<   2015年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ある歌

床を転がって泣いて
何とか物語を作った
君は行け
俺が君の平凡を生きるから
という内容だった
平凡はでもここにもある
当り前すぎて
平凡の定義も忘れていた
「生きる意味」とか聞いて
意味なんかないと答えて
意味のないところで
答えも意味をなさないところで
でも記憶は胸に差し入って
歌に過去を見出す
あのとき二手に行った「君と俺」
「俺」が生きていることを
とある歌を聞いて知る

私の「青春」は、「俺」だったのだ
長い長い「青春」だった
私は輝けなくて
けどほんとは「俺」も輝いてたわけじゃなかった
ってかそんなことどうでもよかったんだ、今わかったけどね
俺になって僕になって私になってさまよって
今いるのはドーナツの輪のなか

よくぞあの外郭をくぐり抜けたものだ
もう全然思い出せないけど
歌を聞けば気付く
あのころみんなほんとはかっこよくて
燃焼しきっていて
あれは「俺」ではなく私の青春だった
濃密すぎる年月のあと
海はこんなにも凪ぎ
あの歌を聞かなければ
過去なんか思い出さない

けどあれは私の青春だったから
臆面もなくこんな言葉使うが青春だったから

歌を聞くときだけあのころに戻ろう
音楽と物語が
私の命の代りをしていたころに

「BUMP OF CHICKENの"リリィ"を聴くと毎回毎回泣くことについての散文」
[PR]
by 6ssorelativo | 2015-03-11 11:38 | 散文
今朝気づいたけど、苦しみを癒す、のも大きなテーマですが、自分は、夢を叶える、というジャンルもけっこう実現してきたことに気づきました。
夢を叶えるお手伝いも、やりたいことに含めよう。

まあしかし、苦しみを癒し、心を整理すれば、おのずと夢は実現しますが。

私はこれまで、かなり、「へえ」と言われるかな、という夢を叶えてきています。
(とは言え、すべて叶えられるよう手助けしてくれた人々のおかげです。)
たとえばだけど、すごおおく好きなバンドで、仕事などでかかわったことないのは、BUCK-TICKとNINE INCH NAILSとDIR EN GREYとALICE IN CHAINSくらいかな、という感じだったりします。
(けっこうあるやないかい。ってのはまあ置いておいて。)

私のように、心のなかごっちゃごちゃでも、何か知らんが夢は叶う。
ということも、起きます。
このへんは個人のエネルギーの強さと集中力によるところだと思いますが、
「これが叶わないと自分は価値がない」
という質の夢でなく、
「ともかくこれを実現したい!!!!!!」
と、夢自体に没頭する、自分自身を投入するような感じに入ると、結局はその夢は叶わないではいられません。

どれだけその夢に本気ですか、というのもかかわってくるかも知れません。

夢、願いが叶わないときって、自分でも気づいていない迷いとか、どっかで自分をごまかしてるだけと知ってたり、まあ、いろいろあります。

別に今の自分がどういう状態だってほんとは大丈夫なんですよ、ほんとは、今のままの自分で、夢は実現することができます。


あとはまあ、こういうのもあるよ、って話ですけど、ちょっと恋愛、結婚の話。

私が夫と出会ったのは、ACRのクラスが始まってからでした。
そして、(前に書いたかな)、ACRの最後のクラスから帰宅した日、プロポーズされました。

こういうこともあります。


ところで、これらを読んで、いったい自分の何がだめなんだ、という方向に考えてはだめでござるよ。
今の自分には何ができるかな~、なんです、常に、正しい問いは。

なかなか難しいし、ほんとは、「いったい自分の何がだめなんだ」と考えてもいいんだけどねw

しかしそれだとご自分自身が
「もうやだ!!!!」
となかばキレるという辛い通過点が待っているので、まあ、できれば、頭だけでも、
今の自分には何ができるかな~
と考えていたほうが、ラクになるのも、夢を叶えるのも、近道にはなります。

Now playing "The Devil Put Dinosaurs Here" by ALICE IN CHAINS
[PR]
by 6ssorelativo | 2015-03-10 14:26 | ACR(アクセス・コード・リーディング)
昨日知ったこと、気づいたこと、発見したこと

・主治医によると:
人間の睡眠時間は、MAXで7時間までが適当。それ以上だと、眠りの質が悪くなるので、短期集中?で、濃密な睡眠時間をとったほうがよい。


セブンイレブンのチョコロールケーキは、スポンジ部分のほうがおいしい(個人の意見ですw)


人間誰もが陥っている視野狭窄について、最初の段階ってのは、その幻想に寄り添うことが肝要である。
その人にとっては事実であるので、最初は寄り添わないと、相手は自分を否定されたと感じる。
その人が次のステージに行ったときは、それは全部幻想だよ、とお伝えすることも可。まあ、全部、とは言わなくていいけど。


ずっと気になってる、でもやりたくない、ってことは、ほんのとっかかりでも、やっちゃったほうが、やっぱりラク。
気になる、でもやりたくない、ってのを熟成させてると、すごおおくエネルギーを使うが、まあ、熟成させるだけさせて、「もういやだ!」となって行動に移る、ってのもアリであろう。


レッドテトラ(1センチ~2センチくらいのちっちゃいさかな氏)はどうやらごはんは一日一回でいいみたい。
あるいはえび氏の固形エサが溶けたときに食べているのか? (鯛氏(鯛みたいな体型のレッドテトラにこう名付けてる)は絶対食べている)

Now playing "Hai delle Isole negli Occhi" by Tiziano Ferro
[PR]
by 6ssorelativo | 2015-03-10 09:45 | 雑記
ACRセッションの提供方法について、アップデイトします。

■1.対面セッション■
1時間~2時間。
現時点では割引料金設定で、先着3名、3000円。
次の3名、5000円。
次の3名、7000円。
それ以降のかたは通常料金の9000円。
(通常料金は今後改定する可能性あり。)
(割引料金中は、セッション場所がカラオケボックスになった場合、部屋代を1000円までご負担いただきます。通常料金になったら、部屋代はこちらでお支払します。)

筋肉の反射を使って、潜在意識にあるストレスを読み取っていきます。
ストレスや問題への働きかけは、年齢遡行して、ボディワーク、(場面の)書き換え、などで行います。

現時点、対面セッションは女性のみ受け付けています。
下記は、男女関係なくご利用いただけます。

■2.Skypeセッション、電話セッション■
1時間~2時間。
現時点では割引料金設定で、先着3名、3000円。
次の3名、5000円。
次の3名、7000円。
それ以降のかたは通常料金の8000円。
(通常料金は今後改定する可能性あり。)

ヘッドセットを導入しましたので、音の反響のストレスなく受けていただくことが可能になりました。
(ただし通話の音質はやはり普通の電話のほうが優れています。)

電話の場合は、番号を教えていただき、こちらからおかけします。
(通常の電話でも通信料がかからないプランを導入しています。)

年齢遡行で、今抱えている問題の解消が一番しやすい年齢を特定し、ストレスなどの解放をしていきます。
ホームワークとして、ボディワークをやっていただくこともあるかも。

■3.メールカウンセリング■
次回告知があるまで、モニターとして受けていただくことができます。
モニター期間中は無料です。

今抱えてらっしゃる悩みや問題についてメールで送っていただき、(こちらから質問がある場合はその質問に答えていただいたあと)、ご自分でできることを提示いたします。

■4.ブログ上無料相談■
コメント欄に、お悩み、ご質問をお書きください。
(非公開でなく公開コメントでお願いします。)

非公開で書きたい、というかたは、上記メールカウンセリングのモニター枠をご利用ください。

という感じに改定になりました、よろしくお願いします。

セッション、カウンセリングのお申込みは、
kreutzer_aあっとnifty.com
まで。
[PR]
by 6ssorelativo | 2015-03-09 16:06 | ACR(アクセス・コード・リーディング)
人間て、ほんとは自分の本来の姿がわかってるのに、それを封じ込めて自分に合わない方法で戦い続けて、だいたい30代中盤以降や40代で
何か違わね?
と、本来の自分を取り戻す作業を始めます。

しかし、いったい何故、自分本来のありかたを封じ込めてしまうのでしょう?

理由のひとつに、本来のありかたは自分にとってとってもだいじなので、表現して、批判されたらとても傷つく、と、傷つくことをたいへん避けている、というのがあります。

これがあるので、表面では自己否定の強い人ほど、ほんと~は自分が大好きだったりします。

大好きだから、過剰に守ってしまう。

でもその守りかたが、自分本来のやりかたじゃないものを採用してるせいで、何だかいつも苦しい。

いろ~んな矛盾を抱えている人間という生き物ですが、カギは、その矛盾まるごと、ま、いいや、と流してみることです。
あるいは、あ~、自分てめっちゃ矛盾してるんだな、と、そういう自分を受け止めてみる。

最初はできませんが。
練習してみませう。

なるべく一人ででも取り組める苦しみ解消手段を、これからも書いてみるつもりです。

[PR]
by 6ssorelativo | 2015-03-08 22:36 | ACR(アクセス・コード・リーディング)

流れを信頼する

セッションでよく、
「この状況は、どういうふうに変えたらあなたは安心しますか?」
という質問をしますが(ただ最近は訊き方を変えています)、私は受ける側として困ったことは、「安心している」という感覚がまったくわからなかったことです。

でもこれは当然のことで、私は「安心という感覚を感じたことがないので」いつも不安だったのです。
何かふざけてるような文章ですがw

が、セッションで年齢を下がっていくと、たまに、
「それまでは安心してたんだけどあるとき不安に引っ張られるようになった」
という境目が出てくることがあります。

重要なのは、境目がいつだったか知ることでなく、かつては安心を知っていた、ということです。

でも、今は安心できないんですよね。

人は、一度感じたけれども失った感覚は、パズルのピースを(その人の運命や潜在意識が決めた)順番の通り埋めていったあと、また感じることができます。

セッションで何をやっているかと言うと、もちろん、「こうすると安心する」とか「こうしたら心地よい」とかいう事柄を探ることも重要なんですが
(こういった事柄は今の自分に生かすことができるので。たとえば、胎児に戻ったときに、寒いから心地悪い、というのが出れば、自分は寒さに強くないのかも? と、今の生活に活かすことができる)、
「安心」「心地よさ」という感覚をセッションで一度は感じた、ということが一番の主眼になります。

一度感じた感覚は、日常生活に戻って感じられなくなったとしても、さっき書いたようにその時が来れば、あるいは、何かのきっかけで、また取り戻すことができます。

セッションでは、自分がほんとは感じたかった感覚、を感じる訓練をしているとも言えます。

さて、安心が不安にとってかわった、という境目がない人は、どうしたらいいんでしょう?

安心感というのはつまり、
「流れを信頼する」
ということであります。

だから、えいっ、と、流れ、つまり、起る出来事、感情、すべてを、判断せず、「へえ~」と言って過してみよう、とすると、まあ、それが、流れを信頼している状態、何があってもまあいいもんね~、と何だかいろいろと楽しんでいる状態、で、これが、「安心している」という状態であります。

頭を失くせ、というのは、Oshoも言っている。
(いつか、かと言って頭は悪者ではないですよ、というのも書きますが)「判断」が、自分自身を苦しめます。
「判断」をする頭をなるべくなくすと、出来事はただ起っていて、実はそこに意味はなくて(ここはほんとは慎重に書かないといけないところですが今は「意味はない」と書いておきます)、自分の日常も人生も、陽が昇って沈む、という自然の摂理と何ら変らないことが、わかるときが、いつか、、、

Now playing "我、闇とて…" by DIR EN GREY
[PR]
by 6ssorelativo | 2015-03-07 16:32 | ACR(アクセス・コード・リーディング)

日々、潜在意識に操られるのもしんどいですよね。操られないポイントは、潜在意識と対立しないこと。そして潜在意識に負担をかけないこと。そのへんのお話から、前に進むヒントをお伝えします。(Access Code Reading(略称ACR)はキャシー天野さん開発のセラピー法です)


by 6ssorelativo