タグ:DIR EN GREY ( 134 ) タグの人気記事

DIR EN GREY@Zepp名古屋 Day 2

二日目もあんまり調子よくなかったような?
薫さんが昨日に続いてたまに間違えていて、まあ。

そういや京くんの髪の色がダイさんとおそろいになってたな(赤)。
こういう、ツアー途中、しかもツーデイズの途中で髪の毛変るって、好きなんだよ、わし。

つか!
再構築"腐海"ですよ!
なぜか安らぎな曲に変ってたですよ!
まあわしは原曲聴きたかったけど……(ライヴで原曲聴いたことないので)。

けっこう毎日曲変えてきてるんだよね。そこが相変らず好感持てるよね。
そうそう! ファンが求めてるのはそういうことなんですよ!
っていう。

ところでゆうべはDIRさんのライヴで初めてもうひとつ満足できなかった日であった。
新作は、好きで数えきれないくらい聴いたけども、ライヴだとずっと聴くのはしんどいなあと。
今ひとつ自分のなかで盛り上がれないという。
"Behind a Vacant Image"とか、大好きなんすよ、てか、ちょっとうるさめの曲は自分のなかではむりむり盛り上がらなくてはいけないのかなあ、という感じがし、まあ周囲は盛り上がっていたのでこれはもう年齢の問題かと。
ライヴ行く年齢ではないのかも、体力的にね、わしは。
まあでもDIRさんとBUCK-TICKは行きますけども。

"Revelation of Mankind"とか、すげえ曲なんだけどな~。
しかしPVがすごいよね。
繊細なかたには絶対お勧めしない。
けども、確かに家族に関して、もう欺瞞だらけの旧式日本の価値観は捨てようぜ、ってのは賛成だな。
家族、というコンセプトでどれだけの人たちが心殺されてきたか知れない。

って感じなのがわしのもともとの文章だ。

"Revelation~"もそうだけど、鳥肌立った場面は昨日いくつかあったな。
でも何かがつまんなかった。
さっきも書いたがわしの体力の問題もあるだろうけど。

しかし"トウ声(漢字が出ん)"のときの京くんときたら。
あの曲はよほど思い入れのあることについて書いたのだろうなと。

アルバムについてついでに書くと、わしは"Dum Spiro Spero"や"Uroboros"みたいな、宇宙からもらった図面そのまま音にした、みたいなののほうが好きである。
特に"Dum Spiro Spero"みたいなほんとにワケのわからんのが、好き。
あれは芸術面で到達し切った感じがあった。
で、わしはDIR EN GREYにそういうものを求めてるんだが、バンドの方向は違うようだ、でも"Ardhe(根源)"。
バンドがこれがArcheだって言ってんだからしょうがないがね(名古屋弁)。

どうでもいいけど、「よくわからない」ってのは聴き手としては問題なんですかね?
"Dum Spiro Spero"は確かに「よくわからない」のだけども、その、わからないも丸ごとすげえ面白いと思っていて。
ある意味知的興奮が感じられるから好きなんかな?
いや新作も知的なんですが。
宇宙的ではないよね。

また孤独な解釈。
でもそこがまた一興。



[PR]
by 6ssorelativo | 2015-04-30 09:48 | 音楽

DIR EN GREY@Zepp名古屋 Day 1

昨日は何かみなさん調子悪かったようですな。
特に京くんが、高音がかすれていた。

いろいろな考えがあるとは思うんですが、人間なんで、調子は安定しないのは当り前で。
なんで、そのときの全力をいかに出すか、が誠意なのかな、と私は思います。

まあしかしあれですよね、最後"羅刹国"来たんでもうわしはすべてが満足ですw
あのリフ聴きにライヴ行ってんやで~。

そういや、わし薫さん側にいたんだが(スタンディング)、ずっとダイさん(薫さん側からだと遠い)の名を呼んでいる女性がいて、な、なぜあえて薫さん側で、、、と、何か楽しかったです。
人間ておちゃめね。と思ったのでした。
今日も何だかこの女性に会いたい気分だ。

今日のわしは二階席なんで、まあまったり観るっす。
新曲はまだまだどのギターをどっちが弾いてんだ、ってのを確認できてない部分もあるからな。
そのへんの同定ですよね、今日のメインは。

んで今日は"残"あたりがきてほしいよね。

[PR]
by 6ssorelativo | 2015-04-29 10:05 | 音楽
何か、最後のへんで、
流儀なんて関係ない、心通じる瞬間があったらそれでええんや(DIRさん関係だとメンバーのほとんどが関西人だけにえせ関西弁になる。)
とかいう言葉が浮んで。


京くんに続いて薫さんが花道来たときのことは忘れへんでー。
京くんから笑顔引き出しやがって、薫め。
(京くんはライヴ中はほとんど笑わん、最近、最後のほうになるとちょっと笑顔見せるようになった。)

まああと、"朔"のときとかね。
自分、あ、席がさ、花道近くだったの、だから、薫さん来る! ってときの自分のテンションの上がり具合からして、わしふつーに薫さん大好きやんwww

何かもう照れくさくて薫さんの顔見られん、ってのは前からあるけど、近く来たら見るもんやなw


"トウ声(漢字が出ん)"、ダイさんアツすぎだろ、京くん毎回感極まるし。
「聞える昨日の叫びが」
という歌詞、何となく、最後、聞えない昨日の叫び、と京くん言うんじゃないかと思ってたら、ほんと「聞えない」と言って、だって、歌から伝わるのは、「昨日の叫びが聞えない」というもどかしさだったから。

"Un Deux"って、絶対原曲ダイさんだと思ってたんだけど(何かきらきらしてるからw)、薫さん?
てか薫さんのアルペジオとかって何か幾何学的なんだよね、"Un Deux"はそうでもないフレーズを薫さんが弾いておって、あれ、これ薫さん? と。

しかし"懐春"のソロはやっぱダイさんだったね。
エモーショナルすぎですよ、もう最近CDで聞くときもこの部分くると悶えてるw

今日はダイさん祭りみたいにダイさんの名前出てくるなw
脳内ではいちおういつも薫さん祭りなんだがw

ところでシンヤさんのドラムさばきは美しすぎるね。
彼のドラミングもまた数学的と言うか。

トシヤさんのありかたは数学的じゃない。
ベースの音色でそう思うのかもだが。

京くんは、そうだな、ただ、在って、そのときやりたいことにすべて注いで、で、客から同じような在り方を引き出すという、そういう意味でわし彼をライヴで見るのは毎回セラピーみたいなとこがある。

てかいきなり"朔"はあかんやろw
本編ずっと新曲ばっかだったし(しかし後半に行くにつれて盛り上がってくの、さすがだな)、アンコールと思ったらいきなり"Red Soil"くるし、ちょっと慣れん流れだったところに、"朔"を。

ああ~。

って明日と明後日もDIRさんです。
名古屋。

あ、そう言えば金沢に行くとき、DIR EN GREYカッティングを貼った車があって、めっちゃテンション上がったな。
わしのにもつけておけばよかった。

どうでもいいがDIR EN GREYファンの友達はひとりもいません。
(友達は全然作ってない。)
世代がかなり違うというのもあるしね。
でも彼女ら、彼ら、的確に見ている感じがするよ、バンドを。

[PR]
by 6ssorelativo | 2015-04-27 10:43 | 音楽
「羅刹国」で完全に心ゆくまで頭振ったので満足だ
[PR]
by 6ssorelativo | 2014-12-26 22:00 | 音楽

とか言ってるうちに

ディルさんの新作キタアアア!!!
[PR]
by 6ssorelativo | 2014-12-10 19:04 | 音楽
薫さんのピックひろた(・∀・)(・∀・)(・∀・)

嬉しいいいい
[PR]
by 6ssorelativo | 2014-11-21 22:36 | 音楽

140618

こんなに重いもの抱えて自分、よくがんばった

もし余力があれば、同じような大変な人に何かできるようになりたい
[PR]
by 6ssorelativo | 2014-06-18 10:24 | 雑記
初日に書いた、「落し込む」って話だけど、二日めも観たら全然見当違いというのがわかった。

京くんは、何かがふっきれた?から、1月のファンクラブ会報にあんな素直なこと書いたんかなあ。

武道館二日め、「おまえらに訊きたいことがある」「おまえらにお願いがある」(もちろん京都弁だったがわしは正確に再現できないので発言の意だけ書いた)――京くんがああいうふうに口を開くのはすげえ変化だなと。

最後は、しっかりと演出はされていた、でも、新曲でアンコール終って、京くんが一番最後に袖に入る異例の事態、バックステージ歩く背中の映像、そして"the final"の映像流して、次の活動の告知、で、メンバー再登場。

最後に演ったのが"朔"ってのはそれ以上のメッセージはないだろうと。
一旦「最後」を告げて、で、また「新月」から始まる。

何か新年が明けたような気分になったのですがw

ケータイだから今日はこんなとこで。

あ、初日最後にスクリーンに出た言葉、
Your path goes on
And who knows what lies ahead

わしの道もいろいろあるだろうが、今はすげえ楽しみだよ。
[PR]
by 6ssorelativo | 2014-03-11 23:38 | 音楽

いよいよ明日より

さあ、明日、あさってだ。

…おやすみなさい(`・ω・)
[PR]
by 6ssorelativo | 2014-03-07 22:39 | 雑記
気付いたら、もう、ものすごく、寝る時間でした

先週あたりは、ディル・アン・グレイの武道館はもう諦めようかと思うくらいでしたが、彼らの初アルバムみたいなのを手に入れ、一曲めが去年再構築された霧と繭という曲で、再構築のすごさでアツくなり、シングルの輪郭なんかも聴いて、何があっても行くぞ、どうしてもホテル予約する気にならんのが問題だけど! と決意を新たにしていたのでごんすが、昨日、武道館初日はスタンド一階二列め薫さん側、というのが判明し、また改めて行くしかないぜ、どうしても、どうしても、ホテルとろうという気にならないのが問題だけど! という状態になっているのでございます

おやすみなさい(=ω=)
[PR]
by 6ssorelativo | 2014-02-26 23:49 | 音楽

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo