もうひとつ、決意したこと その1

ここに書くために、
夫とつきあっていたころを思い出すと、
わしめっちゃよく泣いてたな、と思いますw
 
何か、泣かずにいられない何かがあったんだろな、うん、
 
けっこう恥ずかしいんですけどw
 
 
さて、なので今日もよく泣いた話ですが。
 
 
結局さ、自分、弱かったんだよね。
弱いと言うか、すぐいじけると言うか、
すぐ引っ込み思案になると言うか。


あとは、ひとにどう思われたがもう気になってしょうがなくて、
食事会とかあっても、なかなか心の底からは楽しめない、という。

自分、こんなこと言っちゃったけど大丈夫かな、
あの人にはきっと嫌われてるだろうな、とかw
 
 
で、夫(当時の彼)と、
彼がお世話になっていた彼の親戚とうちの家族とで食事会に行ったとき。

彼がお世話になったという親戚は、
実は私の父の古くからの親友家族で、
だから彼ら、私のことを子供のころからご存じなんですが。

(でも私は紹介されるまで夫だけとは会ったことはないのね。
きっと前から会っていたら恋愛にならなかったかも知れない)


私は怒りといじけの強い子供だったので、
大人から見るとあまりかわいくなかったんじゃないかなあ、と。
(母にはそう言われていた)

それで、彼の親戚からあまり好かれていないんじゃないかなあとか。
いろいろと妄想がw
 
 
で、その食事会のとき、やっぱり失言してしまって、
ああ、さらに嫌われたかなあorz とか考えていましたw
 
 
そういうときの苦しさと言ったら。
あの苦しさ、ぜったい潜在意識に何か書き込まれてる系だね。
今はもうほとんど感じなくなったしね。


まあともかく、帰宅して、床に入るも、気になってしょうがない。


けど、このとき、私は決意することにしました。

大丈夫だって。


失言だって、そのくらい受け止めてくれる度量があるって、
彼の親戚を信じよう、って。
 

決意はすれど、同時にだーだー泣いて、
ほんとあのころはよく泣いたw
 
 
で、この決意に至ったきっかけというのが実はあって……。
 
というのはまた次回にw!


■■メルマガ、「望む未来へとダッシュ!」■■
(内容が今後下記のように変ります)
あらゆる可能性に開いたとき、あなたは初めてあなたとして生きられるのです。
望む未来への扉の前に、あなたをお連れするメルマガです。
(パソコン・gmailアドレスのみ対応しています)
購読希望のかたは、
http://www.reservestock.jp/subscribe/37215
にてお申込みくださいませ♪
  
■■セッションの予約フォームができました■■
あなたが変わるためのセッションのご予約は、下記のURLまで^^
(今まで通り私に直接ご連絡いただいてもご予約できます。
nqa13395あっとnifty.com
 
ご予約ご希望のかたは
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9238
にてお申込みくださいませ♪
 
予約の際の不明点がありましたら、
こちらのフォームからお問い合わせいただけます。 
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/10788
d0217745_07152674.jpg


[PR]
by 6ssorelativo | 2016-02-21 07:16 | わしの結婚編 | Comments(0)

以前はカウンセラやってましたが、今は派遣仕事をがんばりすぎて心身壊し、療養中です。昔の記事はそのまま残しつつ、普通の日記を書くかも?


by 6ssorelativo