2015年 06月 26日 ( 1 )

自分で自分をどういうふうに扱っているか、がとても重要です。

私はよく人間を、体、潜在意識、魂……などに分けます。

が、今回はそういう分けかたでなく、以前「抵抗」のところでお話ししたように、たとえば、表面上で怒りっぽいかたは、実は根底では怒ることに抵抗している、という、こっちの考えかたですね。
この分けかたを考えてみます。

さて、怒りたいあなたも、それに抵抗するあなたも、あなたです。
でもここでは抵抗が起きているのでふたりのあなたがけんかをしている。

で、以前、
「○○に抵抗している自分を愛し受け容れます」
というアファメーションをしましょうって……書いたか定かでなくなってきたw

ええと、ともかく、何かに対して自分がふたつに割れてたら、両方受け入れてあげることが大切になります。
(ときにはふたつどころかいくつにも割れているときがあります。なのでフラグメント(かけら)という言葉を使いました。)

で、この、ひとつのことに対して、あるいはひとつの感情に対して、いくつかに割れている、という現象が、人間のなかにはいくつもいくつも起きています。

つまり、フラグメントがいっぱいあるの。

で、人間は知らないうちに、それらのフラグメントに対して、きつくあたっていることもあります。
とあるフラグメントは無視していて、別のフラグメントにはけんか売っててw、また別のフラグメントはばしばし攻撃していたり、またまた別のフラグメントには怒っていたり……。

なので、理想は、そのフラグメントひとつひとつを拾ってあげて、今まで無視しててごめんね、怒っててごめんね、認めてあげられなくてごめんね、と対話をしてあげることです。

対話は、こじれるときもあります。
そのときはじっくりやってあげてください。
時には、
「ごめん、今はちょっと現状維持でいい?」
みたいな結論になるときもあるかも知れません。
こういう結論になっても、恐れず認めてあげてください。


いつも記事が長くなるので今日はここまでにしますね。

読んでくださってありがとう~。

ご感想、ご質問、セッションのお問合せはコメント欄かkreutzer_aあっとnifty.comまで(^-^)

[PR]
by 6ssorelativo | 2015-06-26 08:16 | ACR(アクセス・コード・リーディング) | Comments(0)

昔の記事はそのまま残しつつ、また生きる上でのつらさを軽くするヒントをお伝えできれば嬉しいです


by 6ssorelativo