ちまちまやってる

今日、男子サッカー日本代表の新しい監督の会見があったけど、ボスニア語ってどんなんだろうとワクテカしてたら、フランス語だった。
どうでもいいんですが。

しかしあれだけ"r"を、きっとスラヴ語に特徴的なはっきりした"r"の音韻で発音すると、フランス語もスペイン語くらいに聞えるな。

なんちゃってでフランス語とかやってんですけど、やってるってか、個人的には単語集を作るのは役に立つほうなので、そういうのをちまちま最近作り始めたり、ってか、最近気づいたんだけど、語彙力さえ上げれば、フランス語、スウェーデン語、ドイツ語あたりはちょっとだけいけるんちゃうかと思って、単語集、ということにあいなったわけだけどね。
まあそのうち自分のなかのトレンドは去ってやらなくなるであろう。

けど、また半年だ一年経って、また○○語概観するか、となって、人によって、こういうやりかたは全然身にならない、という意見もたまに聞くが、わし個人としては、いわゆる「漆塗り学習法」のロングタイムスパン版で、わるくないやりかただと思っている。

何より、「勉強する!!!」みたいな気負いを持たずにいかに言語外観をするか、という方法を開発したい、とも思っているので、自分で実験してるんですな。

でわでわ。


[PR]
by 6ssorelativo | 2015-03-13 18:21 | 言語

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo