今朝あることに気づいてひとりで「うおー」と言っていたというどうでもいい話。
 
わたしゃドイツ語は高校のとき独学で挫折、大学で第二外国語でとってまったく記憶にないがいちおー単位は取ったらしいが何も身についておらず、その後も一度トライしたがだいたい分離動詞のへんでやんなってやめる。
 
だから(日本語か英語のできる)ドイツ人と知り合うと
「ドイツ語に三回トライしたが毎回だめだったってドイツ語でどうやって言うんだ」
と訊いてちょっと笑いをとるということを始めたんだよ! 
 
まあそんなことはいいんですけど、去年ドイツに行ってみて、英語の単語をドイツ語に置き換えるだけ、みたいなごく簡単な文章なら通じる、というのが面白くなって、かつ、英語とドイツ語の中間みたいなスウェーデン語をかじっていたことから、何かドイツ語も昔ほど「判らん!」って抵抗感がなくなっていたので、またドイツ語を概観してみようと思ってちょっとやってた。
 
んだけど、ドイツ語に限った話かちょっと定かじゃないんだけど、私、言語学習をがんばろう、と思って、やるじゃない、そうすっと、翌日目覚めたとき体が文字通り鉛のようで、かちこちに固まっていて、あるいはめまいがしたり、体は全力で
やだ!
と言ってるのが判るんだよね
 
それでやめちゃうんだけど
 
けど、そうは言っても、イタリア語はやってたし、スウェーデン語も2、3か月やってたわけだし、そういうころはそういう悩みはなかったので、言語学習イコール体が拒否する、ということでもないと思うんだ
 
 
で、今朝あることに気づいて
wwwww
となってたんだけど、私がちょっときちんとやった言語は英語とイタリア語とスウェーデン語なんです
(ちょっと今印欧言語以外は置いておく。と言うのは私はやっぱり比較言語学とか、いや、言語学ってか、ただ、「○○語のこの単語と××語のこの単語は似てる、うふふ」とか思う、というのが一番うれしい趣味らしいので)
 
このことを、「大陸ヨーロッパ」という視点で読み解くと、ちょと
www
となる
 
今朝何を発見したかと言うと、
 
イギリス(まあアメリカも可)
イタリア
スウェーデン
 
地図を思い浮かべてくださいよ、見事に「大陸ヨーロッパ」ってのを回避してんだよね
 
そらイタリアもスウェーデンもいちおー大陸だけどさ、両方半島じゃん
 
つかめっちゃ大陸ヨーロッパのメイン地域を迂回しながら様子見してる、みたいなステップだしww
(イギリス→イタリア→スウェーデン)
 
だからなんだ、って感じだと思いますが、自分的には、大陸ヨーロッパの中心のほう忌避、って意味なんじゃないかと感じます
(あくまでも私のなかで)
 
自分的にはかなり「うおおおお」となった発見でした
 
それだけです
最近人生楽しいです
さようなら
 
[PR]
by 6ssorelativo | 2012-01-15 00:44 | 言語

ドイツ人が親切だった話

何を書こう
 
そういや今日は朝(昼)からずっと、
どーせ起きているときの出来事もまたすべて夢なのだとしたら、やっぱ見たい夢見てたいよなあ、
というようなことを思っていましたが
 
ただ、それにはコツがいる、ってのが現象界のたいへんめんどくさいとこであって……
って、現象界はめんどくさい、と思ってるからめんどくさくなるのかも知れないねw
 
 
何にせよ私はめんどくさいことが大嫌いだ
むりです、めんどくさいことをやるのはw

で、何がめんどくさいかって言うと、まあ、私がめんどくさいと感じることがめんどくさいことです
当り前だが
 
たぶん、やっても楽しくないだろうな、ってことはめんどくさいこと、かな?
たとえばいまだ料理をはじめとする家事全般は、はっきり言って楽しくない
 
ほんとは楽しいんだろうけどね
結果が出るとか出ないとかに拘泥してもしなくても、たぶん楽しいはずなんだけど
結果が出ても出なくても何か楽しいと思えない
家事の過程そのものが嫌いなんだよね

(別に悩んでいるわけではありません、ただ思っていることを書いているだけ。)
 
 
さてそれはさておき、断片的に……ドイツの人はみんな親切でした
(いきなりドイツ遠征の話)
 
書いたことあるか忘れましたが、私が西洋の人が苦手な理由は、こっちが何か言おうとしていると、顔をしかめるのです
ほんと、この確率は高かった(かつては)
びっくりするほどみんな、私と話すと一度はそういう顔をするのです
(妄想ではない)
 
で、西洋人のあの表情は、
判りにくいことを言っている相手のことを理解しようとする、
という意味なのだというのも判るのだけれども、
いちいちあの顔をされると、やっぱ怖くなる
 
あ、でもさすがに、好きなバンドの人たちはそんなことなかったな
やっぱこっちはファンなので彼らも最初から優しい気持ちであろうとするのでしょう!
 
それはともかく、2009年のウィーン~ローマ遠征でも「顔しかめられ率」が高くて参っていました、ほんとはね
 
で、ドイツ
ってか、ドイツに行くころには、自分でもうはっきりと判っていたので
「自分が」、相手のそういう表情を望んでいたのです
これはすべてにおいてそうですが
 
(ただこういう「すべては自分が呼んでいる」系の話は、犯罪被害などには当てはめる必要はありません。犯罪被害に関しては、別の取り組みかたがあると思う、でも専門家でないので軽々しくは書けない。でも、ともかく、犯罪被害に関しては、「すべて自分が起している」みたいな考えは当てはめる必要はなく、むしろ、「こんな目に遭うような人間じゃねえよ自分は!」という強い反発のほうが重要だと思っている。)
 
話それましたが、ともかく、結局は、自分のほうが、相手のことを怖いと思っていて、どーせこんなアジア人の言うことなんて耳傾けてくれないよなと思っていて、そうやって心が逃げているので私の口から出てくる発話も今いちはっきりしなくて、相手がイラっとくるんだろう、と
いうことが判っていたので、えい、もうそんな「現実」はいらないや、と
 
手放して、なるべくでかい声で、
「ともかく私はオレンジジュースが飲みたいのだ!(@飛行機)」
という気合を込め、「おれんじじゅーすぷりーず」と言ってみると、すごくふつーに物事が運んでいった
 
「何ですか?」
と訊き返されてもめげません
(この、訊き返される、というのも私は嫌いで怖かった。日本語でも。)
「私は、ウーロン茶が飲みたいのだ!(@飛行機)」
という気合を込めて、ともかく「うーろんちー、うーろんちー」と繰り返します
 
書いててあほみたいだけど
もうこういうところから、私は弱っちかったので
 
(こういう「子供か!」ってレベルの恐れってでも日本では案外普通のことかも? そのくらい不思議な社会です。でも今はもうそういうことに恨みは持っていないのね。何らかの必要があるからそういう状況になっているのだと思うのです。)
 
というわけでともかく、今回の遠征では、ドイツはまあたいがい英語が通じる、ということもあり、道行く人にばんばん乗り物の乗りかただとかスーパーはあるかとか訊きました
 
で、一度も顔をしかめられなかった!
(繰り返すがあほみたいな喜びだが私としてはもうそれこそ15年以上の西洋人と接してきてのトラウマだったので爽快である。)
 
話それますが、ドイツにおける英語の話ですが、今回、いちおー、誰にもの訊くのでも(ホテルなど以外)、
「英語で話してもいいですか?」
といちいち訊きました
それもよかったのかも
「英語はちょっと……」
と言われたら、めっちゃくちゃにドイツ語の単語を並べたり、英語の文章にドイツ語の単語(と言っても「水」と「ガス(炭酸)なし」だけだがwwww)を入れるなど、ドイツに歩み寄る努力をした
 
まあともかく、それまでの、
どうしようどうしよう、訊くの怖い
から
私はこれが訊きたいのだ!
に意識をシフトしたことで、西洋人があんまり怖くなくなりました
 
これでも英語が専門の人です!
ハレルヤ! ハレルヤ!
(意味なし)
 
おやすみなさい
 
Now playing: Tiziano Ferro/Giugno '84
 
[PR]
by 6ssorelativo | 2011-12-03 22:13 | 2011ドイツ遠征

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo