<   2015年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

社会がどうであろうと

今日は潜在意識を変えて幸せになろう、というお話です。
 
 
いきなりですが、
日本社会は確かに女性が生き辛い社会だと私は感じます。
(女性が生き辛かったら男性も生き辛いのが必至ですが、
それは今置いておいて。)


でも、なかには、

「え、別に生き辛い社会って思ってないけど」

という女性もいますよね?

何かあんまり世の中の傾向には目が行ってなくて、
自分の周囲の状態で「生き辛くない」と判断している人。


それがいけないということでなく、むしろ、
男性不信気味のかたには、ここを目指してほしいのです。

もちろんほかにも目指せるところはあるんですが、
今日はこういった女性についてお話しますね♪


彼女たちだって、頭では社会がいまだ男尊女卑であることは
知っていると思います。


でも幸せそうなんですね。


それは彼女たちの潜在意識が

「社会がどうであろうと私自身は幸せだし」

というふうになっているからなんです。


男性関係に限って言ったら、
日本社会は女性へのリスペクトに欠けるかも知れない、けれども、

「私の周りには自分をていねいに扱ってくれる男性しかいない」

と潜在意識がなっているんですね。


こんなふうになれたら、圧倒的にラクだと思いませんか?


そうなれるためにおひとりでできることの提案は、
もし社会への怒りが強いならば、

「社会は確かによくないかも」

と認めたうえで、

「でも自分は何を望んでいるのか」

を書き出してみるといいと思います。


社会がへんだからって自分も不幸でいる必要はないんです。


「でも社会と個人は切っても切り離せない…」

それは確かにそうです。


しかし、社会がどうであろうが、個人の潜在意識のありかたが、
その人が生きるリアルな世界を決めます。


もし社会が集合意識の反映だとすれば、
確かに、この社会では、
女性ということでいろいろ諦めている人が多いかも知れません。


けれど、そのなかで、「あなたは」どうするかです。


ご自分が本当に望んでいることは何でしょう?
特に男性に求めていることは何でしょうか?


諦めずに、書き出してみましょう^^
  

■■無料メルマガやってます■■
かつて男性に強い怒りを持ちながら、
カウンセリング手法を学ぶ過程で
今の夫と出会い結婚まで至った著者が、
男性不信、男性恐怖克服についてや、
望む未来を手に入れるコツなどを
ブログよりも先に配信します♪
 
購読希望のかたは、
http://www.reservestock.jp/subscribe/37215
にてお申込みくださいませ♪
  
■■セッションの予約フォームができました■■
(今まで通り私に直接ご連絡いただいてもご予約できます。
nqa13395あっとnifty.com)
 
ご予約ご希望のかたは
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9238
にてお申込みくださいませ♪
 
予約の際の不明点がありましたら、
こちらのフォームからお問い合わせいただけます。 
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/10788


[PR]
by 6ssorelativo | 2015-09-21 16:35 | 男性苦手でも幸せ

もめごとを回避する方法

今日は通常の心の話です。
 
 
他者ともめない方法をお伝えします^^
 
 
さて。
 
もめごとが発生するときというのは、
人間はどういう状態なのでしょうか。
 
それは、たとえば二人の人がいて、
互いが地雷を踏まれた(と感じた)状態で、
感情や思考に引きずられてしまったときに発生します。
 
 
しかし、もし片方がそういう状態に入らないと、
もめごとになりません。
 
つまり、かたっぽだけカーッとなっていて、
もう片方は冷静なとき、ですね。
 
 
冷静、と言うと簡単そうなんですけど、
通常、相手が地雷踏まれた状態(トラウマに入った状態)に入ると、
こちらも同じようにトラウマに入る確率が高いです。
 
(ACRではトラウマは深いものばかりでなく
小さくても過去の傷全般を指します)
 
傷には傷で応戦する、みたいな言い合いになるんですね。
 
 
人は互いに鏡、というのはよく聞くと思いますが、
相手がトラウマに入ってしまうと、
暗に(潜在意識上で)
 
「あなたがこんなに私を傷つけた」
 
みたいなメッセージが出てきますから、
それをぶつけられたこちらも、
 
「こっちだって今傷ついているんだ」
 
みたいなことが、潜在意識で起きます。
 
 
潜在意識同士が戦っていますから、表面でももめます。
 
 
もめる、って、こういうメカニズムになっていて、
回避したいならば、相手が潜在意識で傷をぶつけてきても、
こちらは傷で応戦しないことです。
 
(それには常に一歩退いて自分を観察していることが
重要になってきます)
 
 
相手を観察して、謝るところは謝って、
多くは語らず、相手の出かたを待ちます。
 
 
こちらがカーッとならないと、
たいがい相手が落ち着いてきて、
相手から謝ってくることさえあります。
 
 
以上、もめごとをもめごとにしないコツでした♪
 
 
■■無料メルマガやってます■■
かつて男性に強い怒りを持ちながら、
カウンセリング手法を学ぶ過程で
今の夫と出会い結婚まで至った著者が、
男性不信、男性恐怖克服についてや、
望む未来を手に入れるコツなどを
ブログよりも先に配信します♪
読者様優先オファーもあります。


購読希望のかたは、
http://www.reservestock.jp/subscribe/37215
にてお申込みくださいませ♪
  
■■セッションの予約フォームができました■■
(今まで通り私に直接ご連絡いただいてもご予約できます。
nqa13395あっとnifty.com)
 
ご予約ご希望のかたは
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9238
にてお申込みくださいませ♪
 
予約の際の不明点がありましたら、
こちらのフォームからお問い合わせいただけます。 
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/10788


[PR]
by 6ssorelativo | 2015-09-20 11:37 | ACR(アクセス・コード・リーディング)

この感覚、どうする?

今日は、あることで自分の恐れを知ることができて、
さてそれをどうするかな、と思案中です。
 
 
みなさんにもあるかも知れません、
と言うか誰でもあるかな、
人からダメ出しされることへの恐れ。
 
 
実際は、ダメ出しをされたわけではありません。
 
 
ただ、
今後仕事で進んでいくうえで、
チャレンジのなかに
 
「自分の文章を添削していただく」
 
ということが起る可能性があって、
しかしそれを想像すると胸がしめつけられるような
感じがあり。
 
 
これこそ、ACRなどで言う
 
「感覚(フェルトセンス)」
 
で、そうそう、セッションなんかでも、
 
「そのことを考えてるとき、体に感覚はありますか?」
 
とよく訊きますよね。
それのことです。
 
 
今回は私は
 
「添削されることを想像すると
胸がしめつけられるような感じがする」
 
というフェルトセンスが出たわけです。
 
 
で、さて、これ、どうしようかな、ということですね。
 
 
放置もできます。
誰かにセッションやセラピーをお願いすることもできます。
しばらく観察することもできます。
この感覚が何を教えてくれているか書き出すこともできます。
 
 
という対処はですね、誰でもできますから、
もしあなたが何らかの体の感覚に気づいたときは、
上記のような対処をすることができます♪
 
 
さて、私はどうしようか?
ちょっと観察して、たぶん誰かにセッションをお願いすると
思います。
(誰かってたぶんキャシーさんだけれど(笑))
 
胸をしめつけられる感じは不快なものだけど、
でも、今日はまたひとつ自分のことが知れたという意味でも
とてもよい一日でした^^
 
 
■■無料メルマガやってます■■
かつて男性に強い怒りを持ちながら、
カウンセリング手法を学ぶ過程で
今の夫と出会い結婚まで至った著者が、
男性不信、男性恐怖克服についてや、
望む未来を手に入れるコツなどを
ブログよりも先に配信します♪
読者様優先オファーもあります。


購読希望のかたは、
http://www.reservestock.jp/subscribe/37215
にてお申込みくださいませ♪
  
■■セッションの予約フォームができました■■
(今まで通り私に直接ご連絡いただいてもご予約できます。
nqa13395あっとnifty.com)
 
ご予約ご希望のかたは
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9238
にてお申込みくださいませ♪
 
予約の際の不明点がありましたら、
こちらのフォームからお問い合わせいただけます。 
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/10788


[PR]
by 6ssorelativo | 2015-09-18 20:02 | ACR(アクセス・コード・リーディング)

こんばんは。
  
クライアントさんのご希望で、
「悩みをゆるく語り合う会@名古屋」
を開催しようと目論む優です。
 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 
女性で、男性が生理的にいやだ、と感じるかたも、
いらっしゃるかと思います。
 
で、そう感じることに罪悪感を感じるかたも。
 
まずは、そう感じる自分を許しましょう。
 
あるいは、そんなこと感じちゃいけない、
と罪悪感を持つ自分も許しましょう。
 
 
で、男性が生理的にだめ、なんですが、
まあ、いろんな理由で、
そういうときもあると思います。
 
これってほんとは男女逆にしてもそうなのですが
(男性の場合「女性が怖い」になります)、
自分と異質のものにどう反応するかについて、
案外人間は戸惑っているものです。
 
それで怖いとか気持ち悪いとか嫌いとか
感覚に名前をつけるわけですが。
 
しかし女性の場合はどうしても女性性の性質上、
「受け入れる」というほうの感受性が強いために、
ただ男性を見ただけで受け入れないといけないような気がして、
それが負担になって、
「生理的にだめ」になることもあるかと思います。
 
とは言え、
男性を見ただけで受け入れないといけないような気がして、
というのは、表面では感じ取れないと思います。
 
たとえば、お父さんが好きでなくて、
でも受け入れないといけない、と思っていると、
男性全般を受け入れないといけないという気がして、
その反動で男性がいやになったりします。
 
男性観、を語るときは、父親との関係がどうしても出てきますが、
ACRの場合はもうちょっと違う視点をご提供します。
 
男性が嫌い、というお悩みでいらっしゃったとき、
「じゃあ女性のことはどう思っている?」
というふうに視点を変えると、意外な本音が見えてきます。
 
なので、意外ですが、男性との関係を改善するには、
自分の女性観や女性性を整理するほうが先、
という場合もあります。
 
人間の心ってほんとにおもしろいです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 
「悩みをゆるく語り合う会@名古屋」
ですが、ご興味おありのかたはご連絡くださいませ♪
10月中に一度開催する予定です。
 
(場所はカフェかファミレスか貸し会議室です。
費用は飲食代実費、貸し会議室の場合は
部屋のレンタル代を折半でご負担いただくことになります)
 
 
■■無料メルマガやってます■■
かつて男性に強い怒りを持ちながら、
カウンセリング手法を学ぶ過程で
今の夫と出会い結婚まで至った著者が、
男性不信、男性恐怖克服についてや、
望む未来を手に入れるコツなどを
ブログよりも先に配信します♪
読者様優先オファーもあります。


購読希望のかたは、
http://www.reservestock.jp/subscribe/37215
にてお申込みくださいませ♪
  
■■セッションの予約フォームができました■■
(今まで通り私に直接ご連絡いただいてもご予約できます。
nqa13395あっとnifty.com)
 
ご予約ご希望のかたは
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9238
にてお申込みくださいませ♪
 
予約の際の不明点がありましたら、
こちらのフォームからお問い合わせいただけます。 
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/10788



[PR]
by 6ssorelativo | 2015-09-17 15:52 | 男性苦手でも幸せ

こんなことで悩んでるのは自分だけかなあ?

誰かわかってくれると嬉しいなあ。


生きているといろいろありますよね^^


この会は、みなさんにお悩みを持ち寄っていただいて、

お茶でもしながらゆるく語り合おうぜ、という会です。

(ほかの参加者のかたの秘密は守ってあげてくださいね)


初開催なのでどんな人がくるか判らないところがまたいい!

(と主宰者は思っている、、、)


日程:10月中、2時間ていど

場所:未定(カフェかファミレスか貸し会議室)

参加費:カフェ、ファミレスの場合、飲食代実費

    貸し会議室の場合、1000円ていど(参加人数によります)


日程、場所などについては、みなさんのご希望を教えてください♪


あと、当方、いちおうカウンセラーですが、

求められなければ意見などははさみませんので、

お気軽にご参加ください。


ご興味おありのかたは、

nqa13395あっとnifty.com

までメールをくださいませ♪


[PR]
by 6ssorelativo | 2015-09-16 16:52 | 前へ進むということ

セッション後の振り戻し

ACRセッションを受けたあとのことなのですが。


まず、その日や翌日はだるかったり眠かったりする
かも知れません。


変化をいつ感じるかは人それぞれ、
あるいはセッションの内容にもよりますが、
ひとつ頭で覚えていてほしいのは、
振り戻しがある、ということです。


何日か、あるいは何週間か、
新しいありかたややりかたに変っていたところに、
トラブルが起きたり、あるいは自分自身、
変化やがんばっているのがくだらないものに思えたり
することがあって、そういうときは、潜在意識が、

「新しいやりかたはやっぱり怖いよ、まずいよ。
元に戻ろうよ」

と言っているときです。


潜在意識の役割は命を守ることで、
今までのやりかたで守れてきたのだから、
わざわざ新しい方法にする必要はない、
ということで、振り戻しに出てきます。


潜在意識が操るのは、あと、恐怖心です。
と言うか、潜在意識自体が変ることに恐怖を感じて
いて、このときも、元のありかたに振り戻されよう
としているときです。


こういうときは、恐怖心やくだらない、
という気持ちに抗わなくてもよいですが、
これは潜在意識のしかけてきていることだという
ことに頭で気づいて、そのうえで、
自分はどっちを選ぶのか、
冷静に考えてみるといいと思いますよ♪


今までの、なじんではいるけど苦しい方法のまま
いくのか、
新しい、なじんでいないので怖いけど、
自分の本質により合った方法でいくのか。


どっちを選んでも一番の選択ではあります、
人生はプロセスなので、
そのプロセスを信頼するならば、ですね。


しかし最終的なラクさを選ぶならば、
新しい方法を選択したほうがよいです。


さあ、人間、いつもほんとは選択の岐路にいます。


今まで通りの気持ちでいるか、
新たな気持ちを選択するか。


それはあなたがどういう人生を歩みたいかに
かかっています。


■■無料メルマガやってます■■
かつて男性に強い怒りを持ちながら、
カウンセリング手法を学ぶ過程で
今の夫と出会い結婚まで至った著者が、
男性不信、男性恐怖克服についてや、
望む未来を手に入れるコツなどを
ブログよりも先に配信します♪
読者様優先オファーもあります。


購読希望のかたは、
http://www.reservestock.jp/subscribe/37215
にてお申込みくださいませ♪
  
■■セッションの予約フォームができました■■
(今まで通り私に直接ご連絡いただいてもご予約できます。
nqa13395あっとnifty.com)
 
ご予約ご希望のかたは
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9238
にてお申込みくださいませ♪
 
予約の際の不明点がありましたら、
こちらのフォームからお問い合わせいただけます。 
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/10788


[PR]
by 6ssorelativo | 2015-09-16 11:26 | ACR(アクセス・コード・リーディング)

女性嫌悪?

これは私のケースなので
ほかの人に当てはまるかわかりませんが、
私の男性嫌悪は、自分自身が女性であることを憎悪する、
というのとセットでした。
 
もうほんとに女であるのがいやで、
社会的にもいやだと思ったし、
体の面でも、いろいろめんどくさすぎる、と感じていて、
ともかくいやでした。
 
あの日々はほんとに辛かった……。
 
特にPMS時期は最悪でした。
 
PMSの辛さはけっこうみなさんあるんじゃないかなーと
思います。
 
(私は結局PMSの治療のためにピルを選択しました。)
 
このことを思うと、
男性不信って個人のなかの男性性と女性性の不和、
という意味合いもあるような気がします。
 
生きやすさ、を目指すならば、
自分のなかの女性性と男性性の融和は欠かせないところです。
 
今はどうかと言うと、自分が女であることに対して、
特に何も思いません。
 
PMSを改善したのが大きかったかなー。
 
女であることを楽しめたほうが、
どう考えたって人生はラクですものねー。
 
人間てずいぶん無理ゲーな試練を選択するものですよね。
 
でもその試練にも必ず意味はあって。
 
いろいろと、今は辛いかも知れませんが、
ご自分か変ると強く決心するなら、必ず変っていけます♪
 
ちょっとずつ歩んでいきまっしょい。
  

■■無料メルマガやってます■■
かつて男性に強い怒りを持ちながら、
カウンセリング手法を学ぶ過程で
今の夫と出会い結婚まで至った著者が、
男性不信、男性恐怖克服についてや、
望む未来を手に入れるコツなどを
ブログよりも先に配信します♪
読者様優先オファーもあります。


購読希望のかたは、
http://www.reservestock.jp/subscribe/37215
にてお申込みくださいませ♪
  
■■セッションの予約フォームができました■■
(今まで通り私に直接ご連絡いただいてもご予約できます。
nqa13395あっとnifty.com)
 
ご予約ご希望のかたは
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9238
にてお申込みくださいませ♪
 
予約の際の不明点がありましたら、
こちらのフォームからお問い合わせいただけます。 
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/10788


[PR]
by 6ssorelativo | 2015-09-15 11:35 | 男性苦手でも幸せ

カウンセリング(男性不信克服、その他とも)料金ですが、
10000円(3回パックは29500円)で受けていただけるのは
あとお一人様となりました。
 
次から先着三名様12000円(3回パック35000円)となります。
 
今日は告知だけで失礼します! (`・ω・´)キリッ
 
 
■■無料メルマガやってます■■
かつて男性に強い怒りを持ちながら、
カウンセリング手法を学ぶ過程で
今の夫と出会い結婚まで至った著者が、
男性不信、男性恐怖克服についてや、
望む未来を手に入れるコツなどを
ブログよりも先に配信します♪
読者様優先オファーもあります。


購読希望のかたは、
http://www.reservestock.jp/subscribe/37215
にてお申込みくださいませ♪
  
■■セッションの予約フォームができました■■
(今まで通り私に直接ご連絡いただいてもご予約できます。
nqa13395あっとnifty.com)
 
ご予約ご希望のかたは
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9238
にてお申込みくださいませ♪
 
予約の際の不明点がありましたら、
こちらのフォームからお問い合わせいただけます。 
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/10788


[PR]
by 6ssorelativo | 2015-09-14 12:34 | ACR(アクセス・コード・リーディング)

日本社会への小さな回答

昨日の、目と目の間の距離の話です。
 
パーソノロジー的には、
ヨーロッパ人のほうが狭くてより厳しく、
東アジア人のほうが広くておおらか、
というお話をしました。
 
 
ってことは、日本人って元来はおおらかなんですよねえ?
 
 
でも今の社会見ると真逆で、
多くの人が生き辛さを感じています。
 
 
こっからは持論と、昨日のクイズ?の解答です。
 
 
まず、社会がこんなんで、みんなが苦しそうな理由は、
何だか規則とかぎちぎちしていて
本来のおおらかさが全然発揮できないからなんではないかと。
 
 
おおらかな人はおおらかでいられないととても苦しい、
とキャシーさんがおっしゃっていまして。
 
 
で、みんな、自分がおおらかでいられないから、
他者もしばろうとするのかなと。
 
日本社会に関する疑問がひとつ解けた気分です。
 
 
もうひとつの問題の答えですが、これも持論ですけど、
日本社会がおおらかでなくなった理由は、明治維新です。
 
 
ご存知のように、
当時の日本政府が手本にしたのは当時のドイツでした。
 
 
当時のヨーロッパはまだ今のように
多様性を認めるような社会ではありませんでした。

(また、男尊女卑も当時の日本よりひどかったようです、
でそれが日本に移ってきたという説も聞きます)
 
 
そういうヨーロッパ、ドイツを手本にしたはいいが、
それが全然日本人に合っていなかった。
 
その弊害が今マックスになっているような気がします。
 
 
ですので、今私たちができることと言えば、
自分たちのおおらかさを許して、
で、できれば、不寛容な人たちも認めることかなあ
と思います。
(矛盾してるみたいですけどね)
 
 
ちなみに今は西洋の方がおおらかっぽいのは、
彼らが東洋をかなり研究したからだと考えています。
 
多様性が重要だというところに行きついた点で、
私は彼らを尊敬しています。
 
(まあ今は移民問題でまた様相が変ってきていますが。)
 
そんなわけで、目と目の距離の話でした。
 
 
■■無料メルマガやってます■■
かつて男性に強い怒りを持ちながら、
カウンセリング手法を学ぶ過程で
今の夫と出会い結婚まで至った著者が、
男性不信、男性恐怖克服についてや、
望む未来を手に入れるコツなどを
ブログよりも先に配信します♪
読者様優先オファーもあります。

購読希望のかたは、
http://www.reservestock.jp/subscribe/37215
にてお申込みくださいませ♪
  
■■セッションの予約フォームができました■■
(今まで通り私に直接ご連絡いただいてもご予約できます。
nqa13395あっとnifty.com)
 
ご予約ご希望のかたは
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9238
にてお申込みくださいませ♪
 
予約の際の不明点がありましたら、
こちらのフォームからお問い合わせいただけます。 
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/10788


[PR]
by 6ssorelativo | 2015-09-13 14:11 | ACR(アクセス・コード・リーディング)

ちょっと今回は私の持論が入っちゃってる話なんですが。
 
 
キャシー天野さんがご専門にされていることに、
パーソノロジー、日本語で言えば人相学、
みたいなものがあります。
 
 
たとえば目と目の距離とか。
あごの形とか。
目と眉毛の距離とか。
 
そういうので、その人の傾向がわかってしまうという。
 
 
ご興味おありのかたは、
キャシーさんにリクエストなさるといいと思います、
パーソノロジーのセミナー開催してね! と。
 
 
それはそうと、目と目の距離なんですがね。
 
これ、東アジア人とヨーロッパ人で、
どっちが広いと思います?
 
 
ご想像通り、東アジア人のほうが広いです。
 
 
で、目と目の間が広いのと狭いのでは、
どっちが厳しい人に見えますか?
 
私たちは普段東アジア人でもいろんな人を見てるので、
潜在意識にひょっとすると
 
「広くて厳しい人がいた!」
 
と入っている場合もありますが、
通常はですね、目と目の間が狭い、
ヨーロッパ人のほうが厳しく見え、
実際、おおらかさに欠ける、んです。
(もちろん個人差がある)
 
 
ちょっと、現代の感じとは反対になってますよね。
 
現代は、何か、たとえば東アジア人を日本人とすると、
日本人(の多く)のほうが圧倒的に視野が狭くて、厳しくて、
ヨーロッパ人(の多く)のほうがおおらかに見える。
(たとえばフレンドリーさとか。
でも、彼らのフレンドリーさって、
礼儀のひとつでもあるんですよね。)
 
 
何かすでにけっこう長くなってきた。
 
 
続きは明日にしようと思いますが、
ちょっと問題です。
 
 
日本人が視野が狭くて、厳しくて、
となった理由は、歴史的になぜだと思いますか?
 
 
そして、なぜ今の日本社会で苦しんでいる日本人が
多いのでしょう?
(こちらのヒントは、「東アジア人は本来おおらかである」
という点です)


■■無料メルマガやってます■■
かつて男性に強い怒りを持ちながら、
カウンセリング手法を学ぶ過程で
今の夫と出会い結婚まで至った著者が、
男性不信、男性恐怖克服についてや、
望む未来を手に入れるコツなどを
ブログよりも先に配信します♪

購読希望のかたは、
http://www.reservestock.jp/subscribe/37215
にてお申込みくださいませ♪
  
■■セッションの予約フォームができました■■
(今まで通り私に直接ご連絡いただいてもご予約できます。
nqa13395あっとnifty.com
 
ご予約ご希望のかたは
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9238
にてお申込みくださいませ♪
 
予約の際の不明点がありましたら、
こちらのフォームからお問い合わせいただけます。 
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/10788


[PR]
by 6ssorelativo | 2015-09-12 12:53 | ACR(アクセス・コード・リーディング)

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo