~、切ない、が必ずしもマイナス感情とは言えないだろうけど、まあでも打ち沈んだり、いろんな心の動きは、ほんとは楽しむために移り変わるのだと思います。

でも、そのひとつひとつに真剣に取り組むのもまた素敵な姿だし。


深刻にしても切なさにしても、あんまり長く(何週間も)感じるときは、昨日書いた過去の感情の再現のトリガがかかってる場合があるので、自分を観察して、あんまりに憂鬱が長く、自分を責め続けたり無価値感に襲われたりするときは、まあちょっと自分ケア、なつもりで、メンタルクリニックに行ってみるのもアリだと思います。
何でもなければそれに越したことはないわけだし。

[PR]
by 6ssorelativo | 2015-04-28 16:14 | ACR(アクセス・コード・リーディング)
ちょっと、おさらいみたいな感じですが、感情について。

普段感じる感情、特に、強い感情は、「いまここ」の産物でなく、過去に解消されなかった(成仏できなかった)感情の再現です。

そういう過去の感情は、解消されるまで(成仏するまで)繰り返されます。

で、どういうときに解消されるか(成仏するか)と言うと、意識が、あ、そう感じてるんだね、わかった、と認識してあげたときです。

過去の感情は、最初にそれを感じたときに、ほんとは成し遂げたかったことがあったのですね。
最初にそれを感じた……いや、感じてない、気づかなかったのだから、あとで何度も再生されて、「認識してくれえええ」と出てくる。

いずれにせよ、その感情は最初は「感覚」みたいな小さなもので、通常人間は気づきません。
ちょっと違和感感じるんだけど、とか、うふふ、とか、いやわくわくはけっこう大きく感じるかな、でも、強い、過去の感情の再現のほうが声が大きくて、しかもその過去の感情って体やら心やらひっぱるから(霊みたいですね)、どうしてもそっちが本物の(「いまここ」の)感情だと思って人間はそれに従って動いちゃうんだな。

話戻すと、過去の感情は、最初にそれが発生したときは、ほんとは成し遂げたかったことがあったんでした。
それは実際に「成し遂げたかった」ことも含むんですが、ここでも実はカギは、
「意識がその感情(感覚)に気づいてそれを基準にして動いたり動かなかったりしていたら、それで目的を果たしたハズだった」
ということなんですな。

でも、意識のほうは気づかないから。
ここも訓練していくといいと思います。
「いまここ」にわく、小さな、感覚に、チューニングを合わせてみるんです。

ただ、それをするには、再現される過去の感情を成仏させてあげなくてはなりません。
どうするんでしたっけ、そう、「認識してあげる」んでしたね。
「あ~私こんなに悲しんでたんだ、怒ってたんだ」
とかね。
「そっか~、今まで気づかなくてごめんね」

これはホ・オポノポノのウニヒピリの話と似ていますね。
ウニヒピリは潜在意識なので。
確かに同じことです。
「あ~私こんなに悲しんでたんだ、怒ってたんだ。そっか~、今まで気づかなくてごめんね」

へんな話みたいですが、強い感情ほど、心の奥底では否定しています。
心の奥底で否定していなけりゃ、そもそも、そんなに強くなって何度も何度も意識(あなた)に訴えかけはしないはずなので、そう考えると、この話は筋が通っているのです。

認識してもらったら、認めてもらったら、つまり、否定されなかったら、じゃあ次はこうしよう、とすんなり動けますよね。

けど、人間は、心の奥底で、自分自身の感覚、感情にすらOKを出していないことが多いんです。

何事もまず自分自身から。
認識できないかも知れないけど、再現される強い過去の感情は、奥底で否定しているから「気づいてくれえええ」とより大きくなって感じる。

だから、否定してることなんてない、と思っても、試しに、何か強い感情がわいたとき、
「そっか、そう感じていたんだ、今まで受け入れてあげなくてごめんね」
と思ってあげたり言ってあげたりして、潜在意識のほうが納得すれば、
「あ、認識してくれたぞ」
とその強い感情の再現は終ります。

通常強い感情がわくと人間はそっちに引っ張られるので、案外、この、
「あ、私○○と感じているんだな、今まで気づかなくてごめん」
と思うのは難しいです。
が、そこで、感情に流される衝動と戦う、もしくはその衝動から自分自身を引き離して、
「そっか、そう感じていたいんだ」
と思ってあげる。

ここが訓練のしどころですね。

毎回同じようなことを書いているんですが(違う角度から)、ひとりでいろいろ解消する場合は、とにかくまずこの、自分が何を感じているかをきちんと意識で認識してあげる、ということが重要なために、気づいたら何度も書いちゃってるのさ~。

[PR]
by 6ssorelativo | 2015-04-27 18:34 | ACR(アクセス・コード・リーディング)
何か、最後のへんで、
流儀なんて関係ない、心通じる瞬間があったらそれでええんや(DIRさん関係だとメンバーのほとんどが関西人だけにえせ関西弁になる。)
とかいう言葉が浮んで。


京くんに続いて薫さんが花道来たときのことは忘れへんでー。
京くんから笑顔引き出しやがって、薫め。
(京くんはライヴ中はほとんど笑わん、最近、最後のほうになるとちょっと笑顔見せるようになった。)

まああと、"朔"のときとかね。
自分、あ、席がさ、花道近くだったの、だから、薫さん来る! ってときの自分のテンションの上がり具合からして、わしふつーに薫さん大好きやんwww

何かもう照れくさくて薫さんの顔見られん、ってのは前からあるけど、近く来たら見るもんやなw


"トウ声(漢字が出ん)"、ダイさんアツすぎだろ、京くん毎回感極まるし。
「聞える昨日の叫びが」
という歌詞、何となく、最後、聞えない昨日の叫び、と京くん言うんじゃないかと思ってたら、ほんと「聞えない」と言って、だって、歌から伝わるのは、「昨日の叫びが聞えない」というもどかしさだったから。

"Un Deux"って、絶対原曲ダイさんだと思ってたんだけど(何かきらきらしてるからw)、薫さん?
てか薫さんのアルペジオとかって何か幾何学的なんだよね、"Un Deux"はそうでもないフレーズを薫さんが弾いておって、あれ、これ薫さん? と。

しかし"懐春"のソロはやっぱダイさんだったね。
エモーショナルすぎですよ、もう最近CDで聞くときもこの部分くると悶えてるw

今日はダイさん祭りみたいにダイさんの名前出てくるなw
脳内ではいちおういつも薫さん祭りなんだがw

ところでシンヤさんのドラムさばきは美しすぎるね。
彼のドラミングもまた数学的と言うか。

トシヤさんのありかたは数学的じゃない。
ベースの音色でそう思うのかもだが。

京くんは、そうだな、ただ、在って、そのときやりたいことにすべて注いで、で、客から同じような在り方を引き出すという、そういう意味でわし彼をライヴで見るのは毎回セラピーみたいなとこがある。

てかいきなり"朔"はあかんやろw
本編ずっと新曲ばっかだったし(しかし後半に行くにつれて盛り上がってくの、さすがだな)、アンコールと思ったらいきなり"Red Soil"くるし、ちょっと慣れん流れだったところに、"朔"を。

ああ~。

って明日と明後日もDIRさんです。
名古屋。

あ、そう言えば金沢に行くとき、DIR EN GREYカッティングを貼った車があって、めっちゃテンション上がったな。
わしのにもつけておけばよかった。

どうでもいいがDIR EN GREYファンの友達はひとりもいません。
(友達は全然作ってない。)
世代がかなり違うというのもあるしね。
でも彼女ら、彼ら、的確に見ている感じがするよ、バンドを。

[PR]
by 6ssorelativo | 2015-04-27 10:43 | 音楽

DIR EN GREY 金沢公演

高速はおっそろしかったので明日は下道で帰る。

DIR EN GREYは花道近くて薫さん二回も来るしwww
京くんも来てたときはあまりにスペシャルなこと起こったしwww まったく薫め、ですよ。

帰ったら気が向いたら久々に感想書く。

まあなんにせよ幸せすぎたね、朔とか朔とか朔とか。

はあ~(*´ω`*)
[PR]
by 6ssorelativo | 2015-04-25 21:39 | 音楽

DIRさん北陸遠征出発前

さてさて、リハビリも兼ねまして、北陸までひとりで車で行きます。
リハビリってか、こんなこと今までしたことないんですがww

高速は苦手だけど、まあ、慣れればいいだろう、とも。

いずれにせよ、これを実行する、と思うとすごくわくわくするので、スピリチュアル的意味でも、行ったらいいじゃない、という感じで。

まあメインのDIRさんは10列目薫さん側だしこっちも今からにやにやにやにやしちゃうんですが。
薫さん側なのに薫さんが(照れて)見られない悪寒が。
(薫さん側になること多いんだが、気づけば京くんとかトシヤさん見てる。ってそれは彼らのほうが目立つ(ry)

今回は"鱗"と"Behind a Vacant Image"、お願いしますよ!


金沢に行くと決めたのは、実は加賀友禅とか、加賀の工芸にわたくし惚れ込んでおりまして、そのへんをついでに見たい、と思って決めたんだけど、ほぼGW入ってるし、人ごみ苦手だし、チケット取ったときは北陸新幹線開通の件も知らんかったし、ちょっとまあこっちの目的は今回いいかな、とは思っとります、でも加賀友禅だけは見に行こう。

そんな感じの北陸遠征なのであります。

[PR]
by 6ssorelativo | 2015-04-25 08:26 | 音楽
人間関係の難しいとこと言いますか、無意識、本音のとこでしかほんとは会話してないってとこだよね。

今ちょっと想像してみたんですけど、たとえば、男性が女性を追い掛けるほうのシチュエーションとかで、相手がどういう意図かってのは、女性(男性も)、わかっちゃうものだよね。

何か怖いときって、
あなたがいないと自分はだめになる
みたいなしがみつき的意図があるときで、そういうとき、どんなに口で
ふたりで幸せになろう
とか言っても、無意識のところの本音が相手には伝わりますから、怖くて結局女性は逃げてしまいます。
(これ男女逆にしても同じね。)

本音。
怖いよね~。

だって本人でさえ本音なんてわかってないからねえ。

恋愛にしても夢にしても、必死に追い掛ける場合、本音がどうかで結果がずいぶん変ってしまうと思います。

どっかで、この夢がだめになったら自分はだめになってしまう、みたいな恐れがあると、結局この夢は叶わなかったり、叶ってもまた次の「これがないと自分はだめになる」を見つけてきて、そっちをこんどは追い掛けるとか、それは、基本的な心の姿勢が「○○がないと自分はだめだ」だから、夢の内容が変っても何か同じようなことを繰り返すことになるんだよねえ。

女性は恋愛なんかでよくわかると思うが、どんなに、しがみつき的でない、すがりつき的でない、と頭では思っていても、心の姿勢のところで、あれ~、ほんとはこれしがみつきだよね、いやでもそうじゃないんだ、とか、必死に本音をかき消すけども、結局は相手には本音が通じてしまうので、相手は怖くなってきてしまう。

ただ、すごく必死なときでも、私よく「純粋エネルギー」って呼んでるんですけど、そう呼べるくらいのレベルまで、
んもう、何がどうなってもいいんだ、自分はともかくこの夢を実現させるんだ
って、(その夢を叶える)純粋エネルギー、にまでもう自分自身が化している、なんてところまで行っていると、必死なことも叶ったりする、まあ、けっこう忘れたころに。

この、忘れたころに、って何なんでしょうね。
気持としては、必死なときに叶ってほしいよねw
けど、必死なときってやっぱ夢でも人間でも、どっか怖いんだと思います。
この夢かなえないと死んじゃうかも、という感じのありかたを見ると。

でもね、これを読んで、自分の本音はどうだろう、と気になるかも知れないし、そうなったら一度、勇気を出して、自分の本音を教えてくださいって、自分にお願いして、そしたら、あるときふっとある気持ちがわく、とか、恐れが本音の主なら、何か想像したとき、怖くてたまらないとか、何か、教えてくれますから。

この、怖くてたまらないって、さっきから書いてるような、
「○○がないと自分はだめになる」
ってところと関係してるけど(もっと違う言葉で表現される場合もあります)、この恐れって、つきつめると「命がなくなる恐れ」なんだよね、もう死んじゃう感じなの。
だから、すごおおく怖くなる、という。

で、そういうときなんだけども、ここで目標を恋愛をうまくいかせる、とか、夢を叶えるとかにもっていくと、いや、練習のつもり、とか思えるならば、実践訓練をどんどん積んでいけばいいんだけど、恐れが感情の主だな、と思ったら、
「あ~、自分は○○がないとすごおおく怖いんだな、死んじゃう、くらいに奥底では思ってるんだな」
と思ってあげてください。

この、死んじゃう、ってのは、両親との関係で学んだことからきています。
たとえば自分の言いたいことを言うのが怖い、ってのは、親に言いたいことを言ったらごはんくれなくなるんじゃないか(育ててくれなくなるんじゃないか)とか、そう思ってしまったときがあるからなんですよね。

この、死んじゃう、ってのは、すごく強い恐れなので、たいがいの場合は引っ張られます。
けど、最初は引っ張られていいんです。

自分が、すごおおく何かを怖がっているとわかったら、わかっただけでもしめたものです、あ、自分はこうなったらすごおおく怖いんだな、そうか、と自分に寄り添うところから、次のステップとしては、怖い、んだけど、でも今はこれをしたらお母さんごはんくれなくなるんじゃないかとか、ないよね、だって自分自活してるんだもの、とか、現状の自分を冷静に見て、感じる恐れが実現することはまずないということを頭で理解します。

(これはひとりでやれる方法を書いています。セッションではこの恐れ自体を扱って、それを本来のエネルギーに戻していきます)

ひとりでやる場合は、繰り返し、訓練、がとても重要になってきます。
最初はできなくて当り前。
何度も恐れを実感したり落ち込んだりしながら、でも、トライしてみるんです、
「そうか、怖いんだ、でも、この恐れはまず実現しないらしいよ?」
と、自分への語りかけをね。

すべての始まりは自分への語りかけです。
自分が自分と対話しなくなったら、心をどうにかするもありません。

で、この恐れは事実ではないかも知れない、と何となくわかってきたら、まあ通常はそこで放っておきます。
潜在意識まで届いていると、実際に状況が変ってきます。
それで、自分のトライが潜在意識まで届いているか判断できます。

そっから、夢を叶えよう、恋を叶えようとしてみてください。
以前とは違うようにそれらが見えていると思う。
この時点では未知なのでいろいろ怖い、けど、それは、ちょっとどきどきを伴った怖さかも知れません。
これ失敗したら自分はだめだ、あの人にふられたらもう自分はだめだ、そういう、しがみつき的恐れではありません。

そうそう、しがみついてるかどうか、も観察ポイントのひとつです。
なかなか人間、自分が誰かにしがみついてるなんて認めたくないから、なかなか本音には辿り着けないかも知れないけど。
勇気があったら、あれ、自分、あの人にしがみついてるのかもな、と思ってみてください。
そうだ! とわかるか、すごおくいやあな気持ちがしたら、はい、しがみついている可能性は高いです。


恐れ、が根底にないと、いろいろとうまくいきます。
でも練習はいつも必要だから。
失敗はただ何かを教えてくれているサインなんで、失敗しながら、あ、自分ってこういうときこう感じるんだ、と観察して、寄り添って、幸せになるためのいろいろな練習を積んでいってくださいね。

[PR]
by 6ssorelativo | 2015-04-24 16:37 | ACR(アクセス・コード・リーディング)
メールカウンセリングの感想を、ご本人の許可を得て掲載いたします。

メールとはいえ、こちらの気持ちに寄り添い、話しを聞いていただけて、気持ちが楽になりました。
具体的なアドバイスについては、もう少し時間が経ってから、効果があったかわかると思います。
丁寧なカウンセリング、ありがとうございました。



こちらこそ、ありがとうございました。

メールカウンセリングの料金については後日告知いたします。

あと、4/26(日)午前あるいは昼一のACRセッション金沢遠征、明日25日17時まで募集しております。

その他のセッションも随時受け付けております。

メールはこちら
kreutaer_aあっとnifty.com
happyclarisあっとgmail.com
お急ぎの場合は後者のアドレスへ



[PR]
by 6ssorelativo | 2015-04-24 08:51 | ACR(アクセス・コード・リーディング)
昔買った、浅見帆帆子さんの「あなたは絶対! 運がいい2」をまた読んでみました。

この本はいい!!!

引き寄せ関連としてはたぶん基本なところなんでしょうけど、個々の項目がしっかり書かれているので自然と頭と心に入ってきます。

夢の実現、に焦点が置かれてはいますが、軽やかに生きる方法論としても有用に読めると思います。

昔読んだときは夢とかに必死だったので逆に気後れしてしまったのかもです、読んでいて。

今は夢らしい夢もなく、何となくこうなったらいいな、というのはあるけど、まあそのうちかなうだろう、くらいな意気込み(意気込みですらない)なんで、ほお~、へえ~、って感じで。

で、昨日読了して、今日思ったのは、自分で世界一恵まれてるわ、くらいに思い込んで過ごしてみようかしら、とw

世界一はイコール何つうか世界アベレージでもあり。

つか、いろいろあっても、それらが自分にとっては最善だったんだろうな~、という感じにもなり。

目下の私の一番の悩みは太っていることですがw、でも、その太っているのも、何か必要があってこの道のりになったんだろうし、目下の状況でできることを楽しくやってればいいんじゃないかと。

何か論理的に話がつながらないんですが、まあともかく、潜在意識のしくみがとてもわかりやすく書かれている本ですので、それ系の本としても、引き寄せ系としても、人生の方法論としても、お勧めです。


ところでこの本に出てくる、自分からマイナスの波動を出すとマイナスなものが引き寄せられる、という件なんですが、波動とかわしはよくわからんですが、しかし、確かにな~。
もし、これが本当だとするなら、つまらんことでいらいらしていてさらにいらいらする事態を引き寄せたら、何かアホらしいな~と、以前読んだときより何つうか心に入ってきた感じで納得して。

つまらんことではないことはむりに
「このいらいらいをかき消そう」
とかするとよけいいらいらが……てかこれは小さなことでも一緒か、つまりさ、
「いらいらいいかん、かき消そう!」
とかだといらいらは増幅するんで(むりに消そうとするのでいらいら氏は
「無視せんでや(こんな関西弁あるのか)」
と主張を続けるわけですね。

けど、あ、いらいらする、いらいらするけれども、これでよけいいらいらいすること起きたらバカらし~、てな感じの感情のコントロール?だと、いらいら氏も
「いらいらしてることは認めてもらったわい」
と納得してくれ、役割を終えて消えてくれる可能性が高くなり。


何か何書いてるかわからなくなってきたので終ります。

あ、朝書いた、26日の金沢遠征の件、午前中か昼一枠、クライアントさん引き続き募集中です。
DIR EN GREYで行くんですが、そういやこれも遠征やないか! セッションも翌日ならできるやないか! と今朝やっと気づいたので告知おそうなりました、気が向いたら、ぜひ。

メールは
kreutzer_aあっとnifty.com
です


[PR]
by 6ssorelativo | 2015-04-23 18:51 |

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo